V・ファーレン長崎 2016 J2第21節徳島ヴォルティス戦の採点

2016年7月3日(日曜日)に行われた、徳島ヴォルティス戦の採点です。
これで前半戦最後の試合ですね。(長崎は1試合少ないですが…)
結果は、0-0の引き分け。
大久保の負傷は、痛々しくて心配でしたね…

折り返し地点でこの順位にいるのは、降格の危機もあるため若干不安もありますが、チームは徐々に上向いてきているのではないでしょうか。

試合結果

スコア
徳島VS長崎
00
0前半0
0後半0
スタッツ
チームシュートFKCKPK
徳島71840
長崎81820
試合環境
スタジアム入場者数天候気温湿度主審副審副審
鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム3,243人27.5度84%扇谷 健司竹田 明弘勝又 弘樹

第21節徳島ヴォルティス戦の選手採点

スタメン
PosNo.選手名備考採点
GK1大久保 択生Out前半21分6.0
DF3趙 民宇Yellow後半23分6.0
DF4髙杉 亮太6.0
DF27村上 佑介6.0
MF6前田 悠佑Out後半29分6.0
MF16田中 裕人6.0
MF13パク ヒョンジン5.5
MF15岸田 翔平5.5
MF23梶川 諒太5.5
MF18佐藤 洸一6.0
FW8木村 裕Out後半36分6.0
サブメンバー
PosNo.選手名備考採点
GK31三浦 雄也In前半21分6.0
DF2坂井 達弥
DF5田上 大地
MF7李 栄直In後半29分
Yellow後半47分
5.5
MF20中村 慶太In後半36分
MF24小野寺 達也
MF25北川 滉平

試合をみての感想

結果は0-0の引き分けでしたが、内容を見てると長崎らしくなってきているのではないでしょうか。
前の試合につづいて無失点と、守備も体を張ったプレーでゴールマウスを割らせませんし、以前よりは佐藤なども前からプレスにいくようになってます。

無失点の代わりに、得点もゼロというあたりも、長崎らしさが出てきているのではないでしょうか(笑)

この試合は永井が累積警告で出場停止だったわけですが、代わりに入った木村がよくやっていたと思います。
ゴールを決めてたら万々歳だったのですが、シュートを撃ちにいく姿勢はよかったです。
後半、影が薄くなってたのが残念ですけど…

後半戦に向けて

この調子で去年の長崎らしい堅守を取り戻せれば、今年は点を取ってくれる永井がいるので、後半戦はやってくれるでしょう。
前半戦に3つの負け越してるので、後半戦3つ勝ち越して五分に戻せれば、まず降格することはないはず。

今年のJ2も混戦なので、連勝さえすれば一気にジャンプアップすることも可能ですから、波に乗ることが大事ですね。

https://youtu.be/UAKBXkEp-wk


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です