全俺が泣いた、今季ホーム初勝利。V・ファーレン2016 J2第22節FC岐阜戦の採点

ついに今シーズンホーム初白星。
思わず感動して、泣きそうになってしまいました。
何なの、この感覚?この感情のゆさぶりは…?

これまでのホーム戦とは全く違う雰囲気

ホーム初勝利なのはうれしいけど、試合の展開を冷静に振り返ってみると、そんなにV・ファーレンが圧倒していたわけではない。
テレビで見てるだけだったら、「初勝利か、よかったね」レベルで終わっていただろう。
でも、こんな感覚になったのはなぜ?
これはきっとスタジアムに足を運んだ人じゃないとわからないはず。

選手の勝利への強い思い…
9,000人以上入ったスタジアムの盛り上がり…
サポーターの熱のこもった応援…

これら全てが入り混じって、スタジアムにはこれまでのホーム戦にはない雰囲気が漂っていました。

感情をゆさぶられた試合

間違いなく今季ホームイチバンの試合!というか、これがホーム初勝利なので当然ですけど…
今年のホーム戦は全て観戦してきましたが、これまでと雰囲気が全く違っていて、驚きを隠せません。

私が今まで見ていたホーム戦はいったい何だったのでしょう。
例えるなら、これまでのホーム戦はパブリックビューイングで試合を観戦しているような感じで、
今日見た試合こそが、ホームでの観戦だったのではないだろうか。

書いていてよくわからなくなってきましたが、これがスタジアム観戦の醍醐味なのだということを味わうことができました。

9,048人の大声援

てか、なんでこんなに人数が入った!?
最近になって盛り返してきましたが、今年は不調でチームは下位に沈み、未だホームでは未勝利。しかも、相手はFC岐阜。(失礼かもしれませんが、ごめんなさい…)
どう考えても、今季最多の観客動員を記録するとは思えないんですけど…

今日が三菱電機デーだったから?チケットでもばらまいたから?
まぁ、そんなことはどうでもいいのですが、これだけ人が入ってスタジアムが盛り上がると選手も気合入るでしょうね。

今日は雨模様で、気温もそんなに高くならず暑くはなかったので、選手もよく動けていたと思います。
コーイチとか、いつも以上に走り回っていたような気がします。

試合結果

スコア
長崎VS岐阜
21
1前半1
1後半0
スタッツ
チームシュートFKCKPK
長崎82020
岐阜91550
試合環境
スタジアム入場者数天候気温湿度主審副審副審
県総陸上競技場9,048人26.4度96%池内 明彦村田 裕介熊谷 幸剛

第22節FC岐阜戦の選手採点

スタメン
PosNo.選手名備考採点
GK1大久保 択生5.5
DF2坂井 達弥5.5
DF3趙 民宇6.0
DF4髙杉 亮太6.5
MF6前田 悠佑6.0
MF16田中 裕人6.5
MF13パク ヒョンジン Out後半17分5.5
MF15岸田 翔平6.5
MF23梶川 諒太 Out前半43分6.0
FW18佐藤 洸一6.0
FW9永井 龍 Goal前半33分
Goal後半7分
7.0
サブメンバー
PosNo.選手名備考採点
GK31三浦 雄也
DF27村上 佑介 In後半17分6.5
MF7李 栄直
MF8木村 裕 In前半36分
Out後半43分
5.5
MF20中村 慶太
MF24小野寺 達也
MF25北川 滉平 In後半43分

試合をみての感想

相手は前半戦のアウェーでも快勝した岐阜ということで、相性が良いのか試合開始後からV・ファーレンが好調で押せ押せの展開。
しかし、新加入の坂井くんがまさかのミスで先制点を献上してしまう…

ミスするまでは、左足での素晴らしいサイドチェンジをみせるなど、坂井くんやっぱり素質あるな~と思ってたのですが、ポカしてしまい失点。
これをみると、これまで他のクラブで使われなかった理由に納得してしまうかも…
しかし、精度の高いキックなどを見ると、良い選手であることは間違いないとは思いますが、このようなポカを繰り返すなら出番はなくなるでしょう。

永井きゅん、君ってやっぱりすごいねぇ~。
5月の月間ゴール賞に選ばれ、今日も2得点で得点ランクトップタイに並び、
このまま昇りつめてレジェンド級になりそうな勢いのある永井 龍。

いまや長崎の得点は、全部永井がとっているようなイメージさえあります。

いや~、ありがとう。この言葉に尽きます。
ほんと長崎に来てくれてありがとう。

これまで、応援はちゃんと選手に届いてるのだろうかと思ってましたが、この試合ではやっぱり応援って選手の力になるんだ、ということを感じました。
この試合だけでなく、これからも多くの人にスタジアムで観戦してほしいですね。
もっと盛り上がれば、選手ももっと強くなれるはず。この試合は、またスタジアムに行きたいと思わせてくれる試合でした。