ボリュームたっぷりの一冊 いちばんよくわかるWebデザインの基本きちんと入門

「いちばんよくわかるWebデザインの基本きちんと入門」という本を読みました。

この本は、発売前にAmazonで見かけてから気になっていて、発売後にすぐ買って読んだのですが、感想を書かずじまいでした。

本屋で手に取ったときに、予想以上の本の厚さというかぎっしり感があって驚いたのですが、中身もボリュームたっぷりの内容で面白かったです。

Webデザインの情報がぎっしり

本の表紙にも書いてある通り、レイアウトや配色、タイポグラフィからHTML・CSS・JavaScriptについてや、ちょっとした役に立つテクニックなど、一冊にたくさんの情報をつめこんである、てんこもりの内容になっています。

フレックスボックスを利用したレイアウトも載っていますが、最近のWebデザイン関連本はどこも紹介するようになってきましたね。

ただ、いろんな情報をつめこんだせいで、さわり程度にしか書かれていないものもあるので、深く知るには自分で調べたり、学んだりする必要があるかもしれません。

そもそもWebデザインって何?

私はWeb制作が面白くて独学で勉強しているのですが、そもそもWebデザインってどういう意味というか、何を指すものなのでしょうか。

私はどちらかというと、この本の前半部分に載っているようなレイアウトや配色などのデザイン寄りをイメージしていたのですが、この本ではWebサイトの運用やマーケティングのことまで書かれています。

Webのデザインのことだけに特化した本って、なかなか見かけないので読んでみたいなぁと思うんですけどね…

でも、この本に書かれている運用やマーケティングについても苦手としているので勉強になります。