ブログ

V・ファーレン長崎 2017年J2第33節大分トリニータ戦の感想・採点

2017年9月16日(土曜日)に行われた、J2リーグ第33節大分トリニータ戦の感想と選手採点です。

序盤から調子があまり良くなく、しかも先制されてしまったため、正直負けも覚悟していたのですが、ファンマの2ゴールで見事な逆転勝利を収めました。
これで今季初の4連勝となり、暫定ではありますが、順位も2位になりました。改めて、現在のチームの状態の良さを示すこととなりました。

この逆転勝ちは、チームにも自信ついたでしょうねぇ。
J1昇格という明確なメッセージを打ち出したことで、選手もファン、サポーターも気持ちが一体となっているところが、好調の要因かもしれませんね。

試合結果

スコア
大分 vs 長崎
1 2
1 前半 0
0 後半 2
スタッツ
チーム シュート FK CK PK
大分 11 17 5 1
長崎 14 11 4 0
試合環境
スタジアム 入場者数 天候 気温 湿度 主審 副審 副審
大分銀行ドーム 6,265人 屋内 21.7度 89% 高山 啓義 岩田 浩義 大塚 晴弘

選手採点

スタメン
Pos No. 選手名 備考 採点
GK 1 増田 卓也 6.0
DF 5 田上 大地 6.0
DF 4 高杉 亮太 Yellow前半2分 5.5
DF 13 乾 大知 6.5
MF 10 養父 雄仁 Out前半44分 5.5
MF 15 島田 譲 6.0
MF 29 福田 健介 Out後半37分 5.5
MF 28 翁長 聖 6.0
MF 7 幸野 志有人 Out後半21分 5.0
MF 19 澤田 崇 6.5
FW 9 ファンマ Goal後半3分
Goal後半41分
6.5
サブメンバー
Pos No. 選手名 備考 採点
GK 31 三浦 雄也
DF 2 田代 真一
MF 6 前田 悠佑 In前半44分
Yellow後半32分
5.5
MF 18 吉岡 雅和
MF 20 中村 慶太 In後半37分
MF 26 碓井 鉄平
FW 37 平松 宗 In後半21分 5.5

フォーメーション

  • 9
  • 7
  • 19
  • 28
  • 15
  • 10
  • 29
  • 5
  • 4
  • 13
  • 1

対戦クラブのゴールシーンハイライトが大型ビジョンに放映されるように

2017年9月10日に行われたJ2第32節徳島戦より、対戦相手がゴールを決めた際に、大型ビジョンでハイライトが流れるようになりました。

今回のリスペクト宣言を受けて、V・ファーレン長崎では、今節より対戦クラブがゴールをした際に、大型ビジョンでハイライトを放映いたします。
これは、対戦クラブをリスペクトして戦うV・ファーレン長崎の思いを表したものです。
皆様のご理解をお願い致します。
V・ファーレン長崎 徳島戦の大型ビジョンで流れた映像より

実際、コーナーキックから失点した際には、ゴールシーンのハイライトが流れていました。

これが対戦クラブをリスペクトしてのものというと、ちょっと変な感じがしてムズムズとしますが、私にとってはありがたいことですね。

V・ファーレンシートで観戦していた私からだと、アウェイ側でのゴールシーンをちゃんと把握するのは遠くてちょっとわかりづらいですし、あのときはコーナーキックからの失点で一瞬の出来事で、見逃している方もいたかもしれないので、これはアリなんじゃないでしょうか。

というか、今まで対戦クラブのゴールシーンが流れなかったのが、私は不思議でした。
どうやって失点したのか、その場で確認したくないですか。
なかには不快を覚える方もいるかもしれないので、難しいことだったのでしょうかね……

V・ファーレン長崎 2017年J2第32節徳島ヴォルティス戦の感想・採点

2017年9月10日(日曜日)に行われた、J2リーグ第32節徳島ヴォルティス戦の感想と選手採点です。

前日の試合にて、J1昇格を争うライバルクラブが負けていたため、この試合に勝利すると自動昇格圏の2位との勝ち点差1につけるということで、非常に大事なゲームとなったこの試合。
対戦相手もプレーオフ圏内に位置する徳島ヴォルティスであったため、厳しいゲームになると予想されましたが、結果は2-1でホームでの絶対的な強さを誇る長崎が、勝利を飾りました。

徳島は、ワイドいっぱいの攻撃と裏への飛び出しを使って、長崎のウィークポイントを突いてくる厭らしいプレー。
終盤はずっとヒヤヒヤの連続で、心臓が縮みかけましたが、何とか逃げ切ったという感じですかね。
あともう少し時間が長かったら、どうなっていたかわからなかった……

前節でもそうでしたが、勝ちきるための持っていき方というものをしっかりしないといけませんね。
島田がアウトしてから、チームの状態が悪くなったように感じます。
島田は外せない選手だと思うので、90分プレーできない理由とかあるんでしょうかねぇ。

この試合のMVPはやっぱり幸野。テクニックある巧みな技でで魅了し、金髪同様にプレーも光り輝いていました。

また、この試合でLED看板がお披露目となりましたが、もっと大型ビジョンの映像と連動するようになると面白くなりそうですね。

試合結果

スコア
長崎 vs 徳島
2 1
0 前半 0
2 後半 1
スタッツ
チーム シュート FK CK PK
長崎 11 21 5 1
徳島 11 22 3 0
試合環境
スタジアム 入場者数 天候 気温 湿度 主審 副審 副審
トラスタ 4,744人 25.8度 88% 松尾 一 越智 新次 川崎 秋仁

選手採点

スタメン
Pos No. 選手名 備考 採点
GK 1 増田 卓也 6.5
DF 5 田上 大地 6.5
DF 4 高杉 亮太 6.0
DF 13 乾 大知 6.5
MF 6 前田 悠佑 6.0
MF 15 島田 譲 Out後半32分 6.0
MF 3 飯尾 竜太朗 6.0
MF 28 翁長 聖 Goal後半15分 6.5
MF 7 幸野 志有人 Goal後半11分
Out後半34分
7.0
MF 19 澤田 崇 6.5
FW 37 平松 宗 Out後半42分 6.0
サブメンバー
Pos No. 選手名 備考 採点
GK 31 三浦 雄也
DF 2 田代 真一 In後半32分
MF 10 養父 雄仁
MF 18 吉岡 雅和
MF 20 中村 慶太 In後半34分
MF 26 碓井 鉄平
FW 9 ファンマ In後半42分

フォーメーション

  • 37
  • 18
  • 19
  • 28
  • 15
  • 10
  • 3
  • 5
  • 4
  • 13
  • 1

サッカー日本代表ワールドカップ最終予選第10戦サウジアラビア戦の選手採点

2017年9月6日に行われた、ワールドカップ最終予選日本対サウジアラビア戦の選手採点です。

サウジアラビアのホームで行われたこの試合。すでに日本はワールドカップ出場を決めていましたが、1-0で敗れました。
実力的には日本が上かと思いましたが、勝ちたいという気持ちの差や環境といったものが結果となり、あらわれたでしょうか。

やはりこういう試合で大事なのは、わずかのチャンスでも一撃で決めきることだと思いますので、それを実行することができたサウジがすごかったということでしょう。
日本もいくつかのチャンスシーンはつくりましたけど、シュートは大きく枠の外にはずしたり、キーパーに止められていましたから。

試合結果

スコア
サウジアラビア vs 日本
1 0
0 前半 0
1 後半 0
スタッツ
チーム シュート FK CK PK
サウジアラビア 9 15 1 0
日本 13 18 6 0
試合環境
スタジアム 入場者数 天候 気温 湿度 主審 副審 副審
キングアブドゥラー スポーツシティスタジアム 62,165人 晴れ 32.2度 70% バレンティン コバレンコ マムル サイドカシモフ フスニディン ショドゥモノフ

選手採点

スターティングメンバー
Pos No. 選手名 備考 採点
GK 1 川島 永嗣 6.0
DF 5 長友 佑都 6.0
DF 3 昌子 源 6.0
DF 22 吉田 麻也 Yellow前半20分 5.5
DF 19 酒井 宏樹 6.0
MF 2 井手口 陽介 6.0
MF 16 山口 蛍 6.0
MF 7 柴崎 岳 Out後半35分 6.0
FW 4 本田 圭佑 Out後半0分 5.5
FW 8 原口 元気 6.5
FW 9 岡崎 慎司 Out後半22分 5.5
途中交代
Pos No. 選手名 交代 採点
FW 18 浅野 拓磨 In後半0分 6.0
FW 15 杉本 健勇 In後半22分 5.5
FW 11 久保 裕也 In後半35分

フォーメーション

  • 9
  • 8
  • 2
  • 7
  • 4
  • 16
  • 5
  • 3
  • 22
  • 19
  • 1