GitHub Pagesでポートフォリオサイトをつくってみました

Gitの勉強をしたいと思い、「わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門」を読んでみたところ、GitHub Pagesを使うことでwebページを公開することを知ったので、ポートフォリオ的なサイトをつくってみました。

ほぼHTMLとCSSのみの静的なページでぺらっぺらな内容ですが、とりあえずという感じで……
製作期間は約2日。わざわざ利用する必要はなかったのですが、particles.jsを使ってみたかったので、試しがてら設置してみました。



わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門」は漫画形式になっていて、絵のタッチなどから敬遠してしまう方もいるかもしれないですが、中身は非常に分かりやすくて読みやすく、とっても良い本でした。

この本のおかげで、クローン、コミット、プッシュ、プルについては何となく分かりました。
でも、この本に載っていない範囲はさっぱりなので、もうちょっと理解しておいたほうが良いのでしょうかね。

これまでのつくりかたの流れをがらりと変えてしまうので、若干の抵抗も感じますが、便利なのは了解済みなので、うまくGitやGitHubと付き合っていきたいと思っております。