INFOBAR xv 専用ケース (NASUKON) & クロスが届きました!

INFOBAR xv のピンズ & 原寸大ポストカードにつづいて、Makuakeのクラウドファンディングで支援していた「INFOBAR xv 専用ケース(NASUKON)+クロス」のケースとクリーニングクロスが届きました!

INFOBAR xv 専用ケース

私が選んだのはNASUKONのカラーで、専用ケースもINFOBAR xv と同じようなデザインになっています。

INFOBAR xv やメガネを収納できるということだったのですが、私は小物入れの用途として利用しようと考えていました。

しかし、実際に届いて確認してみると意外と薄くて入れられる容量が小さい!

いよいよお役御免となりそうな私の愛用している INFOBAR 2を試しに入れてみましたが、ほぼピッタリです。

INFOBAR xv 専用ケースに未だ愛用している INFOBAR 2 をIN

きっとINFOBAR xv と同じ縦の長さだから実現できてるのでしょう。

ケース自体はしっかりとしているので、INFOBAR xv をカバンに入れて利用する方にはおすすめかもしれません。

また、ジーンズのポケットなどに入れて使おうとしても(ポケットに入れて使っていたINFOBAR 2 は、たまにロックが勝手に外れて誤動作していたw)、フタがかためにできているのですぐに開いて取り出すといった行為には向いてないと思います。

フタの裏面に INFOBAR xv の刻印
見えづらいですが、底には au Design project と書かれてあります

INFOBAR xv を収納できるクリーニングクロス

ケースといっしょに付いてきた INFOBAR xv を収納できるクリーニングクロス。

こちらも試しに INFOBAR 2 を入れてみましたが、けっこうキツキツでしたがなんとか入れられることができました。
INFOBAR xv だともっと出し入れがスムーズにできるのかもしれません。

INFOBAR xv 専用ケースとクローニングクロスはどちらも素敵なデザインで良かったのですが、唯一の難点としてはホコリやゴミが付きやすそうな素材になっていることでしょうか。

INFOBAR xv 発売ももうすぐ

INFOBAR xv もいよいよ発売が近づいてきましたが、いまだにデジタルデトックス仕様として帰ってきたガラホの INFOBAR を使いこなせるのかというのが引っかかっています。

正直スマートフォン1台あれば十分ですし、スマートフォンの便利さもすでに体に染み付いてます。それに続々と魅力的な機種も出てきています。
そんななか、あえてこの INFOBAR xv を選択しようとしているのは、よっぽどの INFOBAR 好きってことでしょうね。
また INFOBAR にはそれほどの魅力があるというのも事実かもしれません。