2016年J1リーグ1stステージ順位予想結果とベストイレブン

2016年J1ファーストステージは、見事鹿島が優勝しましたね。
来週にはすぐにセカンドステージがはじまりますが、開幕前に予想したファーストステージ順位予想と結果を見て、見比べてみます。

2016年ファーストステージ順位結果

順位 チーム名 勝点 勝-敗-分 得失点差 予想順位
1 鹿島アントラーズ 39 12-3-2 19 2
2 川崎フロンターレ 38 11-5-1 18 7
3 浦和レッズ 33 10-3-4 10 1
4 サンフレッチェ広島 29 8-5-4 14 3
5 大宮アルディージャ 26 7-5-5 -1 9
6 ガンバ大阪 24 7-3-7 2 4
7 柏レイソル 24 6-6-5 -1 15
8 ジュビロ磐田 23 6-5-6 -2 6
9 FC東京 23 6-5-6 -2 11
10 ベガルタ仙台 23 7-2-8 -5 14
11 横浜F・マリノス 22 6-4-7 2 8
12 ヴィッセル神戸 20 5-5-7 -2 10
13 アルビレックス新潟 18 4-6-7 -6 5
14 名古屋グランパス 17 4-5-8 -5 16
15 サガン鳥栖 17 4-5-8 -5 13
16 湘南ベルマーレ 16 4-4-9 -9 18
17 ヴァンフォーレ甲府 15 3-6-8 -13 17
18 アビスパ福岡 11 2-5-10 -14 12

開幕前は、新潟を一押ししていて5位という高順位に設定したおかげで、予想は大コケとなってしまいました…
ちょっと過大評価しすぎましたかね。
開幕序盤の新潟の試合を何試合か見ていたのですが、攻撃も守備も軽くてふわふわなんですよね。
まるで、中身の少ないシュークリームのような感じ。

最近は、フォーメーションの変更など、現実路線のほうに若干シフトした感じはありますが、理想のスタイルに近づくのはまだ時間がかかりそうです…

鹿島は常勝軍団ふたたびといった感じで、安定した強さを見せてましたね。
2位の川崎もあと一歩というところで優勝こそ逃しましたが、守備の補強が功を奏し、安定感あるチームになってきたかなぁという感じです。
浦和は終盤の失速が痛かったですね。それまでは優勝を狙える位置だったので、これは残念でした。

あと、予想外だったのが柏。監督が代わってから一気に躍進しましたね。代わるまでは、今年は迷走しそうだなと思ったのですが、立て直したのはお見事です。

アビスパ福岡は苦しいですねぇ。去年のJ2での戦いを見ていると、J1でも充分戦えると思っていたのですが、去年の勢いがなくなってしまいましたね。

2016年J1ファーストステージ ベストイレブン

個人的に、ファーストステージ活躍したと思う選手を選んで、ベストイレブンを組んでみました。

ポジション 選手名 チーム名
GK 東口 順昭 ガンバ大阪
DF 山本 脩斗 鹿島アントラーズ
DF 昌子 源 鹿島アントラーズ
DF エドゥアルド 川崎フロンターレ
DF 遠藤 航 浦和レッズ
MF 中村 憲剛 川崎フロンターレ
MF 小林 祐希 ジュビロ磐田
MF カイオ 鹿島アントラーズ
MF 土居 聖真 鹿島アントラーズ
FW ピーター ウタカ サンフレッチェ広島
FW 金崎 夢生 鹿島アントラーズ

優勝した鹿島から5人を選出。むしろ、全員鹿島の選手でも問題ないレベルかもしれません…
2位のフロンターレからは、エドゥアルドと憲剛。今年もすでに二桁ゴールとっている大久保も選ぼうか迷いましたが、大久保ならもっといいパフォーマンスができるはずっ!と思って、選びませんでした。

ジュビロの小林祐希は代表にも選ばれましたし、ジュビロの試合見てても王様のような風格で、やっぱり本田に似てるよなぁ~と感じる選手。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です