2016年J1リーグ1stステージ順位予想

各チームについてのコメントとキーマンを予想[10位~18位]

ここからは順位予想した10位から18位のチームについてです。

ヴィッセル神戸

ゴールキーパーに韓国代表のキム・スンギュが入り、山本、徳重と無駄にGKだけはJ1屈指となったヴィッセル。
チョン・ウヨンや森岡などが抜けたが、藤田や伊野波、村松の加入したことでその心配はなくなったか。

攻撃陣にはレアンドロ、渡邉、石津、ペドロ・ジュニオール、小川などといった豪華なメンツをどう組み合わせるかに注目が集まります。
そして、その豪華な攻撃陣をどうゲームメイクしていくか、ボランチの藤田の役割に大きな期待がかかります。

キーマンには司令塔として期待の藤田をチョイス。

キーマン:藤田直之

FC東京

注目は2年監督を務め、クラブ最高位の成績を残したフィッカデンティ監督に変わり、城福監督が今季から指揮を執ることになったことでしょう。
この2年間で守備的なスタイルを植えつけましたが、この監督変更で再びスタイル転換される可能性もあり、それに馴染むまでは結果を残すことは難しいかもしれません。
また、ACLもあるためリーグ戦との両立も厳しいものになると予想されます。

新戦力に阿部、水沼、ハ デソンなど補強しましたが、日本代表レベルの太田や権田、武藤などを失ったことは大きいですね。
あと痛いのが室屋のケガでの離脱。駒野がいるので問題はないかもしれませんが、U-23での活躍からみると、充分レギュラーで通用すると思うので、このケガで見られないのは残念です。

キーマンには早い時期での復活を期待して、室屋を選んでみました。

キーマン:室屋成

アビスパ福岡

昨シーズンの主力メンバーのGK中村や酒井が抜けるも、韓国代表のイ・ボムヨン、為田などを獲得。名古屋から加入したダニルソンの活躍も期待されます。

特にスーパーセーブで福岡を幾度も救った中村のレンタルバックは痛いが、イ・ボムヨンが韓国代表の実力を見せてくれるかが鍵となるでしょう。

井原監督の手腕にも期待したいですね。

キーマンには、屈強なフィジカルとFKが持ち味の中村北斗を選択。ケガはしないでね。

キーマン:中村北斗

サガン鳥栖

水沼や藤田など主力が抜けてしまったのは痛いが、最大の収穫は新監督にフィッカデンティ監督を迎えたこと。
フィッカデンティ監督の元、鳥栖のお得意のスタイルである堅守速攻が復活すれば、J1に再び鳥栖旋風を巻き起こす可能性もあるかも。

FC東京時代には武藤を筆頭にクオリティの高い選手が存在したが、鳥栖のこのメンバーでも成績を残せるか…

新戦力として楠神、富山など実力ある選手を獲得できたことはプラス。
あとは豊田が1年間活躍して、二桁ゴールを記録してくれることを祈るのみ。

キーマン:豊田陽平

ベガルタ仙台

DFの主力、鎌田は抜けたが平岡や大岩を獲得。今季も昨年のスタイルをベースにして挑んでくると予想しています。

攻撃陣には三田や水野が加わりチームの底力は増したと思うが、肝心なのはFWの活躍。
ウイルソン、金園、ハモン・ロペスらが活躍できるかが大事になってくるでしょう。

キーマンには、個人的にさらなる活躍を期待して奥埜。もっとゴールを奪える選手になれば、DFにとって脅威の選手となるはず。

キーマン:奥埜博亮

柏レイソル

柏はわずか1年で吉田達磨監督を切って、メンデス監督が就任。
成績は振るわなかったが、いいサッカーをしていただけにこの解任は個人的にはとても残念。

メンデス監督になり、どう守備が安定するか、どう柏のサッカーが変わるか楽しみでもあります。
主力が大幅に抜けてしまったが、GKの中村航輔や新外国人選手、ポルトガルから帰ってきた田中順也ら新加入選手がどこまで活躍できるかに、今シーズンどうなるかが掛かっている。

キーマンにはU-23、そして将来の日本代表のキーパーとして期待の中村航輔。

キーマン:中村航輔

名古屋グランパス

はっきりいって予想が難しく、実力未知数な名古屋。小倉隆史GM兼任監督がどのくらい有能なのか、それは開幕してみないと分かりません。

闘莉王や牟田など主力のCBが抜けたことが、どう影響するかが気になります。
新加入の安田やシモビッチには期待が持てますが、永井、川又といった実力者を含め、選手をどう監督が活かせるかに今季の名古屋の明暗がかかっています。

キーマン:永井謙佑

ヴァンフォーレ甲府

バレーや阿部拓馬などといった選手が抜け、得点力不足に拍車が掛かりそうな勢いで心配。クリスティアーノが戻ってきたのはうれしいが、クリスティアーノひとりではどうすることもできない。
新外国人選手3人がどこまで活躍できるかに、全てが掛かっているといっても過言ではない。

長崎から加入した黒木には期待。昨年の長崎では中心選手でしたが、チーム事情から苦戦するとは思うけど、J1の舞台でも活躍できるということを示してもらいたい。

キーマン:黒木聖仁

湘南ベルマーレ

遠藤航、永木亮太、秋元と主力が抜けてしまい、Gkに村山やベラピ、ボランチにパウリーニョなど加わるも、正直この戦力で厳しいJ1を戦うのは難しいだろうと予想。

曺貴裁監督が残ってくれたのは好材料。選手と監督が一体となって戦うことができるかが重要となってくる…

キーマン:高山薫

今シーズンのJ1はさらに予測不能!

2部制となって2年目となるJ1リーグ。
今年はJ2から大宮、磐田、福岡が昇格してきて、どのチームも戦力が拮抗していて予想がとても難しいものとなりました。
特に下位チームの順位はどう変動してもおかしくないと思うので、毎試合面白くなりそうです。

今年はリオオリンピックの年でもあるので、U-23世代がどれだけ活躍するかもファーストステージの注目ポイントですね。
また、J3にJ1からはFC東京、ガンバ大阪のU-23チームが参加するということなので、そこからトップチームにどれくらい入ってくるかチェックしてみるのもいいかもしれません。