最近読んだ本についてメモ(2019年1月)

だいたい月イチくらいのペースで書店に足を運んで気になった書籍をチェックしているのですが、読んだ本についてかんたんに紹介しておきたいと思います。

JavaScript コードレシピ集

あいかわらずJavaScriptを勉強しようと思いつつもダラダラと怠けてしまっている私。

逆引き辞典というふうに書いてありましたが、実践的なサンプルも載っているため、初心者向けの学習用教本としても活用できそうです。
書店で即購入しようか迷いましたが、立ち読みしてみて本のサイズの割りにページ数が分厚くて読みづらそうだったので、いずれ電子書籍版を購入して勉強しようと思っています。

今すぐ使えるCSSレシピブック

中級者向けの内容ということでしたが、確かに最初の章であるセレクタから異様さというか、他の本とはちょっと違う異質さを感じさせる内容になっています。
ジャンル的にいうと「CSSシークレット」に近いかもしれません。

すでに私も知っている内容もあれば、不得意であまり触れてこなかった分野や、あぁコレ知りたかったんだよねというテクニックもあったりと、読めばこれまで知らなかったCSSの使い方を発見できるかと思います。

いろんなテクニックが詰め込まれているCSSテクニック集のような本になっていますが、どれも使う頻度がそれほど少ないようなモノが多いのと、ひとつひとつの内容はネットなどで調べれば情報が得られそうなところなのが、購入をためらうポイントになりそうです。
あとはフルカラーでないのと、価格が高いのが最大のネックかもしれません。

WordPress はじめてのデザイン&カスタマイズ入門

WordPress関連書ではたぶん初となる、Gutenbergも解説している入門本。

デザイン&カスタマイズ本としては物足りなさもありますが、Gutenbergの入門書としては大いに役立ちそうです。
かくいう私もGutenbergのエディタは全然触っていないので、これから使っていかなきゃなぁと思っています。

これからWordPressでブログやサイトをつくろうという人にはオススメできるかもしれませんが、すでにWordPressを使っている人やパソコン操作に長けている人などは、Gutenbergの使い方も感覚的にわかりそうですし、この書籍も必要ないかもしれません。

ブログ・サイトの改善方法がわかるデザイン&カスタマイズ入門というよりも、Gutenbergの使い方入門として活用できるオススメの本だと思います。

あと個人的に表紙のデザインが好きです。