サッカー日本代表ワールドカップ最終予選第2戦タイ戦の採点

日本代表ワールドカップ最終予選の第2戦、タイとのアウェイでの対戦でしたが2-0で勝利。
結果だけ見ると完勝ですし、終始日本がボールを握っていたのですが、今の日本代表って弱いなぁと感じる試合で大丈夫か!?という気持ちになりました。

試合結果

スコア
日本vsタイ
20
1前半0
1後半0
ゴール
時間得点者チーム
前半18分原口 元気日本
後半30分浅野 拓磨日本
カード
時間選手カード
前半28分森重 真人イエロー
後半38分西川 周作イエロー
後半40分プラキット ディープロムイエロー
後半44分プラキット ディープロムイエロー(2枚目)
スタッツ
チームシュート直接FK間接FKCKPKオフサイド
日本2374701
タイ3173203
試合環境
スタジアムキックオフ入場者数天候気温湿度主審副審副審
ラジャマンガラ スタジアム2016/9/6(火)21:1544,500人曇り時々雨30.0度78%モフセン トーキーモハマドレザ アボルファズリサイード アリネズハディアン

ワールドカップ最終予選第2戦タイ戦の選手採点

スターティングメンバー
PosNo.選手名採点
GK12西川 周作6.0
DF21酒井 高徳5.5
DF6森重 真人5.5
DF22吉田 麻也6.0
DF19酒井 宏樹6.0
MF16山口 蛍6.5
MF17長谷部 誠6.0
MF8原口 元気6.5
MF10香川 真司5.5
MF4本田 圭佑5.5
FW18浅野 拓磨6.5
途中交代
PosNo.選手名交代採点
FW20武藤 嘉紀⇔ 浅野 後半37分
FW14小林 悠⇔ 本田 後半41分
FW11宇佐美 貴史⇔ 原口 後半46分

フォーメーション

  • 18
  • 8
  • 10
  • 4
  • 17
  • 16
  • 21
  • 6
  • 22
  • 19
  • 12

ちょこっと感想

私はこの試合のMVPには山口を挙げたいと思います。
半年でJ2に帰ってきて叩かれたりもしましたが、やはりボランチとしての実力は日本だとNo.1であると感じさせますね。

先制ゴールを決めた原口も、何度もあった決定機を決めていればもっと印象も良かったんですけどねぇ。

しかし、ブラジルワールドカップ後の日本を見てると弱くなったなぁというか、退化しているんじゃないかと思ってしまいます。
私個人の意見としてはワールドカップでは振るわなかったものの、ザックジャパンのときの日本代表が1番強かったと思ってますし、再びこのスタイルに舵を切ってほしいと願っています。

これだけ押し込んでる相手にこの内容の試合では、アジアでも苦戦するのは目に見えるレベルです。
本当の勝負の分かれ目は10月のオーストラリア戦だと思いますが、内容などは置いておいて勝つことだけを信じて応援するしかありませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です