INFOBAR xvを予約しました

9月4日はINFOBAR xvの予約開始日ということで、さっそく予約してしまいました。

色はもちろんNASUKONです。

今回はau Online Shopから予約してみました。もしかするとケータイを予約するというのもはじめてかもしれません。

ガラホの運用方法とかプランをどうしようかと延々と悩んでいたのですが、いざ予約をしてみるとあっさりと終了。
といっても、まだ予約しただけであって、本申し込みのご案内メールが届いたときに手続きなどを行うようです。

メールが届いて3日間以内に本申し込みの手続きをしないと完了されないということなので、忘れないようにしないといけませんね。


これまではINFOBARとスマホの2台持ちを考えていたのですが、INFOBARでもそれなりにネットが使えるようならINFOBARに一本化しても良いかもしれません。
でも、もしそうすると不安になってくるのがデータ通信料です。ダブル定額だと一気に跳ね上がってしまいそうな気もするので、格安SIMで運用するのも悪くないかもなぁとか思っていたら、予約するのが遅れてしまいました。

INFOBARをHTML&CSSでつくってみた

INFOBAR15周年モデルの新型INFOBARが発売されるということで、INFOBARをHTML&CSSでつくってみました。

https://infobar.netlify.com/

デザインはケータイの形態学の表紙に描かれていたイラストをもとにしてつくっています。
Netlifyはあいかわらず便利ですね。zipファイルでサクっとアップすることができるんですもん。

ただHTMLで描かれているというだけなのですが、今後ボディカラーを追加するか、スマホ版もつくってみる、はたまたアニメーションを勉強も兼ねてやってみるとか検討しているところです。
でも他にもやりたいことがあったりするので、気が向いたらになってしまうかもしれませんが……

一応、INFOBAR xvは予約する予定でいます。まだ価格も分からない、実物すら見ていない状態で行うのはちょっと気が引けますが、キャンセルもできるようなのでとりあえずやっておこうかなぁと思っています。

ついに待望の新型INFOBAR「INFOBAR xv」が発表

何と!ついに待ちわびていた待望のINFOBARの新型「INFOBAR xv(インフォバー エックスブイ)」が発表されました。

このニュースを知ったときにはたいへん驚き、涙がでそうになるくらいうれしさでいっぱいになりました。

だって私、いまだにINFOBAR2を使い続けているんですもん。
(以前書いた記事:「約9年使っている愛着あるケータイ INFOBAR2」)

しかもデザインのベースが私の大好きなINFOBAR2になってるんですから、こりゃ飛びつくしかないでしょ。

約3年前に出されたスマホのINFOBAR A03も買って使ったのですが、稀に見る不遇な扱いを受ける機種となり(iPhoneを意識したのかアルミのずんぐりむっくりなボディ、VOLTE専用のためSIMロック解除できない)、すぐINFOBAR2に戻ってしまいました。

正直、最近のauの内容(CMやサービスなど)には不満を感じる部分があり、契約更新月を迎える来年春には楽天モバイルにでも乗り換えようかと本気で考えていたので、ずっと待っててよかったと涙ちょちょぎれる思いです。

想いが実現化した

昨年だったか、au Design project15周年のサイトか何かで「ガラホベースでいいので、INFOBARの新型もしくは復刻版をだしてほしい」という要望を書いた覚えがあるのですが、まさかそれが本当に実現化するとは思いませんでした。
15周年を迎えてもINFOBARとトランスフォーマーのコラボ企画があったくらいで、2018年夏モデルの発表でも何の音沙汰もなかったので、もうあきらめかけていたのですが、新型が登場してとってもうれしい気持ちです。

au Design projectのサイトにも「ファンの皆様の声が後押しに」という記事が出ているのですが、ほんとうに好きなものは「好き」っていったほうが良いのだということを改めて実感させられました。

欲を言えば、おサイフケータイや防水機能もほしいところですし、もっと画面をベゼルレス化してほしいとか希望はありますが、あまり贅沢も言ってられませんね。
それでもフレームレスとなったタイルキーはやっぱりステキですし、初代INFOBARの四角さとINFOBAR2の溶けかけた飴をイメージさせるような外観もたまりません。
色も私のいちばん好きなカラーである紺色が採用されているのも高ポイント。
しかも、インタフェースもINFOBAR2をモチーフにしたものになると聞いて、もうワクワクがとまりません。

スマホのINFOBARを待ちわびる声もあったかと思いますが、もはや!?INFOBARの理想形の姿ともいえるiPhoneという存在がありますし、機能ではなくシンプルさや携帯性に視線を向けるというのは悪くないことではないでしょうか。
全部入りでなくとも、足りない部分はスマートウォッチやタブレット、デジカメなどに託しても良いでしょうしね。

イマドキの現状を感じる

今回のau Design projectでは、クラウドファウンディングも行っています。
クラウドファンディングで資金を集めて開発を進めていくという形になっていて、やはり今はこういうやり方でもしないとやっていけないんだなぁとも感じて、寂しくなった面も少しあります。

まぁでも、ただ単に支援するだけではなくリターンとして限定のアイテムもゲットできるので、支援という考えではなく欲しいアイテムを購入しているという感覚で行えるのは、こちらとしてもありがたいことです。
限定という言葉もつられて、私もついお布施してしまいました……

性能アップ、画面の拡大化など、どんどんと競争を続けているスマホ市場のなかで、あえてガラホで機能をしぼったデザイン特化の新型INFOBARが今の10代の若者などに刺さるかはわかりませんが、それでもこのようなケータイを待ち望んでいた方は少なからずいたでしょうし、これからINFOBAR以外の第2弾・第3弾となる機種の登場のためにも、これからもがんばっていってほしいと願っております。

INFOBAR×トランスフォーマーがほしい!INFOBAR好きだから

数日前に発表された、携帯電話の「INFOBAR」と「トランスフォーマー」がコラボした「au×TRANSFORMERS PROJECT」。
INFOBARは、au design projectの第1弾として出た携帯で今年で15周年になるんだそう。
トランスフォーマーのことはさっぱり分からないんですけど、INFOBAR好きの自分としてはこれは物欲をそそられる。

INFOBARの新型にも期待?!

この時期になってこのコラボモデルが登場したということは、INFOBARはまだ忘れられてないということですよね。
新デザインじゃなくてもいいので、復刻モデルをガラホで出してもらえないですかねぇ~(スリスリ)

私は3月で2年縛りの更新期間に入るので、auを離れようかと考えていたのですが、INFOBARのために「待ち」という選択もありかもしれません。
でも、何も音沙汰なかったらそれはそれで辛いので、迷っているところです。
何ならauのサブブランドであるUQmobileにでも移って、もし新型が出たときでも対応できるようにしておくというのも手の一つか。

A03がVOLTE専用でSIMカードが使えないというのが痛すぎる…
ほんと不憫な扱いですよねぇ、A03って…
今回のコラボきっかけで、一つ前のモデルのA02にも興味が湧いてきております。ちょっと古いけど、普段使いならまだ何とか使えるのかなぁ。

約9年使っている愛着あるケータイ INFOBAR2

いろんな人のブログを見ていると、iPhoneであるとか、最新のスマホを紹介していて羨ましいなぁと思いながら指をくわえて見ているのですが、長~く使っている愛着あるケータイ自慢をしたってイイんじゃないかと思ったので、紹介してみることにしました。

私が使っているケータイはauのINFOBAR2。調べてみると、発売日は2007年12月1日ということだったので、もう9年くらい使っているということになるんですね。
これだけ長く使っていても、まだまだ現役バリバリで利用できます。スマホだとさすがにこんなに長く使うのは大変だと思うので、これは立派ですね。
でも、さすがにこれ1台ではしんどいので、格安SIMを使ったスマホとの2台持ちで現在運用しています。

それにしても、何でこんなに長く使っているかというと、このデザインが好きだからということに尽きます。
このボディの丸みや持ったときのサイズ感、ボタンの押しやすさに数字のフォントなど、私にとっては未だにこのケータイを超えるモノには出会えていません。iPhoneもいいなぁとは感じるのですが、使っている人も多いですしね…他の人と違うものを使っているという、特別感みたいなのもINFOBARにはありますから…

INFOBAR2の外観

ここからはINFOBAR2の外観を見ていきましょう。

ディスプレイは2.6インチの有機EL液晶。なだらかなカーブになっているのが特徴的なのですが、9年も使っていると画面は傷だらけでボロボロです。2.6インチと聞くと小さく感じますが、画面のサイズはそんなに気にはなりませんね。さすがに今どきのスマホと比べると、画面の美しさは段違いですが、メールするだけならこれでも問題ありません。

バーのように棒状になっているので、持ちやすいのがまたいいですね。スマホだとコンパクトと言われる4インチ台でも、片手ではホールド感が弱くて、落としそうでこわくなります。それにケータイだと多少なら落としても平気なところも信頼できます。平気でベッドなどにポーンと放り投げられますし。

表側はそれほどでもなかったのですが、裏側は塗装が剥げていて、ひどい有様となっています。自分でも、どうしてここまでボロボロになってるんだと思うレベル。ずっとズボンの前ポケットに入れていたせいでしょうかね。ズボンの前ポケットに入れておくと、時々ロックのし忘れで何かしらに触れたときに誤動作していることがあるので要注意です。

側面のSDカードを入れるキャップも外れてしまい、いつのまにか行方不明となってしまいました。頻繁に出し入れした憶えはないんですけどね…

2017年春モデルにINFOBARの新型がなかった

話は変わりますが、2017年春モデルにひそかに期待していたINFOBARの新型はありませんでした。最近は2年おきでの登場だったので、ワンチャンあるかなぁ~と思っていたのですがね。
2年間隔で出ると決まっているわけではないので、もしかしたら夏にでるかもしれません。もし、新型が出るのならガラホで出して欲しいです。これまでスマホで出していましたが、INFOBARらしさはあまり感じられず、魅力的な端末がありませんでした。でも、ガラホでならボタンもありますし、バーの状態で出せますからINFOBARらしさのある端末になると思うんですよねぇ。
G’zOneの後型となるTORQUEも出ましたから、INFOBARのガラホもありそうな気もします。

auと別れのとき!?

今回、INFOBARの新型の発表がなかったことで、私の中でauを離れる決意がいっそう増したかもしれません。ちょうど2017年の3月で2年縛りの更新期間となるため、ここでINFOBARが出るかどうかで判断しようと思っていました。
auを離れるとなると、このINFOBAR2クンも使えなくなるわけですが、そろそろ本当に限界に来ているような感じがするので、ここらでお役御免しておいたほうがいいかもしれません。
もし、移るのならワイモバイルが今のところ一番いいのかなぁと考えています。他のMVNOよりは通話、速度の面で安心できますし、2台持ちだったのを1台にまとめてしまいたい。料金も1年間はワンキュッパとそこそこお得ですから…

それに今の時代ならauじゃなくても、白ロムを買ってSIMフリー化させれば使えるようになると思うので、そうやって待つという選択肢もありますからね。
iPhoneを一度は使ってみたいなぁ~と思うし、ガラホでもいいかなぁ~とも考えたりと、悩んでいるだけでも楽しいので3月まで脳内シミュレーションをしておきます。

新たな相棒

2018年12月、ついにINFOBAR 2から機種変更。ガラホのINFOBAR xvへと替えました。

はじめはINFOBAR 2のラウンドしたフォルムに愛着がありすぎて、xvに馴染めない部分もありましたが、画面もきれいですしボタンもカチカチと押すのが楽しくてすっかり慣れてきました。

やっぱ、INFOBARいいッスねぇ~。

ニッチでリッチでカッチョいい INFOBAR xv に機種変更