2016年リオ五輪 サッカーU-23日本代表メンバーを予想

7月1日のメンバー発表を前に、リオ五輪サッカーU-23日本代表メンバー18人に誰が選ばれるのかを、ポジションごとに予想してみました。

メンバーポジション別予想

GK – ゴールキーパー

選手名 所属 予想
櫛引 政敏 鹿島アントラーズ ◎当確
中村 航輔 柏レイソル ○有力
杉本 大地 徳島ヴォルティス △微妙
牲川 歩見 サガン鳥栖 × 厳しい

ゴールキーパーでまず確実なのは櫛引。今年移籍した鹿島ではスタメンでは出れていませんが、このU-23では正GKとして不動の存在であったため、本大会でも選ばれるのは間違いないでしょう。

続いて有力なのが、レイソルの中村 航輔。昨シーズンはJ2のアビスパ福岡でJ1昇格に貢献し、今年復帰したレイソルでもスタメンで活躍。
櫛引からスタメンを奪える存在になっています。
個人的には、A代表でも見てみたい選手。

SB – サイドバック

選手名 所属 予想
藤春 廣輝 ガンバ大阪 OA オーバーエイジ
亀川 諒史 アビスパ福岡 ○有力
室屋 成 FC東京 △微妙
松原 健 アルビレックス新潟 △微妙
三丸 拡 サガン鳥栖 △微妙
山中 亮輔 柏レイソル △微妙
ファンウェルメスケルケン 際 ドルトレヒト × 厳しい
伊東 幸敏 鹿島アントラーズ × 厳しい

本来は、ここにオーバーエイジ枠を使う必要はあまりなかったと思いますが、負傷者が続出したため、藤春がオーバーエイジですでに内定。
ということで残りは2枠と思われますが、いちばん有力なのはアビスパの亀川。
切れ味あるドリブルやクロス、それから両サイドこなせることが武器。登録メンバー数が少ないこのオリンピック代表では、複数ポジションできる選手の存在は大きいでしょう。

残る一人は、怪我明けの選手が多くコンディション次第というところでしょうか。
藤春が左サイドなので、選ばれるのは右サイドの選手だと思うので、室屋や松原あたりでしょうかね。

CB – センターバック

選手名 所属 予想
塩谷 司 サンフレッチェ広島 OA オーバーエイジ
植田 直道 鹿島アントラーズ ◎当確
岩波 拓也 ヴィッセル神戸 ○有力
三浦 弦太 清水エスパルス △微妙
西野 貴治 ガンバ大阪 × 厳しい
中谷 進之介 柏レイソル × 厳しい
奈良 竜樹 川崎フロンターレ × 厳しい

こちらも本来ならば、岩波・植田・奈良の3人で磐石の布陣だったはずのセンターバックでしたが、岩波・奈良が負傷したため状況が一転。
そのため、オーバーエイジ枠でセンターバックだけでなく、サイドバック共にこなせる塩谷が選ばれました。

植田は確定でしょうから、あとは岩波の状態次第。コンディションが上がらなければ、トゥーロンで活躍した三浦が選ばれる可能性もあるかもしれません。

MF – ボランチ

選手名 所属 予想
遠藤 航 浦和レッズ ◎当確
大島 僚太 川崎フロンターレ ○有力/td>
原川 力 川崎フロンターレ △微妙
井手口 陽介 ガンバ大阪 △微妙
橋本 拳人 FC東京 △微妙
喜田 拓也 横浜F・マリノス × 厳しい
三竿 健斗 鹿島アントラーズ × 厳しい

選出確実なのは、この代表のキャプテンで精神的支柱な存在の遠藤航。A代表にも呼ばれ、浦和レッズでも安定したパフォーマンスで活躍。
代表ではボランチで出ることが予想されますが、DFもできることは大きい。

こちらもほぼ確実といえるのが、大島 僚太。遠藤不在時にはキャプテンを任されることもあり、ゲームコントロールに優れたMF。遠藤と同じくA代表にも選出されました。

残る1枠を競うのは原川と井手口か。クラブにて控えのこと多い原口に比べ、ガンバで出場する機会が多い井手口のほうが一歩リードかもしれません。

大穴だとFC東京の橋本 拳人。複数ポジションをこなせるのは大きい。もしかしたら、サイドバックでの選出もあるかも?

MF – 攻撃的ミッドフィルダー

選手名 所属 予想
南野 拓実 ザルツブルク ◎当確
矢島 慎也 ファジアーノ岡山 ○有力
野津田 岳人 アルビレックス新潟 △微妙
中島 翔哉 FC東京 △微妙
豊川 雄太 ファジアーノ岡山 △微妙
伊東 純也 柏レイソル × 厳しい
関根 貴大 浦和レッズ × 厳しい

まず、この世代のエースとして期待され、オーストリアで活躍している南野は確定でしょう。
それから、予選やトゥーロンで活躍していた矢島 慎也も選出濃厚。彼はMFならどこでもこなせますからね。岡山でも中心選手になってますし。

中島 翔哉は、これまで代表の10番を背負ってプレーしてきた実績を考えると、選ばれそうではありますが怪我明けということもあり、調子が上がってくるかどうかがポイントになりそう。

野津田は、他の選手にはない左足という強烈な武器があります。このチームには有力なプレイスキッカーがいないので、フリーキックが蹴れるというのは大きなアピールポイントになるかも。

あとは、予選でラッキーボーイ的な活躍をみせた豊川あたりが有力でしょうか。
クラブで活躍している、柏の伊東や浦和の関根を見てみたいという気持ちもありますが、選ばれるのは残念ながら難しそう…

FW – フォワード

選手名 所属 予想
興梠 慎三 浦和レッズ OA オーバーエイジ
浅野 拓磨 サンフレッチェ広島 ◎当確
久保 裕也 BSCヤングボーイズ ○有力
富樫 敬真 横浜F・マリノス △微妙
オナイウ 阿道 ジェフユナイテッド市原・千葉 △微妙
鈴木 武蔵 アルビレックス新潟 × 厳しい
金森 健志 アビスパ福岡 × 厳しい
鎌田 大地 サガン鳥栖 × 厳しい

FWにはオーバーエイジを使い、さらに久保と浅野は当確だと思うので、実質FWの枠は残っていない状況。

オナイウ 阿道や鈴木 武蔵は、これまで代表チームで貢献してきましたが、選ばれるのは難しいか…
期待するとしたら、他の選手にはない身体能力の高さを監督がどう評価するかでしょうね。

ここにきて急に評価が上がってきた富樫 敬真ですが、やはりアピールするには時間が足りなかったかも。
最近はクラブでも試合に出る機会が少なくなってますし、こちらも厳しいか…

最後に、私が予想した18人はこちら!

登録メンバー18人予想

Pos No. 選手名 所属
GK 1 櫛引 政敏 鹿島アントラーズ
GK 12 中村 航輔 柏レイソル
DF 2 塩谷 司 サンフレッチェ広島
DF 5 植田 直道 鹿島アントラーズ
DF 4 岩波 拓也 ヴィッセル神戸
DF 14 藤春 廣輝 ガンバ大阪
DF 15 亀川 諒史 アビスパ福岡
DF 6 室屋 成 FC東京
MF 3 遠藤 航 浦和レッズ
MF 8 大島 僚太 川崎フロンターレ
MF 17 井手口 陽介 ガンバ大阪
MF 7 矢島 慎也 ファジアーノ岡山
MF 18 南野 拓実 ザルツブルク
MF 10 中島 翔哉 FC東京
FW 13 興梠 慎三 浦和レッズ
FW 11 久保 裕也 BSCヤングボーイズ
FW 16 浅野 拓磨 サンフレッチェ広島
FW 9 オナイウ 阿道 ジェフユナイテッド市原・千葉

バックアップメンバー4人予想

Pos 選手名 所属
GK 杉本 大地 徳島ヴォルティス
DF 三浦 弦太 清水エスパルス
MF 原川 力 川崎フロンターレ
MF 豊川 雄太 ファジアーノ岡山

最終メンバー18人に加えて、バックアップメンバーの4人も予想してみました。
ついでに、背番号も勝手に予想してつけてみました。

結構、堅い人選だと思うので、8割くらいは当たってるんじゃないかなぁと思いますが、果たしてどうなるか…

個人的にはオーバーエイジ枠で、前回大会ベスト4メンバーをひとりでもいいから選んでほしかったなぁとは思いますが、
ひょっとしたらサプライズ選出などもあるかもしれませんし、どんなメンバーが選ばれるか楽しみですね。

追記

リオオリンピックメンバー発表されました!
選手予想の答えあわせなどはこちらの記事に書いてあるので、よろしければこちらもお読みください。

2016年リオ五輪 サッカーU-23日本代表メンバーが発表&予想結果


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です