V・ファーレンのあの人は今 旋風を巻き起こしたJ2初年度に活躍した選手たち

2017年でJ2参入から5年目をを迎えたV・ファーレン長崎。
これまでの4年間で6位・14位・6位・15位と、2度のプレーオフ進出を果たしています。

私は今のV・ファーレンも好きですが、一番好きだったなと思うのは1年目のときのチーム。

多くの選手は長崎からすでにいなくなってしまいましたが、スタメンで活躍していた佐藤選手や高杉選手は今でも長崎でプレーしてます。

移籍した選手達はその後どうなってるかなぁと気になったので、移籍していった選手の現在の状況をちょっと調べてみました。

GK 金山 隼樹

金山隼樹 | コンサドーレ札幌 オフィシャルサイト

長崎の初年度のゴールマウスを支えたゴールキーパー。
最初は控えでしたが、その後安定感のあるプレーでスタメンの座を勝ち取り、活躍しました。

2014年にコンサドーレ札幌に移籍。韓国U-23代表キーパーのクソンユンの加入で、現在は控えに座ることが多いみたいですが、活躍してスタメンを奪取してほしいですね。

年度 チーム No. リーグ 出場 ゴール
2013 長崎 21 J2 39 0
2014 札幌 1 J2 28 0
2015 札幌 1 J2 9 0
2016 札幌 1 J2 9 0

MF 岩間 雄大

岩間 雄大 | 松本山雅FC

2011年に長崎に移籍し、ボランチで活躍していた岩間雄大選手。
豊富な運動量でチームの守備を支えました。

2014年に松本山雅FCに移籍し、松本のJ1昇格にも貢献しました。

年度 チーム No. リーグ 出場 ゴール
2013 長崎 16 J2 41 3
2014 松本 15 J2 36 0
2015 松本 5 J1 34 1
2016 松本 5 J2 39 1

MF 山田 晃平

初年度の、特に前半戦で活躍したドリブラー。長崎では主に左サイドでプレー。
小柄ながらも、ドリブルで多くのファンを魅了してくれました。ちなみに私も一番好きな選手でした。

2014年途中でAC長野パルセイロに期限付き移籍し、2015年に完全移籍となりました。

年度 チーム No. リーグ 出場 ゴール
2013 長崎 33 J2 25 2
2014 長崎 33 J2 7 0
2014 長野 26 J3 16 0
2015 長野 33 J3 28 1
2016 長野 33 J3 0 0

MF 金久保 彩

右のウイングバックで活躍した金久保 彩選手。彩は「さい」と読みます。
思い切りの良いシュートと、精度の高いキックを武器に主にセットプレーを任されていました。

2015年に長野パルセイロへ移籍。

2016年シーズン途中に、鹿児島ユナイテッドFCへ期限付き移籍となりました。

今年の両サイドを務めるパク・ヒョンジン・中村も良いですが、1年目の山田・金久保のサイドのコンビは好きでしたね。

年度 チーム No. リーグ 出場 ゴール
2013 長崎 26 J2 38 5
2014 長崎 26 J2 5 2
2015 長野 14 J3 16 0
2016 長野 14 J3 1 0
2016 鹿児島 24 J3 8 0

MF 小笠原 侑生

小笠原 侑生 | Joe Chankの空に。(ブログ)

主にFWの下のシャドーの位置で活躍していた小笠原選手。
序盤はレギュラーとして出場していましたが、奥埜選手(現ベガルタ仙台)の加入などでサブに回ることが多くなりました。

2014年7月に退団しましたが、代理人との移籍トラブルがあり、2015年にタイのナコーンパトム・ユナイテッドFCへ移籍しています。

年度 チーム No. リーグ 出場 ゴール
2013 長崎 19 J2 29 2
2014 長崎 19 J2 0 0

MF 幸野 志有人

金髪がトレードマークだった幸野 志有人(こうの しゅうと)選手。
2013年に、FC東京から期限付き移籍で長崎に移籍。

主にシャドーやトップ(フォワード)の高い位置でプレー。高い技術をみせ、長崎の攻撃の中心選手の一人として活躍しましたが、あまりゴールを奪うことはできず、それだけが唯一の難点でしたね…

2014年にFC東京へ復帰し、その後はU-22選抜でJ3の試合に出場したり、千葉へのレンタル移籍などありましたが、現在はふたたびFC東京に在籍中。

2016年には、ACLにも途中出場をしました。ちょうどこの試合は見ていたのですが、出てきたときは嬉しかったですね。
今は、主にJ3のFC東京のU-23チームで出場している様です。

2016年6月、今年J2に昇格したレノファ山口へ育成型期限付き移籍で加入することになりました。

2017年は長崎に復帰することになりました。これは嬉しいですね。

年度 チーム No. リーグ 出場 ゴール
2013 長崎 14 J2 32 2
2014 FC東京 28 J1 0 0
2014 千葉 33 J2 13 1
2015 FC東京 28 J1 0 0
2016 FC東京 28 J1 0 0
2016 レノファ山口FC 15 J2 8 0

FW 水永 翔馬

空中戦で絶大な強さを発揮したフォワード。
足元の技術はあまりありませんでしたが、体を張ったプレーでチームに貢献していました。

攻撃がうまくいかなかったら、とりあえず水永にロングボールを放っておけというシンプルなスタイルでしたが、私は好きでした。

2014年シーズン途中で、ツエーゲン金沢へレンタル移籍。その後、2015年に完全移籍し、今でもスタメンとして活躍しています。

年度 チーム No. リーグ 出場 ゴール
2013 長崎 15 J2 32 5
2014 長崎 15 J2 3 0
2014 金沢 13 J3 16 8
2015 金沢 13 J2 28 5
2016 金沢 13 J2 33 3

長崎を離れた今でも、活躍している姿をみると嬉しくなる

この前の、V・ファーレンと松本山雅FCの試合でも、岩間選手が出場していましたが、他のクラブでも活躍している姿を見ると嬉しいものですね。
試合後には長崎のサポーターのところにも足を運んで、姿を見せてくれていました。

他のクラブで活躍している選手の姿はなかなか見れないのですが、選手の成績データなどで動向は確認しているので、ぜひこれからも頑張ってほしいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です