「フレキシブルボックスで作るHTML5&CSS3レッスンブック」こそ真のHTML&CSS入門書だ

2019年3月にソシムより出版されたエビスコムの「フレキシブルボックスで作るHTML5&CSS3レッスンブック」(以下、フレキシブルボックスレッスンブック)を読んだので、紹介したいと思います。

これまでのフロートを使ったレイアウトから脱したい方や、これからHTML&CSSを勉強しようという方にもおすすめのレッスンブックになっています。

ふたつになったレッスンブック

2018年12月に「CSSグリッドで作るHTML5&CSS3レッスンブック」(以下、CSSグリッドレッスンブック)が発売されたばかりでしたが、なんと今度はフレキシブルボックス(Flexbox)に対応したレッスンブックが新たに登場。

まさかこう来るとは予想外でした。CSSグリッドのレッスンブックとかトガってんなぁ~と思っていたのですが、グリッドレイアウトとフレキシブルボックスの2パターンのレッスンブックだったんですね。

少し気になった点としては、これからHTMLやCSSを勉強しようという人も対象にしているレッスンブックなのに、フレキシブルボックスとかCSSグリッドとか専門用語をタイトルに用いて大丈夫なの?とは思いましたが……
選ぶ側からしたらわかりにくそう……

この本の特徴について

ここからはフレキシブルボックスレッスンブックの特徴について、紹介していこうと思います。

書籍の構成がすばらしい

エビスコム本を読むと毎回思うことなのですが、今回のこの書籍でもWebサイトを完成させていくまでの過程の構成がすばらしいと感じました。

ステップバイステップでWebサイトを実際につくりながら、HTMLやCSSの仕組みについても学んでいくことができます。
この書籍では、制作ステップとHTML&CSSの仕様について解説しているページが分かれた構成になっているので、すでにHTMLなどの基本は分かっているよという方は、制作ステップだけ読み進めていくことも可能です。

巷の一般的なHTML&CSS本だと、書いてあるHTMLやCSSの解説を読むのが億劫になるのですが、なぜかエビスコムの本だとコードを打ち込みながら制作していくうちにもっと学びたい、もっと知りたいという意欲が湧いてくるんですよねぇ。不思議なモノです。

新しくなったレッスンブックではモバイルファーストでの作成法になってますし、もう言うことなしというか、完成形に近いのではないでしょうか。

Firefoxの開発ツールがめっちゃ使える

今回のこのフレキシブルボックスレッスンブックでいちばん優れていると感じたのが、Firefoxの開発ツールで確認しながらWebサイトを制作していくところです。

他でもChromeのデベロッパーツールなどを紹介・説明している書籍もあったりしますが、ここまで開発ツールを活用している書籍はなかなかないと思います。

これによりマージンやパディングなどもより視覚的にわかりやすくなりますし、フレキシブルボックスについての構造も理解しやすくなりました。

flex-shrinkの縮小などいまいちわかりにくい処理も、開発ツールを確認することで理解しやすい

CSSグリッドレッスンブックのときもFirefoxをページの表示確認に使用していましたが、フレキシブルボックスだとよりFirefoxの開発ツールの便利さを体感することができます。

私は普段、Chromeのデベロッパーツールを使っているのですが、Firefoxの開発ツールも使ってみるとめちゃくちゃ有能で使いやすいですね。

さいごに

この記事のタイトルにも書いた「フレキシブルボックスレッスンブックこそ真のHTML&CSS入門書だ」というのは、

  • CSSグリッドレッスンブックよりも、普遍的で初心者に適した入門書である
  • 他のHTML&CSS本と比較しても優れた入門書で、自信をもっておすすめできる

ということを伝えたかったのであります。

フレキシブルボックスレッスンブック、CSSグリッドレッスンブックはどちらも中身の構成などは似ていますが、ふたつのレッスンブックを読むことでレイアウトの違いなど学ぶことができるので、両方ともに読んでみるのが良いかと思います。

エビスコム本は楽しく読みながら学ぶことができるので、やっぱり最高ですわ。

「ホワイトラビット」読了 ひさびさに伊坂幸太郎作品を読む

ここ数年、伊坂幸太郎作品から遠ざかっていた、すなわち小説を読んでいなかった私なのですが、伊坂さんの新作も溜まってきているし、そろそろ読もうかなぁなんて思っていて、手に取ったのが「ホワイトラビット」でした。

事前にAmazonでの評価が高かったのは知っていましたが、あらすじなどは全く知らず、図書館で借りてきました。

忘れかけていた懐かしい登場人物が出演

すっかり忘れかけていたのですが、黒澤という名前の人物が出てきて、しかも泥棒ということでどんな作品に出ていた人物だったっけなぁ~となっていたのですが、領収書の紙のくだりのところあたりでようやく思い出しました。

他にも今村とか大西とかも出てましたが、それもどの作品で登場したっけなぁ~と曖昧に……
若葉ちゃんにいたっては、どんなキャラだったかということすら忘れていました。
覚えていたのは映画版「ポテチ」で木村文乃さんが演じていたということくらい。

黒澤は好きなキャラだったのですが、大活躍している今作を見るとこんな性格だったっけ?となったりもしましたが……
黒澤が登場する「ラッシュライフ」は、私が伊坂作品のなかで最も好きな作品と言っていたのに、数年も読まないでいると記憶が薄れていくものですね……

伊坂作品らしいけどちょっとした工夫も

立てこもり籠城事件が設定となっていましたが、お話は伊坂作品らしく、楽しく読み進めることができます。
時系列のズラし方とか主観の目線が頻繁に入れ替わったりして、途中わからなくなる部分もあったりしましたが、案の定今回も気持ちよくダマされました。「えぇ!?こうなるの~」って感じ。

最近の伊坂作品はただ伊坂作品らしさがあるだけでなく、変化も加えられてあったりしますが、今作でもレ・ミゼラブルの話が用いられていたり、作者が話に加わっていたりといった工夫も見られます。

個人的には結末として、もっとしっかりとした勧善懲悪を求めていた部分もあったのですが、ちょっとした肩透かしをくらうのも最近の伊坂作品らしいとも言えます。
兎田がヒーローになって活躍するシーンを思い描いていたのですが、最後はあっさりとフェードバックしていくのにも、また裏切られた感じです。

ひさしぶりに作品を読んでみて「やっぱり面白いなぁ」という印象だったのですが、それでも初期のころの作品と比べてしまうと、物足りなさは感じるところがあるかもしれません。

ですけど、面白さは安定級ですし、過去の登場人物とかが出てくるのが同窓会的な感じで楽しみでもあったりするので、これからもいろんな作品を読み進めていこうかと思います。

まさに表紙のとおりかんたんで丁寧な「本当によくわかるHTML&CSSの教科書」

SBクリエイティブより2018年9月に出版された「本当によくわかるHTML&CSSの教科書」を読んだので、紹介したいと思います。

プログラミング学習サイト「Progate」の学習教材の制作を担当した方が書いた著書だということで、前から気になっていた一冊。
実際に読んでみて感じましたが、まさに表紙に書いてあるとおり丁寧でわかりやすいHTML&CSSの教科書になっていました。

「まさに表紙の通り」な内容

知識ゼロでもOK!と表紙に書かれてあるように、この書籍のターゲットはこれからHTML&CSSの勉強をはじめようという未経験者だと思います。

この本と比較対象になりそうなのは「スラスラわかるHTML&CSSのきほん」あたりでしょうか。
「スラスラわかるHTML&CSSのきほん」もわかりやすいですが、この「本当によくわかるHTML&CSSの教科書」も親切ていねいにわかりやすく書かれているため、初心者にオススメできる一冊です。もはや、どちらを選んでも問題ないレベルだと言えます。

この書籍の特徴

「本当によくわかるHTML&CSSの教科書」はどういう本かともし尋ねられたら、表紙に書いてあるとおりの本だと答えるでしょう。
それくらい丁寧に書かれてあってわかりやすい入門書だということです。

  • 教科書的な内容ながら、丁寧な説明でわかりやすい
  • シンプルでデザイン性のあるサイトがつくれる
  • シングルページ、グリッドレイアウトなどのレイアウトパターンを学べる

HTML&CSSの教科書となっているように、内容が教科書的になっているのも特徴的です。
文章のフォントが教科書で見かけるようなフォントになっていたり、大事な箇所が太字で書かれ、さらに黄色のマーカーも引かれてあります。
パッと見は教科書的ではありますが、文言はやわらかい印象でページの色づかいや図解、ポイントなどもやさしいテイストになっているため、難しい印象は与えさせません。

書籍の構成としては、まずはじめにHTML・CSSの説明から入り、ひととおりの知識を覚えたところでWebサイトの作成に入っていきます。
正直言って、未経験者の方だとはじめはちょっとわかりづらい、つまらないという印象を持つかもしれませんが、とりあえずサラッと流し読みしてみてChapter4のWebサイトの作成に進んでみるのが良いかと思います。
そして、Webサイトをつくりながらいまいち理解しづらいところが出てきたら、前のページに戻ってHTML&CSSの説明を確認すれば良いのです。


ここからは「本当によくわかるHTML&CSSの教科書」を読んで感じた良いところを何点か挙げてみたいと思います。

コードの行番号が書かれてある

この本を読んでいちばんありがたいと思ったのが、コードに行番号が書かれてあったことです。

この本だと基本的には上から順にコードを書いていくだけなのですが、はじめてHTML&CSSを勉強するという人だと、どこに追加して書けば良いのかわからなくなるといった小さな悩みが出たりすることもあるので、非常にありがたかったです。
使用するテキストエディタのBracketsにも行番号が表示されてあるため、本とエディタの行番号を見比べながら書き進められることができるのが便利で、意外とほかのHTML&CSS本にはない素敵なポイントでした。

ページごとにあわせた複数のCSSファイルで作成

一般的なHTML&CSS本だと、ひとつのCSSファイルにズラッと書き込むことが多い気がするのですが、この本では共通のスタイルをまとめたCSS、トップページのCSS、レスポンシブのCSSといったように、複数のCSSファイルをまとめて読み込むスタイルになっています。

単に次のページを作成していくだけでなく、Webサイトの効率的な作成方法などについて書かれてあったも、この本の印象的なところ。

ただCSSにコメント文の記述があったほうが、後になってメンテナンスする際により良いかなぁとは思いましたが……

ファビコンやOGPの設定についても記載

Chapter 6ではページのディスクリプションや、ファビコン、SNSでの表示設定など、Webサイトの集客についての内容が載ってあります。
metaタグやOGPの設定など、多くの人にWebサイトの内容を知ってもらうためのSEO対策についても、しっかりと丁寧にかかれてあるのも特徴的だなと感じました。

無料レンタルサーバーやファイルアップロードソフトをつかってのWebサイトの公開についても、きっちりと書かれてあります。

気になったところ

この本を読んで気になったところを挙げるとすれば、headerタグやfooterタグなどのHTML5についての説明がないところでしょうか。

あとはヘッダーのロゴとメニューを分けるためにfloatを使っていたのが気になった点。
サンプルのサイトをつくるながらHTMLやCSSについて説明していくスタイルになっているため仕方ないのでしょうが、その後でフレックスボックスについての説明もするのであれば、わざわざココでclearのdivを設けてやらなくても良いんじゃないかなぁと思いました。

初心者に間違いなくオススメできる良本

いろいろ長々と書いてしまいましたが、とにかく言いたいのはこれからHTML&CSSを勉強しようという方にオススメできる入門書であるということ。
こうしてちゃんと読んでみると、どうしてAmazonでの評価も高いのかうなずけます。

また、技術書なのに比較的価格がお安めになっているところもポイントでしょうか。この内容で2,000円を切っているのはリーズナブルではないでしょうか。

これからは初心者に向けたはじめの一冊として「スラスラわかるHTML&CSSのきほん」だけでなく、「本当によくわかるHTML&CSSの教科書」も挙げていきたいと思います。

2019年 J1リーグ順位予想[J.LEAGUE]

毎年サッパリ当たらないですが、もうすぐ2019年シーズンのJリーグが開幕するということで、順位予想をしてみました。

2019年 J1リーグ順位予想
順位チーム名
1ヴィッセル神戸
2川崎フロンターレ
3清水エスパルス
4名古屋グランパス
5ガンバ大阪
6鹿島アントラーズ
7浦和レッズ
8北海道コンサドーレ札幌
9横浜F・マリノス
10湘南ベルマーレ
11FC東京
12サンフレッチェ広島
13セレッソ大阪
14ベガルタ仙台
15サガン鳥栖
16ジュビロ磐田
17松本山雅FC
18大分トリニータ

今回は期待しているチームを上位に持ってきました。神戸はもちろん注目なのですが、個人的にいちばん気になっているチームが清水です。
長崎から中村慶太が移籍してきましたし、エウシーニョの加入など、しっかりと補強。あとは昨シーズン活躍した北川や金子などが同様の記録を残してくれれば、十分ACL圏内は狙えると思います。

J2から昇格してきた2チームを降格候補と予想していますが、客観的に見てしまうとやはりJ1とJ2では大きな隔たりがあると感じてしまいますね。

V・ファーレン長崎 2019シーズンがもうすぐ開幕

V・ファーレン長崎の2019シーズンJ2開幕まで、あと1週間といったところになりました。

過ぎてしまえばあっという間という感じですねぇ。メンバーの入れ替わりなどもあり不安もありましたが、パシフィックリムカップでのパフォーマンスを見る限りだと、「1年でのJ1昇格、そして優勝」という言葉もほんとに有限実行しそうな予感もしております。

結局、今年もVパスを購入しました。値段が高いと思いつつも、どうせ全試合見に行っちゃうだろうから、買っておくのが得な気がします。よりお得感を得るためにもルヴァンカップに出場してもらえると個人的にはうれしいですね。

ヴァン・ファーレン長崎

先日のフジゼロックススーパーカップのマスコット総選挙の際に、アナウンサーの方がチーム名を言い間違えるという場面がありましたが、これには思わず吹いてしまいました。

まさか未だに間違えてしまう人がいるとは…と最初は思いましたが、一年J1に居た程度では知名度的にもまだまだということなんでしょうね。

人によってはヴィ・ファーレンと読むのをなかなか覚えられないという方もいるでしょうし、いま現在サッカークラブの数が非常に多いのでいろいろとゴチャゴチャになってしまってもおかしくはありません。クラブ名とは関係ありませんが、高田社長だってJ1のことをゼイワンといってネタにしているくらいですし……

それよりも「V」をヴィと読ませることのほうが問題な気もしますし、Vのあとに「・」が入っていることでさらにややこしくさせている気がします。

V・ファーレン長崎 表記問題

そもそも「V・ファーレン」の正しい表記というのは、いったいどれが正解なんでしょうか。
「V」は大文字、小文字どっち?というのも気になりますし、「・」も全角や半角、さらにはハイフンと表記されてたりすることもあったりなんかして、文字を打つときにわかりづらいです。

アルファベットで表記するときも、エンブレムは「V・VAREN NAGASAKI」とありますが、海外などでは「V-Varen Nagasaki」とか書かれていることがあったりして、これまたわかりづらい。

V・ファーレンファンの人だって、ネットで検索するときはわざわざ「・」なんて打たずに「Vファーレン」とか「vvaren」など省略して入力してる人のほうが多いかと思います。

V・ファーレンという名前自体は言葉の響き的にもカッコよくて好きですが、表記する上ではわかりづらくて不親切なネーミングの付け方だと、この一件から感じてしまいました。