プロトセイバーエボリューション プレミアムをゲット!マーカー塗装に初挑戦

エボリューション!ハイパードルフィン走法!
というわけで、レッツ&ゴーのJクンのマシン「プロトセイバー エボリューション」のプレミアム版をゲットしたので、さっそく組み立ててみました。

プレミアム版かっこいい

リアルミニ四駆で登場したときのプロトセイバーEVOはクリアボディだったのを覚えていたのですが、今回のプレミアム版ではパープルのプボディになっています。
クリアボディだと自分で塗装しないといけなかったので、これは私にとってはありがたいですね。

そのボディなんですが、普通のプラボディの色味とはちょっと違う感じがして、塗装する必要ないくらいのかっこいい出来具合で驚きです。

シールもメタリック調になっていて、かっこよさもさらに2~3割増し!


GPチップ用のシールも用意されているのが、またニクいですね。

シャーシも飾るだけのメカニックなモノではなく、走ることができる最新のARシャーシを採用。

シャーシも昔と比べるとかっこよくなっていますねぇ。モーターを買うのを忘れていたので、ノーマルモーターをそのまま装着しました。
最近のモノは電池カバーをスライドしてはめることができたり、最初から後方にローラーをセッティングできるなど、設計もよく考えられていて感心します。

シャーシを組み立てたので、ボディを装着してついに完成!

といいたいところでしたが、よくみてみると中央のメカの部分のところだけシールがないっ!?


なんで、ここの部分だけシールが用意されていないんだよぉ(泣)

見ていると、ここだけが微妙に気になる…
ということで、中央のメカ部分だけ塗装することにしてみました。

マーカーを使っての塗装に初挑戦

説明書を読むと、中央のメカ部分の塗装はタミヤカラーの「X-11 クロームシルバー」が指示されています。(もうひとつ、コクピット?部分の横にある小さな穴の部分は、「X-18 セミグロスブラック」が指示されています。)
X-11 クロームシルバー

X-18 セミグロスブラック

塗装するのは一部分だし、スプレーや筆の塗装だと私には難しそうに思えたので、今回はマーカーを使って塗装してみることにしました。
今回選んだマーカーは、このタミヤの「ミニ4マーカー シルバー」です。


ミニ4マーカー シルバー

このマーカーを使ってさっそく塗ってみました。その完成品がこちら!
ジャジャ~ン!!

失敗したっ!(笑)

余計な部分にまで塗ってしまったので取ろうとしたのですが、うまく取ることができずに汚れた感じになってしまいました。
でも、マーカーで塗ったとは思えないくらい光沢感、メタリック感があったので、満足はしています。

マーカーをはじめて使ってみた感想なのですが、意外とマーカーのペン先がマジックのように太かったため(もっと細いペン先だと思ってた)、細かい部分が塗りづらく感じましたね…
今回は失敗してしまいましたが、ワンポイントの塗装なら手軽に活用することができるので、今後また塗る機会があったら試してみたいと思います。

他のマシンのプレミアム化も希望

リアルミニ四駆のプロトセイバーEVOが登場したということならば、同じくリアルミニ四駆のスピンコブラやスピンバイパーもいつかプレミアム化してくれるということですよね!
藤吉のマシンはまだどれもプレミアム化されていないと思うので、楽しみに待っている方は多いと思うんですよねぇ。
スピンコブラ

スピンバイパー

エボリューションは登場したので、初期のプロトセイバー JBもプレミアム化してほしいですね。
ブラックセイバーもプレミアム化してほしいですし、ブロッケンGなどのFMシャーシモデルもプレミアム化を希望!
こうして考えてみると、まだまだタミヤにはストックが残されているといえそうです(笑)

プロトセイバー JB

ブラックセイバー

ブロッケンG

まだまだプレミアム化されたマシンをあまり所持していないため、まずは発売済みのマシンを揃えていきたいですね。

爆走兄弟レッツ&ゴー 最速! サイクロンマグナム!!編

例のごとく、爆走兄弟レッツ&ゴーのコンビニ本第4弾となる「最速! サイクロンマグナム!!編」をゲット。
当時、私が小学生のときに買った、レイスティンガーと共にパシャリ。残念ながらARシャーシには載りませんでした…

まだ読んでないので、空いた時間に読もうっと。

当時の情熱がよみがえる。爆走兄弟レッツ&ゴー!! コンビニ本

先日、コンビニでレッツ&ゴー!!のコンビニ本をGETしてきました。
レッツ&ゴーといえばコロコロコミックで大ヒットしたミニ四駆漫画。
私は、この世代のちょうどど真ん中で、一番好きな漫画でした。その頃、小学生だった私は新マシンが出るたびに、買って揃えていましたね。ミニ四駆のコースも家にありましたし、父親によく肉抜きして改造してもらっていました。

それくらいどハマりしていたミニ四駆だったのですが、私が中学生になったのと、MAX編に突入して主人公が烈・豪から変わったことが受け入れられなくて、次第に離れていってしまいました。
そんな私もすっかり年齢的には大人となってしまいましたが、最近になって第3次ミニ四駆ブームが起こり、しかもレッツ&ゴーがコロコロアニキで再び連載されたのをきっかけに、再びミニ四駆に興味を持ち始めました。
そして、再び昔の漫画を読みたくなってきていたところで、このコンビニ本の発売を知って、ついつい買ってきてしまいました。

やっぱりレッツ&ゴーはこの絵のタッチじゃないとダメですね。ReturnRacersは、絵がかわいらしい雰囲気になっていて、なかなか馴染めないんですよねえ。
MAX編は読んでいないので、ぜひMAX編も出して欲しいです。

長い間、部屋の隅で眠っていたミニ四駆を引っ張り出してきました。

確か、コロコロコミックの応募者プレゼントか何かでもらったゴールドのサイクロンマグナム。今見ても、いまだにかっこいいですね。
当時の私はウイングのシールを逆さに貼ってしまい、MAGNUMの文字が引っくり返っています(笑)今も昔も、おっちょこちょいなところは変わってませんね…
また、ウイングの根元の部分はぽっきりと折れてしまっています。

最近になって、地元のゲームショップにミニ四駆のコースが設置されているみたいなので、一度走らせに行ってみたいなと思ってます。

追記(2016年)

レッツ&ゴー!のコンビニ本、MAX編まで含めて全て購入し揃えたので、読んだ感想をちょこっと。
こうして本を読んでみると、意外と短いというか頻繁にマシンが変わったりしているので、ちょっと驚きでしたね。
まぁ、コロコロコミックは月イチの発行ですからしょうがないかもしれませんが、話も短めであっさりとした印象に…
その分、アニメで話を補完している部分もあるのでしょうか。

MAX編をしっかりと読んだのは初めてでしたが、読んでみると面白い。
MAX編も話が短く終わってしまったのは残念ですが、今度はMAX編のアニメを見てみたいですね。MAX編は見たことないですし。
登場するマシンも今見れば、どれもかっこいい!MAX編マシンもプレミアム化してくれないかなぁ。