待ちに待ったPCケース「Dan Cases A4-SFX v4」がついに届きました!

先日、ついにSFFLABより待ちに待って待ち望んでいたPCケース「Dan Cases A4-SFX v4」が届きました!

購入までのいきさつ

私がこのA4-SFXの存在を知ったのが2019年の1月。SNSで知ったのがきっかけです。

私がこれまで使っていたのはWindows 7のメモリ4GBのHDDノートでして、2020年にWindows 7のサポートが終了するとあって、そろそろ買い替えを検討していました。

買い替えとしてWindowsノートPCやSurface、今まで使ったことのないMacBookなどを検討してみたのですが、注目したのが以前からちょこっとだけ気になっていた自作PCの存在。

自作PCは組み立てるのが難しい、PC本体が重くて大きいなど懸念していた部分があったのですが、くわしく調べてみると意外とつくるのは難しくなさそう、小さいPCを組み立てることもできるということを知り、Mini-ITX規格の自作PCに興味を持ちました。

そんななかで見つけたのが、このA4-SFXというPCケース。
Mini-ITXケースのなかでもコンパクトでありながら、フルサイズのGPU(グラフィックボード)が使えるというのが特徴のケースです。

小型のゲーミングPCがつくれるというのがこのケースの注目点なのですが、私が惹かれたのはこのデザイン。
アルミでシンプルなデザインで、ブランドロゴなど余計な装飾がないというのがポイントでした。私がノートPCを敬遠したというのには、こういった理由もあります。(ブランドロゴのないノートPCもあるにはあるが、なかなか気に入ったのを見つけられない)

購入までの流れ

私がこのA4-SFXのケースを知ったのが2019年1月で、そのときはまだバージョンがv3でした。
すぐv3を購入しようかとも思ったのですが、その時点ですでにv4の計画が出ており、値段もv3よりも値下がりするとあったので、早く欲しかったのですが販売されるまで待つことにしました。

v4の特徴のひとつ。前面のポートがUSB-Cになっています。

購入したのはSFFLABという海外のサイトからです。

SFFLABから申し込んだのが2019年の3月中旬で、プレオーダーというかたちでした。
そして発送するよと連絡があったのが4月28日で、実際に発送されたのが5月3日。

台湾からの発送ということで時間がかかるかなと思ったのですが、届いたのが5月8日で意外と早く到着しました。

初めての海外からの注文だったので不安があったのですが、支払いはクレジットカードがあればかんたんに注文することができますし、価格は199ドル(本体)+10ドル(送料)のみで、他に関税などはかかりません。

A4-SFXのサイトを見てみると、日本でも6月に販売予定とされてあります。

届いた感想

コンパクトと聞いていたのでどれだけ小さいのかと期待していたのですが、私がノートパソコンしか使ったことがないせいもあってか、思ったよりも小さくないというのがはじめの印象でした。

ニンテンドースイッチを並べてみるとこんな感じ。

届くまでに時間がかかると高をくくっていたせいで、まだPCパーツが揃っていません。
これから買い揃えて組もうと思いますが、私はゲームをプレイする予定はまったくないので、そこそこのミドルスペックあたりにしようかなぁと考えています。

組むのがドキドキです。

「はてなブログ デザインテーマコンテスト」で銅賞を受賞しました!

はてなブログで行われていた「はてなブログ デザインテーマコンテスト」で、私のつくったテーマ「Ja」が銅賞に選ばれました!

銅賞の賞品だった「はてなノベルティグッズ」も先日届きました!

はてなノベルティグッズ

トートバッグ。マチ付きで肩掛け用の紐があるのも地味にうれしい
真っ黒の表紙のノート。中はいたって普通のノートです
ステッカー。「思いは言葉に。」という言葉が良い

ひそかに銅賞のノベルティグッズ狙いだったので、受賞できてうれしいです。(金賞のAmazonギフト券もほしかったけど……)
正直この私がつくったテーマはシンプルすぎるので金賞は無理だろうなぁと思っていたのですが、銅賞ならイケるんじゃないかとちょっぴり思ってました😋

受賞でもらえるノベルティグッズもうれしいですが、はてなブログスタッフの方による選評もあって、選考理由がわかるのもうれしいですね。

テーマについて

私が公開しているテーマはどれもシンプルなモノばかりなのですが、これには一応理由があります。
私が結構チェックしているせいもあるかもしれませんが、個性やクセの強いテーマだと他の人のブログを読むときに「あっ、このサイトのテーマは○○だ」となって、サイトや記事の文章よりデザインの主張のほうにかき消されてしまう気がするんですよね。

ブログなどは文章を読むことに集中できて、テーマはひっそりと目立たないくらいがちょうど良いのではと思うんです。
公開するような汎用的なテーマでなく、個人オリジナルのサイトとかなら良いんでしょうけど。

今回つくった「Ja」はシンプルですが私なりの仕掛けも置いてあったりするので、そこのところの紹介やサポートも機会があれば今後載せてみようかと思っています。

また、現在ははてなブログはやっていないのですが、これを機に始めてみるのも面白いかもしれないですね。(Pro代をもっと安くして……)

auからプレゼントの「INFOBAR xv 専用ソフトケース」が届きました

auからINFOBAR xv 購入特典の「専用ソフトケース」が、私の手元にも届きました。

TPU製の透明のソフトケースになっており、付け外しも比較的かんたんに行えます。

装着するとコンパクトさは若干失われますが、持ったときにすべりにくい & 角に丸みができて痛くなりにくくなったので、持ちやすくなりました。

INFOBARの文字もよく見える

ソフトケースをつけた状態だと、裸のINFOBAR xvの形状にあわせてつくられた専用ケースや充電台にはハマらなくなってしまいます。

専用ケースのフタが閉まらなくなる
充電ポート部分に穴が空いているため、直接挿して充電することはできる

見た目を損なわずに保護性能が上がり、持ちやすくもなったことで私的には大満足となりました。
あとは頻繁に付け外しした際にガバガバになったり、経年劣化で変色したりしないかが気になるところですかね。

表紙の見た目とは裏腹な本格派の参考書「現場で使える最低限の知識がしっかりと身につく HTML/CSSデザインTextBook」

2019年3月にソシムより出版された「現場で使える最低限の知識がしっかりと身につく HTML/CSSデザインTextBook」を読んだので、紹介したいと思います。

この本は、大学で情報教育に携わる准教授の方とフリーランスのWebデザイナーの方による共著というのが独特で、特徴的になっています。

この本の特徴

  • 辞典としても使えるくらいHTML/CSSの仕様について細かく解説
  • 豆知識や役立つ情報を提供してくれる+アルファがおもしろい
  • ベーシックながらオシャレなデザインのサンプルサイト

HTML/CSSの仕様について細かく解説

准教授の方がHTML/CSSの解説を行っているということもあり、中身も予想以上に本格派で詳しく解説が書かれてあります。
入門書というよりは教科書、参考書に近い感じでしょうか。文章を読んでいると、まるで授業を受けているかのような感じになり、ふつうに教科書としても使えそうです。

全392ページという厚さもさることながら、文章と文章の間隔が詰まっている感もあるので、かなりのボリュームを感じます。私は眺めるだけでもお腹いっぱいになってしまい、読むのに相当時間が掛かってしまいました。

テーブルの解説だけで21ページも割かれていたりなど、HTMLについてみっちりとシゴかれるため、読み終わる頃には相当鍛えられているのではないでしょうか。

これだけ網羅されていると今まで知らなかったことも当然出てきて、ulにstart属性を設定することでリスト番号を変更して表示できたりとか、初耳なものも多かったです。

+アルファがおもしろい

ページの下部に「+アルファ」でひとことコメントが書かれていたりするのですが、それを読むのがおもしろいです。
ページに書いてある内容と直接関係のなかったりすることも多いのですが、役に立つコメント・アドバイスが多くあり、+アルファだけを読み漁るのも楽しいかもしれません。

サンプルサイトがオシャレ

第5章、第6章の応用編でコーポレートサイトを制作するのですが、そこで登場するサンプルサイトがベーシックながらもオシャレで制作意欲が沸き立つモノになっています。
この辺はさすがWebデザイナーの方が担当しているといったところでしょうか。ちょっと駆け足気味なのが残念だったりもしますが、CSS設計にも触れていたりと、現場でのWebサイトづくりの雰囲気も味わうことができそうです。

惜しいところ

こんなにHTML/CSSの仕様について詳しく書かれているのであれば、リファレンス本として割り切っても良かったじゃないかとも思えてきます。調べたいときにどこに何が書かれてあるか、索引しづらいのもマイナスかもしれません……

表紙のデザインは良いのですが、素材が薄いクラフト紙になっているのも私にはマイナスでしょうか。私は乱雑に扱っていたせいもあり、すでに汚れやダメージがちょっと付いてしまいました。しかし、味があるデザインになるとも言えるので、これはこれでアリなのかもしれません。

さいごに

HTML/CSSの入門書となっていますが、この本は初心者にはまったくもってオススメできないシロモノです。
HTML/CSSの仕様について詳しく知りたい方や、これからWebデザイナーになりたいという学生などに向いている本だと思います。

私にはちょっと読みにくい本でしたが、しっかりと読み込んで理解できれば、HTML/CSSの仕様について造詣が深まるでしょう。読んで勉強になることは間違いナシです。

デザインも学べる読みやすい入門書「1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座」

2019年3月にSB Creativeより出版された「1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座」を読んだので、感想を述べたいと思います。

人気ブログ「Webクリエイターボックス」の中の人であるManaさんが著者であるということで発売前から気になっており、予約買いしてしまいました。

この本の特徴について

これからWeb制作をはじめようという初心者を対象とした一般的なHTML&CSSの入門書ですが、特徴的なのはWebデザインに関する役立つ情報や解説が数多く紹介されていることです。
さわやかな色合いや説明だけでなく図やイラストも多様されていることで、すっきりとした印象で読みやすいです。

本書内のWebサイトのユーザビリティ(使いやすさ)に関するページにて「専門用語を使わず読みやすい文章にする」と書かれてあるのですが、この本もまさにその言葉どおり簡潔で読みやすい内容につくられています。

また、サンプルでつくるWebサイトもManaさんのポートフォリオサイトのようなテイストのデザインで、らしさがあって好感が持てます。

サンプルのサイト

実践でフルスクリーンや2カラム、タイルレイアウトのページをつくることができるのですが、便利なフレックスボックスやCSSグリッドを使うことで、いともかんたんにおしゃれなサイトを実装することができてしまいます。

気になったところ

読んでみて気になったところを2点ほど挙げておきます。

Webサイト制作のときに記述するCSSのコードなのですが、追加するコードのみしか書かれていないため、どこに追加して書けばよいのかが初心者にはわかりづらいかなと思います。

別に上から順番に記載していってもいいんでしょうし、サンプルのコードを見たりすればわかりはするのですが、指示がもうちょっとしてあるとよかったかなぁと感じました。

あとコードについてですが、P.206の.footerに指定してあるmargin-top: 50px;は不要かと思われます。
ダウンロードのサンプルにあるコードには書かれてありませんでしたし、私の場合だとContactページのところに余分なスペースが生まれてしまいました。

フッターとSNS部分の間に余分なスペース

最後にひとこと

「1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座」はHTMLやCSSの基本だけでなく、Webデザインについての基礎も学ぶことができるという欲張りでぜいたくな入門書です。
デザインのトレンドなども紹介されていたりするため、もし読むのであれば早いうちに読むのがおすすめです。

わかりやすいのはもちろんですが、私が普段ブログを読んでいる方が執筆した本であるということからか、技術書でありながら文章から人が見える・感じられる一冊になっていると感じました。(うまく言葉で伝えられないのが残念ですが……)