Splatoon2 目標だったガチマッチ全ルールウデマエ X ついに達成!!

スプラトゥーン2で目標にしていたガチマッチ全ルールウデマエXをついに達成することができました!

ランク64での達成。Xまであげるの大変だった……

時間と根気さえあれば誰でもXに行けるというのは、ある意味ほんとかもしれません。

ここからは、全ルールウデマエXを達成するまでに気づいたことや思ったことなどを述べていきたいと思います。

連勝モード・連敗モードは存在する

さすがにXに上がるまでやっていると、連勝モード・連敗モードは確実にあるのではないかと感じました。

最後にウデマエXになったガチヤグラでは、連敗でS+8からS+6に落ちて、そこから一気にXまで駆け上がりましたからね。
巷でいわれている5割マッチングも結構当てはまるかもしれません。

なので私の場合、連勝していて調子良かったのに負けだしたなぁと感じたりしたら、ナワバリバトルやサーモンランなどで息抜きをしてやり過ごしていました。
それにこのゲームはイライラしたり焦ったりして頭が回らなくなることがいちばんプレイに良くないことですからね。負けたらスッパリやめるというのもアリですね。

私のガチマッチでの戦い方

各ルールでの私が意識していた戦い方をかんたんに紹介しておきます。

ガチエリア

  • エリア管理をしっかりする
  • 仲間とあわせてスペシャルで打開
  • 前に突っ込みすぎて返り討ちにあわない

このルールがいちばん仲間との協力が必要になるルールかもしれません。相手にエリアを奪われたらしっかりとスペシャルをためて、連携して奪い返すことが重要になります。また、逆に相手が打開してきたときに合わせてスペシャルで反撃して取らせないことも大事ですね。

私が主に使っていたのはデュアルスイーパーカスタム。射程を活かして塗りを第一に、アメフラシで圧をかけるスタイルで戦っていました。スライドを使いこなせなくても立ち撃ちできるのが強み。スライドは回避にも使えます。ただインク管理と立ち撃ちだと威力が弱いのが難点です。

ガチアサリ

  • 塗り意識をしっかり。塗りがいちばん有効なルールだと思う
  • 全滅しない
  • 相手ターンになったとき、なるべくアサリを拾わせないよう先に回収する

ガチアサリはいちばん私が苦手なルールだと思っていたのですが、基本的な立ち回りなどを理解すると案外面白くて、キルできない私でも勝てるルールでした。
私が意識したのはとにかく塗ること。主に使用したのは、もみじシューターとプライムシューター。塗って塗ってアメフラシで押し込むというスタイル。

カウンターアサリはすぐ拾うのではなく、攻撃時にジャンプで一気にダンクを決めちゃうのがおすすめの使い方。また単発ではなく複数のガチアサリをつくって、複数のエリアから攻め込んでプレッシャーをかけるのが強いです。

ガチホコ

  • 思い切って突っ込んでみる。進軍かホコショットを打つかの判断も必要
  • 防衛時突っ込むとすぐやられるのでボムでけん制
  • 潜伏で確実にホコを止められる位置を覚えておく

ガチホコは一瞬で勝負が決まってしまうこわいルール。初動で決まってしまうこともありますし、判断力が求められます。ガチホコは攻め込むよりも防衛することのほうが難しい。一人ひとり溶けていくのがこわいので、遠くからボムを投げて威嚇したり、潜伏してホコを止めるのもいいかも。

ガチヤグラ

  • ひたすらボム投げでヤグラを進ませない
  • ヤグラまわりをちゃんと見る
  • 乗ることが大事

S+の序盤のほうまではアメフラシでヤグラを進ませない作戦を実行していたのですが、途中から勝てなくなってきたので遠くからボムをヤグラに投げて前に進ませないやり方でXまで上げました。
そこで私が使っていたのは、スプラシューターベッチューとプロモデラーMG(銀のほう)。プロモデラーなどの短射程は弱いとされていますが、イカニンジャをつけると意外とやり合えます。またヤグラへはキューバンボムをひたすら投げ込むことで進ませないように意識していました。

目標を達成後、これから

目標をようやく達成することができたので、ここからはエンジョイ勢としてのんびりやっていきたいと思います。

ウデマエXという称号のためにやっていましたが、実のところをいうとそんなにガチマッチは好きじゃないんです。一戦一戦集中してすごく疲れますし、ナワバリやサーモンランのほうが私は好きなのです。

またスプラのプレイ時間を少し減らして他のことにも取り組みたいですし、今度でるポケモンとかやってみたいなぁと思ってます。
正直、S+0からXまで上げるのはかなりの苦行なので、ウデマエXとかいうみてくれを気にしない人はチャレンジしないことをおすすめします。
はっきりいって時間のムダですよ……(それでも達成するとうれしいですけどね)

スプラトゥーン2 ついにようやくはじめてのウデマエXに到達!

最近になって、ふたたびスプラトゥーン2熱が再燃している私。

発売から約1年が経ちましたが、ついにようやく私もはじめてウデマエXに到達することができました!

ガチエリアではじめてのウデマエX

まだウデマエXが導入される前に全てのルールでとりあえずS+に昇格して、それからは主にサーモンランばかりプレイして放置していたのですが、やっぱりウデマエXに到達してみたいと思いが次第に強くなり、チャレンジしてみました。

ウデマエXに達したルールはガチエリアで、デュアルスイーパーカスタムを使っていました。塗りとデスを減らすのを意識し、スペシャルであるアメフラシを積極的に活用。デュアルがアップデートによりメインインクがカツカツになったので、ギアにはメインのインク効率アップとスペシャル減少を取り入れていました。

S+にいける実力があるならウデマエXに到達は可能

ガチマッチでウデマエがS+にいける実力があるのであれば、ウデマエXに到達することは十分に可能であると、経験してみて感じました。

時間と根気さえあれば、きっと達成することができるはずです。

コツというか、大事なことはガチパワーの数値です。私がS+からXに上がるまででいちばんキツかったのが、S+0~S+2くらいの間だったのですが、それはガチパワーの低さが影響していました。
ガチパワーが低いと、メーターが上がりにくく割れやすくなっており、スムーズに上げていくためにはガチパワーを上げることが必要になります。

ガチパワーを上げるために必要なのは連勝することです。私も勝てずにS落ちしてしまったこともあるのですが、続けていると連勝できる流れの良いときって来るんですよね。
ガチパワーが1800台のときがいちばんキツかったです……勝っても全然上がらないし、1敗しただけですぐにパキンと割れてしまうこともありました。しかし、連勝することでガチパワーが徐々に上がっていき、1900台や2000台でもそれなりの成績を残せるようになると、あとは比較的ラクになります。S+2以降くらいからはほぼストレートで上がることができました。

また、得意なステージを見つける、選ぶというのもおすすめです。時間によって都合がつかないときもあるでしょうが、得意なステージを選ぶことで勝ちやすくもなります。

他に意識したこととしては、一度負けたら一旦休息を取ってみるのも良いかもしれません。息抜きにサーモンランでバイトしたり、良くなかった点を振り返りしてみたりすることで、イライラだったり熱くなった感情や気分をリフレッシュさせていました。

ウデマエXまでの長かった道のりとかんたんなアドバイス

結構好調に進められていたので光っていたことも多く、何とか5割以上の勝率は出せていたと思います。S+は0~9までありますが、ガチパワーは高くても2000台までしかなかったので、S+0~9で実力に大きな差はないと思われます。同じS+でも体感であれ、意外と弱いと感じる人もいれば、めちゃくちゃ強くて勝てる気がしないという人とも当たりました。

私がキャリーできた試合もあれば、ただ塗ってるだけで勝てた試合、何もできず負けた試合もあったりしたので、あきらめずにがんばることが肝心だと思います。
ガチエリアでの私なりのコツというかアドバイスを挙げるとすれば、エリア管理と時間を意識することと、前につっこみすぎないということを心がけていました。
私は対面力があまりないので、前につっこんでも逆に返り討ちされることが多いですし、エリアや残り時間を意識していなかったことで、逆転負けなんてことも数多く経験してしまいました。

その経験があるからこそ、ウデマエXにたどり着けたのかもしれませんが、安定感を高めるためにはこれらのことを心がけておいたほうが良いかもしれません。

ともあれ、まだ1つのルールではありますが、ウデマエXに到達することができて非常に満足、ハッピーしております。
残りのルールもXに上げたいところですが、時間がかかりすぎるのが難点ですね。その他のルールはまだS+1~2をうろついているので、そこからXに到達するのは非常に長い困難な道のりとなりそうなので、これからは気楽にやっていこうかなと思います。

やってみたかったウデマエXポーズかっこいい!

クマさんのおかげでSplatoon2 サーモンラン 初のカンスト達成

クマさんのおかげでSplatoon2のサーモンランにて、初のカンストを達成しました。

まぁ、あれもこれもクマさん武器のおかげなんですがね…

比較的かんたんだったとはいえ、やはりここまで上げるのは大変でしたよ。

一応目標であったカンストも達成できたので、今後はのんびり気楽に遊びたいと思います。

最近になって私が使っているプロコンの左スティックの上方向の調子が悪くなってきました……
上方向を押しっぱなしにしているのに、途中で止まったような動きになったりするんです。
それで少し調べてみると出るわ、出るわ、プロコンの故障情報が(笑)

買って1年間は修理代無料らしいのですが、私の買ったスプラカラーのプロコンはもうすぐで1年になるので、修理に出したほうが良いのか迷っているところです。

[Splatoon2]サーモンランのキホン!最初の動きで意識すること

Splatoon2のモード「サーモンラン」にハマり中の私。今のところ、スコアの最高記録は710!(時間と体力さえあればどこまででもいけそう)
今回は、そのサーモンランの基本中のキホンともいえる、最初の動き(カウントダウンしてからWAVEが始まってすぐ)で私が意識して行っていることを紹介します。

まずは塗ろう!

サーモンランといえども、やっぱりスプラトゥーンで大事な基本は塗り
最初のうちにできるだけ足元を塗っておくことで、移動がしやすくなります。
あと、よく通過するであろうルートの壁も塗っておくこともオススメです。
金イクラの運搬や、敵におそわれてとっさに逃げるときにも役立ちます。

オオモノシャケの居場所を知らせる

はじめはメンバー4人バラバラの位置にポジションをとっておいて、すぐにどこにオオモノシャケが現れたかを「カモン」で知らせておきましょう。
すばやく知らせることで敵を倒す時間も短くすることができますし、負担を少しでも軽減させることができます。


他に最初の動きで意識していることといえば、プレイしている現在が第何WAVE目かというところでしょうか。
サーモンランをずっとプレイしていると、これが何WAVE目だったか忘れてしまっていることがあります。
クリアして終わってみたら、もう第3WAVE目だったのかということも多々あります。
始まる前に意識しておくことで、スペシャルの使い忘れとかも防げます。
あとは波の高さや、夜かどうかなどを確認しておくことでしょうかね。

サーモンランの小ワザ!WAVE開始前の波の高さから水位を確認する

スプラトゥーン2の発売以降、サーモンランにハマってずっとやっている私。
ナワバリバトルそっちのけでプレイしています。そのおかげでお金たまりまくり。

発売してから期間も経ったことで上手なプレイヤーも増えてきてはいますが、やっとニンテンドースイッチが手に入ってこれからスプラトゥーンをプレイするぞ!という方もいるかと思います。

ここでは、私がこれまでプレイして身につけたサーモンランの小ワザ・テクニックを紹介します!
今回は、WAVE開始前の波の高さで水位を確認する小ワザです。

WAVE開始前に波の高さを確認する

サーモンランでは各WAVEで毎回、海の水位(水面)の高さが変わるのはプレイしたことがある方ならご存知かと思います。
その水位の高さは、WAVEが開始する前のカウントダウン時のエフェクトで確認することができるんです。

WAVE開始前のカウントダウンしているときに画面下部をよ~く見てみると、波のエフェクトを確認することができます。
この波の高さによって、水位の高さ(干潮・通常・満潮)を確認します。

干潮時の波の高さ

通常時の波の高さ

満潮時の波の高さ

波の高さの比較

画像左から干潮時・通常時・満潮時

こうやって画像を並べて確認してみると、波の高さの違いがわかりやすいですね。

サーモンランは呼びかけが大事

はじめはいちはやく確認するのはなかなか大変かもしれませんが、慣れてくるとすぐにパッと波の高さに気づくことができるようになります。
それでも、たまに開始前にスマホをイジったりしていて確認し忘れて、見逃したりすることがあります(笑)
そんなこともあるので、干潮時のときは余計なおせっかいになることもありますが、毎回「カモン」してあげるのが良いかもしれません。