2019年 J1リーグ順位予想[J.LEAGUE]

毎年サッパリ当たらないですが、もうすぐ2019年シーズンのJリーグが開幕するということで、順位予想をしてみました。

2019年 J1リーグ順位予想
順位チーム名
1ヴィッセル神戸
2川崎フロンターレ
3清水エスパルス
4名古屋グランパス
5ガンバ大阪
6鹿島アントラーズ
7浦和レッズ
8北海道コンサドーレ札幌
9横浜F・マリノス
10湘南ベルマーレ
11FC東京
12サンフレッチェ広島
13セレッソ大阪
14ベガルタ仙台
15サガン鳥栖
16ジュビロ磐田
17松本山雅FC
18大分トリニータ

今回は期待しているチームを上位に持ってきました。神戸はもちろん注目なのですが、個人的にいちばん気になっているチームが清水です。
長崎から中村慶太が移籍してきましたし、エウシーニョの加入など、しっかりと補強。あとは昨シーズン活躍した北川や金子などが同様の記録を残してくれれば、十分ACL圏内は狙えると思います。

J2から昇格してきた2チームを降格候補と予想していますが、客観的に見てしまうとやはりJ1とJ2では大きな隔たりがあると感じてしまいますね。

2018年 J1リーグ順位予想[J.LEAGUE]

もうすぐ2018年のJリーグが開幕するということで、去年に引き続きJ1リーグの順位を予想してみました。
今季のJ1は特別!だって地元クラブ V・ファーレン長崎が昇格したんですもん。

2018年J1リーグ順位予想

順位チーム名
1鹿島アントラーズ
2川崎フロンターレ
3セレッソ大阪
4柏レイソル
5ガンバ大阪
6ジュビロ磐田
7浦和レッズ
8横浜F・マリノス
9FC東京
10ヴィッセル神戸
11名古屋グランパス
12サガン鳥栖
13V・ファーレン長崎
14北海道コンサドーレ札幌
15湘南ベルマーレ
16サンフレッチェ広島
17ベガルタ仙台
18清水エスパルス

V・ファーレン長崎は、期待を込めて13位にしてみました。長崎には世間一般では知られていない選手が多いですが、J1でだって十分通用する実力は持っています。ファンマや中村慶太、翁長あたりは特に期待している選手です。
長崎は降格候補と言われていますが、それでも自動昇格で上がっているチームですからね。あの福岡や名古屋より上だったんですよ。
あとは新戦力がどれだけプラスに働いてくれるか。昨季からの勢いそのままにチームが仕上がってると良いんですけどねぇ。
開幕からのスタートダッシュで何とか勝点を稼いでおきたいところです。
長崎よりも下位に予想したチームがライバルとなりそうなので、そのチームとの直接対決には勝ち、上位チームにはなるべく負けないことが降格を免れるために必要となるでしょう。
負けずにコツコツ勝ち点を積み上げること!これが残留のための大事なポイントです。

(実はひそかにACLなんてのも期待してたりもするんですけどね……J1昇格初年度からいきなり上位に食い込むなんてこともあったりしますし……)

2017年J2リーグ順位予想[J.LEAGUE]

もうすぐ2017年のJリーグが開幕するということで、去年に引き続きJ2リーグの順位を予想してみました。
去年はプレーオフ圏内のみの予想でしたが、今年は全順位を予想してみましたよ。
上位と下位は割りととすんなり決まったのですが、中位は難しすぎて何度も並び替えていじってしまいました(笑)

J1リーグの予想も行っているので、もしよかったらそちらもどうぞ。

2017年J2リーグ順位予想

順位チーム名
1京都サンガF.C.
2名古屋グランパス
3アビスパ福岡
4松本山雅FC
5横浜FC
6東京ヴェルディ
7湘南ベルマーレ
8V・ファーレン長崎
9モンテディオ山形
10ジェフユナイテッド千葉
11FC岐阜
12ファジアーノ岡山
13愛媛FC
14カマタマーレ讃岐
15徳島ヴォルティス
16FC町田ゼルビア
17レノファ山口
18水戸ホーリーホック
19大分トリニータ
20ザスパクサツ群馬
21ロアッソ熊本
22ツエーゲン金沢

優勝は京都サンガを予想してみました。闘莉王や大黒が入ったことでさらに戦力の厚さを増して、十分J1優勝を狙えるだけの陣容が揃っているのではないでしょうか。あとは戦術がどうチームにフィットして、うまくまわることができるかというところでしょう。

戦力ということでいえば、名古屋と福岡が抜けている感じがします。名古屋は風間監督が就任したこともありますし、戦術理解が深まっていけば一気に駆け抜けていってしまうかもしれません。例えうまくいかなくても、この能力で乗り切ってしまいそうです…
福岡も、前線は数チーム分の戦力を保有しているんじゃないかというくらいの在庫を確保していて、去年J1にいたときよりも本気度が高くて強いんじゃないかという噂…

松本、湘南はJ2では強豪と化するので、今年も上位争いに絡んでくるでしょうねぇ。
しかし今回、私がプレーオフがかかる6位以内には、横浜FCと東京ヴェルディを選んでみました。

横浜FCは去年活躍したイバも健在ですし、ヨンアピン、増山らが入ってきてイケるんじゃないかと予想。

ヴェルディは新監督になってやってくれるんじゃないかという期待と、若手の活躍、そして長崎で見ていた梶川が他クラブでも輝くところを見てみたい。

岡山はこの順位につけていますが、矢島のいない岡山はこわくないという気がしたので、低く予想しています。
千葉もメンバーだけ見ると、上位にいけるだけのタレントは揃っていますが、ヤラかしそうという気配がただよっている感じがして…

とりあえずはこんなところでしょうかねぇ。
私は長崎ファンではありますが、厳し目で見てこの順位にしてみました。
他の順位予想を見ていると、前評判低い感じがしますが、十分J1だって狙えるメンバーは揃っていると思えるんですよねぇ。
あくまでメンバーだけは、ですけど…そこにチームの戦術などが絡んでくるとどうかなっていう感じですかね。
前評判が低いのは、昨年の結果が影響しているんでしょう…
それを覆すだけの躍進っぷりを見せてもらいたいものです。

2017年J1リーグ順位予想[J.LEAGUE]

もうすぐ2017年のJリーグが開幕するということで、去年に引き続きJ1リーグの順位を予想してみました。
大方の予想は今年も鹿島が優勝するんじゃないかという見方が強いようですが、私もそう思います(笑)
でも、今回は思い切ってみましたよ!
ということで、こんな順位予想になっておりますのでご覧ください。

2017年J1リーグ順位予想

順位チーム名
1川崎フロンターレ
2セレッソ大阪
3浦和レッズ
4鹿島アントラーズ
5ガンバ大阪
6横浜F・マリノス
7柏レイソル
8ヴィッセル神戸
9FC東京
10サンフレッチェ広島
11サガン鳥栖
12ベガルタ仙台
13大宮アルディージャ
14ジュビロ磐田
15ヴァンフォーレ甲府
16北海道コンサドーレ札幌
17アルビレックス新潟
18清水エスパルス

優勝には川崎を予想してみました。風間監督や大久保が抜けてしまったのは痛いですが、家長が入りましたし、小林のワントップになるようなので、点を取ることだけに集中できてさらに得点量産できるんじゃないかと期待。

ACL組を軒並み上位に予想しているんですけど、ACLと上手く並行できるかというところもポイントになりそうです。どこかしらは必ずうまくいかなくて調子を崩すチームが出てきますからねぇ…

ということで思い切って2位に選んだのがセレッソ。昨年のJ2での結果を見ると、なかなかつけられない順位だとは思いますが、監督もJ1でも実績のあるユン ジョンファン監督に代わり、清武が入ったのは絶大の補強ではないですか…
メンバーをみると清武、柿谷、山口、杉本など強力なタレントぞろいで、かつて良かった頃のセレッソを取り戻すことができたら、ガンバみたいにJ1昇格即優勝だってありえるのではないでしょうか。

やっぱり何だかんだ言っても、結局は戦力が大事というのはありますからね…
残りの昇格組の札幌と清水は厳しいのではないかなぁと予想しています。

ここからは各チームについて、ひとことずつコメントを残していこうと思います。

各チームについてコメント

川崎フロンターレ

大久保が抜けた穴も家長が入って埋めることができましたし、さらにセンターバックにマイケルを補強ということで、しっかりとした体制が整ったのではないでしょうか。まぁ、新監督になってチームがどう変わるのかというところと、小林が怪我しないかということだけは気になりますかね…
優勝と予想した後にエウシーニョが怪我したというニュースが…

セレッソ大阪

メンバーだけを見ると優勝候補に挙げてもおかしくない選手が揃っています。Jに帰ってきた清武もまだまだ海外でも十分やれる実力でしょうし、柿谷、山口らが持っている本来のパフォーマンスを発揮できれば、優勝だって十分に可能ではないでしょうか。ノッたら強いだろうなぁというチームでしょうね。

浦和レッズ

去年の結果を踏まえて大型補強を敢行するかと思いきや、ふたを開けてみると枚数を増やして戦力を拡充したという印象。悪く言えば、パッとしない補強とも言える…
それでも、J2から上がってきた長澤と矢島には大いに期待しています。マイナス要素が少ないので、安定した成績は残せるのではということから、この予想となりました。ACLも勝ち抜いてくれるといいですけどね。

鹿島アントラーズ

J1優勝に加え、CWCでの活躍で資金が潤沢になったのか、強力な補強を行った鹿島。ACL優勝も狙うという意欲がムンムンと感じられる充実ぶりとなっています。唯一の心配点は、これだけのタレントを石井監督がどう上手く回して扱うかというところ…
ACLとの兼ね合いもあると思うので、あえて優勝とは予想しませんでした。

ガンバ大阪

ディフェンスに三浦とファビオを加えたのは高評価。ですが、前線が物足りないかなぁという印象ですね…
アデミウソンはやってくれるでしょうが、長沢だけだとある程度のところで限界がきてしまうのではないかなという感じも…
ガンバもACLがあるので、新加入の井出や泉澤がどれだけフィットするのかというのもポイントでしょうね。あと、堂安には期待しております。

横浜F・マリノス

シーズンオフにいろいろといざこざはあったみたいですが、このメンバーを見ていると意外とイイんじゃない?イケるんじゃない!?という補強はしています。順位がどうなるかは、新加入の助っ人選手次第でしょうねぇ。当たれば大きいでしょうが、スカしたときの絶望感はデカそうです…

柏レイソル

前線を見るとオラ、ワクワクすっぞっ!というタレント揃いですが、後ろの寂しい感じは少し気になる…
センターバックを組む中谷、中山の若手コンビがブレイクすると順位も面白くなるのではないでしょうか。右サイドバックの今井は今シーズン活躍を期待している選手の一人。

ヴィッセル神戸

良い補強をしているなぁと思っていたのですが、やはりペドロが抜けたのは痛いかもしれません。ここにポドルスキが入っていたら、磐石の布陣であったはず。代わりにこのポジションに入るであろう、田中や渡邉、小川らの活躍に期待するしかありませんね。

FC東京

大型補強で今年はイケる感が強いFC東京ですが、予想のスタメンを見てみると「んんぅっ…?!」というそんな声が漏れそうな、意外とそんなに強くなさそう感もして、予想するのが難しいところ。
橋本、米本がボランチに入って、髙萩がトップ下で使われたりすると面白くなりそうと個人的には思っています。

サンフレッチェ広島

トップに工藤が入ったのは大きいですが、それ以外は代わり映えしない感じがして、新鮮味が薄れてきているような気がするというのが最近の広島。それでもそれなりの成績は残せるんでしょうけどね。
長年スタメンを張ってきた千葉や塩谷などからポジションを奪うくらいの選手が出てこないと、新しい風は吹いてこないのではないでしょうか。

サガン鳥栖

サガンも補強に成功しているというイメージですね。どちらかというと、味のある渋めの選手が多めという感じがして、爆発するまでの躍進はないのではないかと思っているのですが、私の予想することは大概当たりませんからねぇ~…
5シーズンぶりに帰ってきた小野 裕二がどれだけ成長しているのかという部分は気になりますね。

ベガルタ仙台

今年何気に一番注目しているチームであります。ベガルタの3-4-2-1が、どこまで通用するのかというのが今から楽しみです。
奥埜と石原はシャドーの経験もありますし、サイドの菅井は位置が上がることでより攻撃に絡んでくるんじゃないかというワクワクもある、ワントップの平山が爆発するのも見てみたい。
このフォーメーションは、ベガルタのスタイルに合致するのではと思っております。
私が注目したチームは低迷するというジンクスがあるとか、ないとか…(笑)

大宮アルディージャ

家長の代わりに大前が入って、どうチームに変化がうまれるのかが気になるところ。新加入の瀬川の活躍にも期待したいですね。
去年の内容、成績からするとそんなに大崩れしそうにはないのですが、どこからほころびが生じるかもわかりませんからね…

ジュビロ磐田

中村 俊輔が入ったのは間違いなく大きな補強ではありますが、1年間やれるかで変わってくるでしょうねぇ。
もう一人、気になるのはムサエフ。磐田の助っ人選手は当たりが多いので、こちらも当たりならもう少し上に来るかもしれませんが。
ジェイの代わりが川又というのも物足りない気がします…ということで順位予想は低め。

ヴァンフォーレ甲府

メンバーだけ見ているとJ2に落っこちそうな予感しかしないのですが、脅威の残留力を発揮して残りそう…という理由で15位に選びました。
それでもドゥドゥ、ウイルソンはやってくれそうですし、というかこの二人がやってくれないとダメでしょうね…
吉田監督には昨季から引き続き期待しています。

北海道コンサドーレ札幌

去年のベースに加え、補強もそれなりに行えて、J1ではどうか!?というところでしょうが、昨年終盤の失速が今年にも響いてないかが気になります。都倉やジュリーニョ、ヘイス、ク ソンユンらがJ1でもどれだけ通用するかも見所です。

アルビレックス新潟

主力が抜けてスカスカに見えてしまい、降格予想にしてしまいました。どうなるかはもう新加入選手次第でしょうね…
新外国人選手が、レオ シルバのように当たりであることを願うしかありませんね。
個人的に矢野は前のほうで使ってほしいという希望があるのですが…

清水エスパルス

大前が移籍してしまったのはさすがにマズいでしょう。鄭 大世と大前の2トップの破壊力がウリだったわけですから、その一角が抜けてしまったのは痛すぎます…
何気に川口や三浦と守備陣も抜けちゃってますし、J1で戦えるだけの準備が出来ているのか…
若手選手のブレイクに期待するしかないんじゃ…

2016年J2自動昇格・プレーオフ進出チーム予想の結果と答え合わせ

書くのが遅れてしまいましたが、ここで開幕前に予想していたJ2の自動昇格、プレーオフ進出チームの予想の答え合わせをしてみます。

2016年J2自動昇格・プレーオフ進出チーム予想

2016年自動昇格・プレーオフ進出チーム予想の結果

順位チーム名予想
1北海道コンサドーレ札幌11
2清水エスパルス4
3松本山雅FC6
4セレッソ大阪1
5京都サンガF.C.2
6ファジアーノ岡山7

もうボロッボロですね(笑)この成績に思わず笑ってしまいます。それだけJ2はどこが勝つか予測のつかないということをあらわしているかもしれませんが。
開幕前に予想していたジェフは中位に沈み、北九州に至ってはJ3降格してしまってますからね?

私が開幕前に書いていたコメントを読んでみて、1位で昇格を決めた札幌と期待どおりとはならなかったジェフや北九州など、長崎を含めて比べてみると、新戦力がうまく当たったかどうかがカギになっていたかもしれません。
長崎は私が開幕前に懸念していた守備の不安が見事に現実なモノとなってしまいました…

毎年波乱が起きるJ2ということを予想を通じてからもあらためて感じさせられますね。