FIFA17のウイイレにはないリアルだと感じた細かな部分

今年はJ1クラブが収録され、話題となっているサッカーゲーム「FIFA17」。
私はFIFAシリーズほぼ初プレイで、発売日に買ってからプレイしていますが、面白くてハマっています。

ウイイレ2017も購入してプレイしましたが、現在のサッカーゲームNo.1は間違いなくFIFAであると断言できるクオリティです。
実況で選手名を間違えたり、Jリーガーの顔はひどいレベル(笑)で、選手の雰囲気ぐらいしか感じられないのですが、全体でのグラフィックに関しては選手やスタジアムなどの一体感というか、雰囲気が統一されていて、ウイイレよりもFIFAのほうが個人的には好みですね。

まぁ、プレイしてみて何より思ったのが、リアリティあるサッカーを楽しめるというところですね。
単純にサッカーゲームとして、試合をプレイしていて面白いです。
ところどころの細かい選手の動きやしぐさ、試合の演出などリアル感があって、プレイする気持ちを高ぶらせてくれます。

もっとFIFAの魅力を伝えたい、知ってもらいたいと思い、今回は私がFIFA17をプレイしてリアルだと感じた、細かな部分について紹介します。

実際にプレイしているかのような操作感

ウイイレだとPKのシーンはシュートを蹴るコースを選択するのみですが、FIFA17は助走から自分で操作することができるんですよね。
これによって相手との駆け引きをよりもっと楽しめます。

The JourneyモードのFAカップ決勝、延長PK戦での場面。


その後、味方がどこ蹴っとるねん!というシュートで外し、試合には敗れてしまいました…

スローインのシーンでも、FIFA17だとスロワーを移動することができます。

ウイイレはスローインのときは選手の位置は固定なので、相手にマークされると出すところがなくなったりするんですよね。

また、FIFAはボールが外にでてスローインになっても、シームレスでボールボーイがボールを渡してくれたり、選手が外に出たボールを取りにいったりします。(ちょっとゆっくりなので、スキップしちゃうこともありますが…)

バニシングスプレー

フリーキックの際に、守りの壁の選手の足元に引かれるバニシングスプレーも再現されています。
FIFAにはバニシングスプレーも再現されているとは聞いたことはあったのですが、実際に見るとほんとのサッカーを見てるような気分で、面白くて吹いてしまいましたね。
その後のシーンに移っても、スプレーで引いた線がそのまま残ってましたし(笑)

ゴールラインテクノロジー

ボールがゴールラインが割ったか、きわどいゴールのシーンを判定してくれるゴールラインテクノロジーもしっかりと再現されてました。
これも実際に体験してみると、すごくて「おおっ!」と思わず声をあげてしまいましたね。

はい、ノーゴールです。

盛り上げてくれる演出

FIFAには試合中、ところどころにテレビを見ているかのような演出が挿入されて、盛り上げてくれます。
注目選手の紹介や、選手のシュート数や走行距離など表示してくれて、何気ない部分なんですけど試合をより楽しませてくれる要素が豊富で、しかもその演出がカッコいいんですよね。

私のAlex Hunterの成績

その他にも、ピッチ脇で選手がウォーミングアップしていたりだとか、選手がアップで映されたときに肘などに泥がついてたりしていて、そういう細かい部分にリアリティさを感じました。

プレイしてみると分かる面白さ

FIFAのリアルだと感じた部分を紹介してきましたが、実際にプレイしてみないとFIFAのリアルさ、面白さは伝わらないと思います。
これは実際に買ってプレイして確かめて欲しいですね。

まずはじめに私はThe Journeyをプレイしたのですが、映画のような演出がおしゃれでハマってしまいました。
その演出のおかげで、どんどんAlex Hunterという選手に感情移入していくことができるんですよね。
試合の部分でも、選手のポジショニングをしっかりととらないと、パスコースがなくなっていき、考えて動かないといけないので新鮮味があって面白いです。

FIFAとウイイレの違いを一言で表すとしたら、センスの差かなと私は思います。
公式のサイトを見ても分かりますが、センスの良さが違いますよね。FIFAのほうがかっこいいですもん。
ほんと、まるでハリウッドと日本の映画かのような違いを感じると思います。

始めは選手のダッシュなど、ウイイレと操作方法が違って迷うこともありましたが、面白くてずっとプレイしていくうちに徐々に慣れてきましたね。
私はちょうどThe Journeyをやり終えたところで、次は選手キャリアをやろうと思っています。
ウイイレはもうオンラインでしか刺激を味わえませんでしたが、FIFAは当分オフ専でも楽しめそうです。

ウイイレ2017の感想 2016よりは面白い、エディットでライセンスも問題なし

今作はFIFAに移る予定で、買うつもりはなくスルーするはずであったウイイレですが、プレイ動画などを見ているとついやりたくなってしまったので、結局買ってしまいました。(ガチャ引きたかった…)
2016は発売して早々に、つまらなかったためプレイしなくなり、無料のマイクラブ版が出たと同時に売ってしまいました。

今回のウイイレ2017はどうだったか、まだ発売してちょっとしか経っていませんが、感想をここに残しておこうと思います。

ウイイレ最大の魅力はエディットにあり

今作のウイイレは、発売前からマンUやレアルが偽名だったり、バイエルンが入っていなかったりとライセンス面が話題となっており、発売後のAmazonレビューにもライセンスに関する意見が多くあって、星も2.5(2016年9月24日時点)となっています。(ウイイレは元から星の数は低いことが多いですが…)

確かに、マンレッド(マンU)やMDホワイト(レアル)ではダサい…
ということで、ここで今作一押し(笑)のエディットの出番です!

神データのおかげでエディットの負担が楽に

ウイイレおなじみのありがたい神データのおかげで、このライセンス問題もある程度は解決することができます。
神データとは、有志の方がユニフォームデータやリネームデータを無償で提供してくれているエディットデータのことです。
ウイイレの神データについて検索してみれば、神データに関する情報は入手できるかと思います。

データの取り込み方も、PS4ならUSBメモリから一括でインポートすることができるので、簡単に適用させることができます。
後の細かい気になった点などは、自分でササっと修正させてしまいましょう。


MDホワイトだったレアルも神データのおかげで、しっかりとエンブレムもちゃんと変わっています。


マンUのユニフォームを身にまとったルーニー。マンレッドだったときよりも何だか嬉しそうにみえます。(笑)

背番号のフォントなどは本物と同じではないため、寄せることしかできませんが、細かな違いが気にならない方なら、この神データを利用すればより楽しむことができるでしょう。

エディットでこんなこともできちゃう

今作のFIFAからJリーグも登場しましたが、残念ながらJ2は搭載されておらず、J1のみとなっています。
ですが、ウイイレだとエディットを利用することで好きなチームも作成することができます。

ACLのFC東京にいた幸野選手に長崎のユニフォームを着させてみました(笑)

このようにユニフォームデータなどを取り込むことで、収録されていないチームをエディットで実現させることが可能になります。
もちろん選手は収録されていないので、こちらは自作するor神データを待つしかありませんが…
このV・ファーレンのユニフォームデータも、神データからインポートして利用させていただいています。有志の方、ありがとうございます。

マイクラブも2016よりは楽しい

ウイイレ最大の目玉モードであるマイクラブも、2016よりは楽しめる仕様になっています。

オークションで選手の狙い撃ちもできるように

新たに追加されたオークションの機能でスカウトをゲットすることにより、ある程度は狙った選手を獲得することができるようになりました。

あくまで選手ではなく、スカウトというところがいやらしいところですが…
それにゲットすることは出来ても、売却することはできません。
また、オークション落札までに時間がかかるのも難点ですし、何より人気のあるチームなどのスカウトは値段が高くて、なかなかゲットすることもできません…
私は海外の日本人選手やJリーガーを集めているのですが、やはり人気があるのかどのスカウトも高いのであまり揃えることができていません。

しかし、前よりは縛りプレイなどもやりやすくなっているのは嬉しい点ですね。
個人的には、マイクラブよりもMLOを復活してもらいたいところ…

勝つためには仕込みが大切

前作からのマイクラブでもそうでしたが、TS(チームスピリット)が重要となっています。
このTSが低い状態のままで試合に挑むと、たとえ優れたメンツを揃えていたとしてもボコボコにされる可能性があります。

ちなみに私は、TSが低い状態+初期メンで初戦に望んだところ、0-9でコテンパンにされてしまいました(笑)
ですので、COM戦やSIM戦であらかじめTSをあげる作業も必要となってきます。
これがまだダルいんですよねぇ~。COMとやっていても、全然楽しくないという…
昔は敵とマスターリーグをやっていただけで楽しかったのですが、オンラインの刺激が強すぎて今はCOM相手ではつまらない…

TSが上がってくると、ある程度はオンラインでも戦えるようになってきます。
今作のウイイレはゴリブルが通用しなくなったおかげで、相手がたとえメッシやクリロナであったとしても、追いかけっこなら対応することもできます。

リアルさの気合の入れっぷりと手抜き感の差がハンパない

表紙にもなっているバルセロナの選手たちのグラフィックやスタジアムの臨場感など似ているところはほんとに似ていると思いますが、その分、その他の端っこにいるような選手たちの手抜き加減が気になってしまいます。

私は海外サッカーはほとんど見ることがないですし、日本代表やJリーグの試合を見ることが主ですので、使用するチームも日本代表やJクラブが多いです。
日本代表の選手はしっかりと作りこまれている印象ですが、ACLのJクラブの選手は以前のデータの使いまわしのように感じてしまいます。

以前のデータのときも同じような感想を持った印象が…

やっぱり今作の本命はFIFA

2016よりは面白いですが、やっぱりウイイレはウイイレであって、何年か前から比べてもたいした違いはありません。
ウイイレは毎作プレイしているため、マンネリ化しているというのもあるかもしれませんが、ウイイレ特有の慣性がはたらきすぎかのように直進して飛び出す動きや、エアホッケーのように行えるパスワークなどを見ていると、進化していても何も変わってないよなぁと思ってしまいます。

一方、FIFAは体験版をプレイしてみて、プレイ経験も少ないため新鮮味もあり、リアリティもFIFAのほうが感じられる(ドリブルのクネクネ感は除く)のでCOM相手でも楽しくプレイすることができました。
J選手の顔や実況・解説、チーム名などの半角カナ・選手の英語表記など、残念な部分には目をつぶるしかありませんが、それを上回る面白さがFIFAには詰まっているのではないかと思っています。
特にThe Journeyは、これだけのためにFIFAを買うといっても過言ではないくらい、楽しみにしているモードです。
全体的なセンスもFIFAのほうがおしゃれでかっこよくて、好きですし…
Webサイトもウイイレのほうはダサくないですか…?

ウイイレの感想と言っておいて、最後は結局FIFAの話になってしまって申し訳ないです(笑)
ウイイレはいつまでプレイするか分かりませんが、もしFIFAが合わなかったらまたウイイレに戻ることも考えられますし、チームプレーなどウイイレ特有の楽しめるモードもあるので、ちょこちょことプレイしているかもしれないですね。

ついにウイイレを越えるときがきた? FIFA17にJ1リーグ18クラブが収録!

以前、エレクトロニックアーツ社がJリーグトップパートナー契約を結んだとブログに書きましたが、ついにFIFAにJリーグが収録されることが発表されました!

2016年9月29日(木)に発売されるFIFAシリーズ最新作「FIFA17」に、明治安田生命J1リーグ全18クラブと所属選手が収録されます。

Jリーグが『FIFA 17』に収録!明治安田生命J1リーグ全18クラブと所属選手を収録:Jリーグ.jp

ついにFIFAにJリーグが搭載されました!
J2がないのがちょっと残念ですが、それでもJリーグファンからしてみると、これだけでも充分嬉しいですね。

これで国内ではNo.1を誇っていたウイイレとも対等に戦えそうです。
いや、むしろウイイレ越えを記録するかもしれない、大きな出来事となりそうです。

これによってウイイレの利点は日本代表が使えること、慣れ親しんだ操作性やインタフェースや似ている顔グラフィックなどくらいだと思うので、これからはFIFAに多くのプレイヤーが流れるのではないかと予想してます。

ちなみに私もこのニュースをきいて、今まではウイイレ派でしたがFIFAに乗り換えることを決断しました!

すでにプレイステーションストアなどではFIFA17の予約も受け付けられていて、予約特典に2週間分のJリーグオンデマンド無料クーポンなどがついてきます。

FIFA 17(PS4)-PlayStation Store-

Jリーグファンを狙った戦略でしょうか。
Jリーグファンには楽しみなこのFIFA17。あぁ、私もはやくFIFA17プレイしたいなぁ。

FIFAシリーズにJリーグがついに登場するかも!?

Jリーグがエレクトロニックアーツ社とJリーグトップパートナー契約を結んだと発表されました。

EAといえば、人気サッカーゲームのFIFAシリーズがあります。

日本ではウイイレのほうが人気はありますが、世界的な人気でいえば、圧倒的にFIFAシリーズ。
その圧倒的なライセンス量と、リアルなモーションや演出でサッカーゲームファンの心をわしづかみにしています。

これまでJリーグはウイイレシリーズで出ていましたが、Jリーグ版ウイイレはPS2までしか出されておらず、その後はDLCという形でJリーグパックが出されたり、ACL出場チームのみ収録という形で、Jリーグファンの期待を裏切り続けてきました。

私も今までJリーグ版ウイイレをずっと待ち望んでいたのですが、もしFIFAにJリーグが収録されたら間違いなくFIFAに乗り換えると思います。

でも、FIFAシリーズの選手の顔グラフィックは固有フェイス以外はそうとう残念な仕上がりなんですよね…

FIFAの残念なところ

固有以外の顔グラフィックが似てない

FIFA16 日本人選手のフェイスイメージまとめ 香川真司は更新

顔のグラフィックではまだウイイレが完全に上ですが、ゲームの内容部分ではFIFAのほうが上回っていると思います。
ここ数年のウイイレは、ファンの私でも納得いかないものになっていますからね。

実況がいまいち

あとFIFAの日本語実況がしょぼいんですよね。
ウイイレの実況はテンションが上がる感じでいいんですが、FIFAの実況は淡白でつまらないんですよね。

残念な点ばかり挙げてますが、いいところもたくさんあります。

FIFAのいいところ

豊富なライセンス

ウイイレは有名どころのクラブは実名ですが、プレミアなどは偽名が多く、エディットをしないと実名で楽しむことができませんが、FIFAだと実名で楽しむことができます。

それにウイイレにはないブンデスリーガも収録されているので、ドルトムントの香川選手やハノーファーの清武選手といったドイツで活躍している日本人選手も登場しています。

女子代表がある

FIFA16から女子代表チームがはじめて収録されました。

残念ながらFIFAシリーズに日本代表はないのですが、いつかなでしこリーグなども収録されると嬉しいですね。

FIFAシリーズが本気を出してくる?

今回のこの契約は、ようやく日本市場でも本気を出すという表れなのかもしれません。
顔のグラフィックや実況・インタフェース面を改善できれば、ほんとにFIFAがウイイレを抜く日がくるかも…

ウイイレにはまだ日本代表が収録されているので、まだFIFAとは戦えるかもしれませんがこれから先、ゲームの面白さ、質の部分でFIFAを上回らないとこのシェアを維持するのは難しいかもしれませんね。

FIFA17にJリーグが収録決定!

FIFA17で、J1クラブ18チームが収録されることになりました!
詳しくはこちらの記事に書いております。

ついにウイイレを越えるときがきた? FIFA17にJ1リーグ18クラブが収録!