FIFA17のウイイレにはないリアルだと感じた細かな部分

今年はJ1クラブが収録され、話題となっているサッカーゲーム「FIFA17」。
私はFIFAシリーズほぼ初プレイで、発売日に買ってからプレイしていますが、面白くてハマっています。

ウイイレ2017も購入してプレイしましたが、現在のサッカーゲームNo.1は間違いなくFIFAであると断言できるクオリティです。
実況で選手名を間違えたり、Jリーガーの顔はひどいレベル(笑)で、選手の雰囲気ぐらいしか感じられないのですが、全体でのグラフィックに関しては選手やスタジアムなどの一体感というか、雰囲気が統一されていて、ウイイレよりもFIFAのほうが個人的には好みですね。

まぁ、プレイしてみて何より思ったのが、リアリティあるサッカーを楽しめるというところですね。
単純にサッカーゲームとして、試合をプレイしていて面白いです。
ところどころの細かい選手の動きやしぐさ、試合の演出などリアル感があって、プレイする気持ちを高ぶらせてくれます。

もっとFIFAの魅力を伝えたい、知ってもらいたいと思い、今回は私がFIFA17をプレイしてリアルだと感じた、細かな部分について紹介します。

実際にプレイしているかのような操作感

ウイイレだとPKのシーンはシュートを蹴るコースを選択するのみですが、FIFA17は助走から自分で操作することができるんですよね。
これによって相手との駆け引きをよりもっと楽しめます。
FIFA17PKを蹴る前のシーン
The JourneyモードのFAカップ決勝、延長PK戦での場面。


その後、味方がどこ蹴っとるねん!というシュートで外し、試合には敗れてしまいました…

スローインのシーンでも、FIFA17だとスロワーを移動することができます。


ウイイレはスローインのときは選手の位置は固定なので、相手にマークされると出すところがなくなったりするんですよね。

また、FIFAはボールが外にでてスローインになっても、シームレスでボールボーイがボールを渡してくれたり、選手が外に出たボールを取りにいったりします。(ちょっとゆっくりなので、スキップしちゃうこともありますが…)

バニシングスプレー

フリーキックの際に、守りの壁の選手の足元に引かれるバニシングスプレーも再現されています。
FIFAにはバニシングスプレーも再現されているとは聞いたことはあったのですが、実際に見るとほんとのサッカーを見てるような気分で、面白くて吹いてしまいましたね。
その後のシーンに移っても、スプレーで引いた線がそのまま残ってましたし(笑)

バニシングスプレー

ゴールラインテクノロジー

ボールがゴールラインが割ったか、きわどいゴールのシーンを判定してくれるゴールラインテクノロジーもしっかりと再現されてました。
これも実際に体験してみると、すごくて「おおっ!」と思わず声をあげてしまいましたね。

ゴールラインテクノロジー

判定はノーゴール

はい、ノーゴールです。

盛り上げてくれる演出

FIFAには試合中、ところどころにテレビを見ているかのような演出が挿入されて、盛り上げてくれます。
注目選手の紹介や、選手のシュート数や走行距離など表示してくれて、何気ない部分なんですけど試合をより楽しませてくれる要素が豊富で、しかもその演出がカッコいいんですよね。

The Journey選手のスタッツ
私のAlex Hunterの成績

その他にも、ピッチ脇で選手がウォーミングアップしていたりだとか、選手がアップで映されたときに肘などに泥がついてたりしていて、そういう細かい部分にリアリティさを感じました。

プレイしてみると分かる面白さ

FIFAのリアルだと感じた部分を紹介してきましたが、実際にプレイしてみないとFIFAのリアルさ、面白さは伝わらないと思います。
これは実際に買ってプレイして確かめて欲しいですね。

まずはじめに私はThe Journeyをプレイしたのですが、映画のような演出がおしゃれでハマってしまいました。
その演出のおかげで、どんどんAlex Hunterという選手に感情移入していくことができるんですよね。
試合の部分でも、選手のポジショニングをしっかりととらないと、パスコースがなくなっていき、考えて動かないといけないので新鮮味があって面白いです。

FIFAとウイイレの違いを一言で表すとしたら、センスの差かなと私は思います。
公式のサイトを見ても分かりますが、センスの良さが違いますよね。FIFAのほうがかっこいいですもん。
ほんと、まるでハリウッドと日本の映画かのような違いを感じると思います。

始めは選手のダッシュなど、ウイイレと操作方法が違って迷うこともありましたが、面白くてずっとプレイしていくうちに徐々に慣れてきましたね。
私はちょうどThe Journeyをやり終えたところで、次は選手キャリアをやろうと思っています。
ウイイレはもうオンラインでしか刺激を味わえませんでしたが、FIFAは当分オフ専でも楽しめそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です