プロトセイバーエボリューション プレミアムをゲット!マーカー塗装に初挑戦

エボリューション!ハイパードルフィン走法!
というわけで、レッツ&ゴーのJクンのマシン「プロトセイバー エボリューション」のプレミアム版をゲットしたので、さっそく組み立ててみました。

プレミアム版かっこいい

リアルミニ四駆で登場したときのプロトセイバーEVOはクリアボディだったのを覚えていたのですが、今回のプレミアム版ではパープルのプボディになっています。
クリアボディだと自分で塗装しないといけなかったので、これは私にとってはありがたいですね。

切り離す前のプロトセイバーEVOのボディ

そのボディなんですが、普通のプラボディの色味とはちょっと違う感じがして、塗装する必要ないくらいのかっこいい出来具合で驚きです。

シールもメタリック調になっていて、かっこよさもさらに2~3割増し!

GP用チップのシールもあります
GPチップ用のシールも用意されているのが、またニクいですね。

シャーシも飾るだけのメカニックなモノではなく、走ることができる最新のARシャーシを採用。

プロトセイバーEVOのARシャーシ

シャーシも昔と比べるとかっこよくなっていますねぇ。モーターを買うのを忘れていたので、ノーマルモーターをそのまま装着しました。
最近のモノは電池カバーをスライドしてはめることができたり、最初から後方にローラーをセッティングできるなど、設計もよく考えられていて感心します。

シャーシを組み立てたので、ボディを装着してついに完成!
組み立てたプロトセイバーEVO

といいたいところでしたが、よくみてみると中央のメカの部分のところだけシールがないっ!?

プロトセイバー中央部分
なんで、ここの部分だけシールが用意されていないんだよぉ(泣)

見ていると、ここだけが微妙に気になる…
ということで、中央のメカ部分だけ塗装することにしてみました。

マーカーを使っての塗装に初挑戦

説明書を読むと、中央のメカ部分の塗装はタミヤカラーの「X-11 クロームシルバー」が指示されています。(もうひとつ、コクピット?部分の横にある小さな穴の部分は、「X-18 セミグロスブラック」が指示されています。)
X-11 クロームシルバー

X-18 セミグロスブラック

塗装するのは一部分だし、スプレーや筆の塗装だと私には難しそうに思えたので、今回はマーカーを使って塗装してみることにしました。
今回選んだマーカーは、このタミヤの「ミニ4マーカー シルバー」です。

ミニ四マーカーシルバー
ミニ4マーカー シルバー

このマーカーを使ってさっそく塗ってみました。その完成品がこちら!
ジャジャ~ン!!
中央部分を塗ったプロトセイバーEVO
失敗したっ!(笑)

余計な部分にまで塗ってしまったので取ろうとしたのですが、うまく取ることができずに汚れた感じになってしまいました。
でも、マーカーで塗ったとは思えないくらい光沢感、メタリック感があったので、満足はしています。

マーカーをはじめて使ってみた感想なのですが、意外とマーカーのペン先がマジックのように太かったため(もっと細いペン先だと思ってた)、細かい部分が塗りづらく感じましたね…
今回は失敗してしまいましたが、ワンポイントの塗装なら手軽に活用することができるので、今後また塗る機会があったら試してみたいと思います。

他のマシンのプレミアム化も希望

リアルミニ四駆のプロトセイバーEVOが登場したということならば、同じくリアルミニ四駆のスピンコブラやスピンバイパーもいつかプレミアム化してくれるということですよね!
藤吉のマシンはまだどれもプレミアム化されていないと思うので、楽しみに待っている方は多いと思うんですよねぇ。
スピンコブラ

スピンバイパー

エボリューションは登場したので、初期のプロトセイバー JBもプレミアム化してほしいですね。
ブラックセイバーもプレミアム化してほしいですし、ブロッケンGなどのFMシャーシモデルもプレミアム化を希望!
こうして考えてみると、まだまだタミヤにはストックが残されているといえそうです(笑)

プロトセイバー JB

ブラックセイバー

ブロッケンG

まだまだプレミアム化されたマシンをあまり所持していないため、まずは発売済みのマシンを揃えていきたいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です