個人サイトでも役立つ入門書 小さなお店&会社のWordPress超入門

小さなお店&会社の WordPress超入門 ―初めてでも安心! 思いどおりのホームページを作ろう!」という本を読んだので、その紹介をしてみたいと思います。
小さなお店&会社のとありますが、個人ブログなどのサイトでも役立つ、これからWordPressをはじめるという方に超絶おすすめの一冊となっています。

この本の特徴

すでにWordPressをやっている、HTML/CSSなどのWebに関する知識を持っている人からすれば、この本に載っている内容は「薄い」と感じる方もいるかもしれません。

しかし、この本の良いところはこの「薄い」ところにあるかと。
巷にはいろんなWordPress本があって、例えばAmazonでの評価が高い「WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書」なんかは「仕事の現場で」と書かれてあるように、ビジネスで使える本ではありますが、はじめての人がここから入るにはちょっとレベルが高いというか、コードなどが書かれていると知らない人は辟易することもあるのではないでしょうか。

まぁ、この本は入門書という立ち位置ではないと思うので、比較していること自体が間違ってるのかもしれませんが…

一方、この「小さなお店&会社のWordPress超入門」は表紙にも書いてある通り、HTML/CSSの記述がまったくないんですよねぇ。

表紙の帯

これはコードを全く知らない初心者にとっては喜ばしいことなのではないかと思います。

私も今ならば、HTMLやCSSのコードを見ると理解することができますが、勉強する前はこんなコードを見ると「うわっ、何だこの英語がズラりとならんだ意味不明な記述は…」と触れるのを避けて拒否したくなる状態でしたから。

記事にテーブルを挿入する部分があるのですが、プラグインを用いてつくっています。
プラグインの使い方、操作さえ覚えれば、直感的に利用することができるので初心者でもかんたんに扱うことができます。
HTMLのコードはサイト運営をしながら徐々に覚えていけばいいでしょうし、別に知らないままでも運営をやっていくことはできますもんね。
Webの知識なんかなくてもできるというのが、この本の特徴ですし、WordPressの良さですから。
この本でもコンテンツ(中身)が大事だって謳っています。

個人サイトでも役に立つ入門書

この本ではSaitamaという公式のテーマを使ってあります。
Saitamaはどちらかというと会社などのビジネス向けのテーマなので、ブログなど個人サイトで使うときはテーマを変えてみるのもおすすめです。

紹介しているプラグインもどれも安定というか、使えるモノが多くて良いですね。
WordPressの基本的な使い方からプラグインによる設定、セキュリティについてまで運営に関する部分はひと通り押さえてあって、良い一冊に仕上がっています。