2016年J1リーグ2stステージマイベストイレブン

ファーストステージのときにもベストイレブンを選出したので、同じくセカンドステージでもベストイレブンを決めてみます。
2016年J1リーグ1stステージ順位予想結果とベストイレブン

1節で1カードくらいしか見られていないので、どうしてもチェックできていない・見ていないクラブもありますので、その辺はご了承ください。

それではこれが、私の選んだ2016年J1セカンドステージのベストイレブンです。

私が選んだ2stステージベストイレブン

ポジション 選手名 チーム名
GK キム スンギュ ヴィッセル神戸
DF 森脇 良太 浦和レッズ
DF 岩波 拓也 ヴィッセル神戸
DF 高橋 峻希 ヴィッセル神戸
MF 阿部 勇樹 浦和レッズ
MF 柏木 陽介 浦和レッズ
MF 家長 昭博 大宮アルディージャ
MF 齋藤 学 横浜F・マリノス
FW レアンドロ ヴィッセル神戸
FW 小林 悠 川崎フロンターレ
FW アデミウソン ガンバ大阪

セカンドステージ優勝した浦和と2位になった神戸の選手が多く入っています。GKのキム スンギュは何でも止めてしまうんではないかという圧倒的な存在感で、日本代表にも欲しい選手だなぁと思うくらい。

DFの森脇は時々ミスしてやらかすことはありますが、相手陣地まで押し込むことが多い浦和の中で、フリーでボールを持てることが多くあり、そこからチャンスが展開されている気がするので、私の中では浦和の第2のゲームメイカーだと思っています。
高橋 峻希はヴィッセルの試合を見たときの、あの運動量の多さには脱帽しました。

MFには柏木、家長、齋藤の3選手を選びました。3人ともチームの中心となる選手で、皆代表での活躍を見てみたいと思う選手です。
柏木のよく見てるなぁと感じさせるキラーパスや、キレッキレの齋藤さんのドリブルには思わず唸るものがあります。

FWは3選手ともセカンドステージよく点を取ったなぁという印象のある選手達です。3選手とも共通して言えるのは、シュートがうまいですよね。この角度、こんな位置から決めてくるのかよというシーンが多く、シビれるゴールが多数ありましたね。

その他気になった選手

ベストイレブンには選びませんでしたが、気になった選手を挙げておきます。
特に宇賀神とドゥドゥはベストイレブンに入れたいと思っていた選手。宇賀神はサイドだけでなく、中央でのスルーパスでのアシストやゴールも決められる選手になった印象があり、ドゥドゥは甲府を救ってくれたスーパーマンみたいな選手ですからね。

GK

西川 周作(浦和)、新井 章太(川崎)、チョン ソンリョン(川崎)、中村 航輔(柏)、カミンスキー(磐田)

DF

槙野 智章(浦和)、藤春 廣輝(G大阪)、輪湖 直樹(柏)、パク ジョンス(横浜F)、キム ミンヒョク(鳥栖)、吉田 豊(鳥栖)、塩谷 司(広島)、伊東 幸敏(鹿島)

MF

宇賀神 友弥(浦和)、武藤 雄樹(浦和)、高木 俊幸(浦和)、駒井 善成(浦和)、ニウトン(神戸)、松下 佳貴(神戸)、エウシーニョ(川崎)、エドゥアルド ネット(川崎)、三好 康児(川崎)、井手口 陽介(G大阪)、大森 晃太郎(G大阪)、横谷 繁(大宮)、中島 翔哉(FC東京)

FW

渡邉 千真(神戸)、ペドロ ジュニオール(神戸)、クリスティアーノ(柏)、伊東 純也(柏)、ムスタファ エル カビル(鳥栖)、鈴木 優磨(鹿島)、ドゥドゥ(甲府)、ジネイ(湘南)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です