V・ファーレン長崎 2016年J2第39節ギラヴァンツ北九州戦の採点

2016年11月3日(木曜・文化の日)に行われた、V・ファーレン長崎2016年J2第39節ギラヴァンツ北九州戦の選手採点です。
相手が下位のギラヴァンツで、長崎にしては珍しくボールを支配して押し込むことができていたので、その中で得点がとれず引き分けたのはもったいないというか、残念な試合だったなぁと感じました。

試合結果

長崎vs北九州
00
0前半0
0後半0
スタッツ
チームシュートFKCKPK
長崎10740
北九州51050
試合環境
スタジアム入場者数天候気温湿度主審副審副審
トラスタ6,526人21.1度39%大坪 博和村田 裕介正木 篤志

第39節北九州戦のメンバーと採点

スタメン
PosNo.選手名備考採点
GK1大久保 択生6.0
DF3趙 民宇6.5
DF27村上 佑介6.0
DF6前田 悠佑6.0
MF16田中 裕人6.5
MF13パク ヒョンジン6.0
MF11神崎 大輔Out後半8分6.0
MF23梶川 諒太Out後半41分6.0
MF33白 星東6.0
MF8木村 裕Out後半28分6.0
FW9永井 龍6.5
サブメンバー
PosNo.選手名備考採点
GK31三浦 雄也
DF29上本 大海
MF7李 栄直
MF14田中 輝希In後半28分6.0
MF22宮本 航汰In後半8分6.0
MF25北川 滉平In後半41分
FW18佐藤 洸一

フォーメーション

  • 9
  • 8
  • 23
  • 33
  • 13
  • 16
  • 11
  • 6
  • 27
  • 3
  • 1

試合の感想

普段ボールを持つことが少ない分、攻撃の崩しの形が少ない長崎にとっては、逆に難しい展開になったのかもしれませんね。
相手の守備がただゆるゆるだったのか、ボールを持たされていたのか定かではありませんが、これだけ「どうぞ中に侵入してください」というような状態だったのにもかかわらず、なかなか縦パスを出すことができなくて前に行けないのがもどかしかったです。
ゴール前まで入ってもチャンスシーンでゴールを決められなかったりと、長崎の根本的な課題を北九州が突いて、あえて引いて守っていたのではないかと勘ぐりたくなるような試合でした。

ギラヴァンツ北九州について

この試合を見ると、申し訳ないですが今の北九州の順位にも納得してしまいますね。
原・小松の2トップは強力ですが、長崎がボールを保持していてもプレスすることなく、人は居るけどただ引いて守っているだけなので、攻撃に移れる時間が少なく特徴を活かすことができないですよね。
長崎のいちサポーターがいうのもアレですが、もっとボール保持者に対してプレスにいくなど守備をどうにかしたほうがいいと思います。

相手の守備がゆるかった分、そこを崩せない長崎にもモヤモヤが募るのですが、こういう部分に長崎の限界を感じるんですよね…

選手について

今日は岸田が出場停止で神崎が右サイドに入りましたが、岸田のときとは違う味が出ていて、まぁ良かったのではないでしょうか。
テクニックがあるので、中に入ってコンビネーションで崩しの形が見られたのはよかったですが、守備の際のポジション取りがやはり普段とは違うので、そこをやられないだろうかとちょっとハラハラしました。

久々に出た田中輝希も、積極的にボールに触りにいってテンポをつくろうとしてましたし、期待したくなるプレーをしていたのでもっと見てみたいですね。

永井は相変わらずすごいですね。一人でボールを奪いに行って、そこから一人でゴールまで持っていこうとするのですから。
これだけすごくて良いプレーしているのに、得点に繋がらないのは何だかかわいそうにも思えてきます…

梶川のほかに間で受けられる選手がもう一人居てくれたらいいんですけどねぇ。そこは来季の補強に期待するしかないでしょうか。

最後にひとこと

残り3試合で10勝12敗17分と2つ負け越してる状態なので、何とか五分に戻してもらいたいなぁと思います。
それが今季残りの希望ですかね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です