V・ファーレン長崎 2019シーズンがもうすぐ開幕

V・ファーレン長崎の2019シーズンJ2開幕まで、あと1週間といったところになりました。

過ぎてしまえばあっという間という感じですねぇ。メンバーの入れ替わりなどもあり不安もありましたが、パシフィックリムカップでのパフォーマンスを見る限りだと、「1年でのJ1昇格、そして優勝」という言葉もほんとに有限実行しそうな予感もしております。

結局、今年もVパスを購入しました。値段が高いと思いつつも、どうせ全試合見に行っちゃうだろうから、買っておくのが得な気がします。よりお得感を得るためにもルヴァンカップに出場してもらえると個人的にはうれしいですね。

ヴァン・ファーレン長崎

先日のフジゼロックススーパーカップのマスコット総選挙の際に、アナウンサーの方がチーム名を言い間違えるという場面がありましたが、これには思わず吹いてしまいました。

まさか未だに間違えてしまう人がいるとは…と最初は思いましたが、一年J1に居た程度では知名度的にもまだまだということなんでしょうね。

人によってはヴィ・ファーレンと読むのをなかなか覚えられないという方もいるでしょうし、いま現在サッカークラブの数が非常に多いのでいろいろとゴチャゴチャになってしまってもおかしくはありません。クラブ名とは関係ありませんが、高田社長だってJ1のことをゼイワンといってネタにしているくらいですし……

それよりも「V」をヴィと読ませることのほうが問題な気もしますし、Vのあとに「・」が入っていることでさらにややこしくさせている気がします。

V・ファーレン長崎 表記問題

そもそも「V・ファーレン」の正しい表記というのは、いったいどれが正解なんでしょうか。
「V」は大文字、小文字どっち?というのも気になりますし、「・」も全角や半角、さらにはハイフンと表記されてたりすることもあったりなんかして、文字を打つときにわかりづらいです。

アルファベットで表記するときも、エンブレムは「V・VAREN NAGASAKI」とありますが、海外などでは「V-Varen Nagasaki」とか書かれていることがあったりして、これまたわかりづらい。

V・ファーレンファンの人だって、ネットで検索するときはわざわざ「・」なんて打たずに「Vファーレン」とか「vvaren」など省略して入力してる人のほうが多いかと思います。

V・ファーレンという名前自体は言葉の響き的にもカッコよくて好きですが、表記する上ではわかりづらくて不親切なネーミングの付け方だと、この一件から感じてしまいました。

「フライデーナイトJリーグ」長崎 vs 湘南戦を観戦してきました

フライデーナイトJリーグとなるV・ファーレン長崎 vs 湘南ベルマーレの試合を見に行ってきました。
今季ブログには書いていないですが、一応ホームでは毎試合V・ファーレン長崎の観戦に行っています。

連敗中の長崎でしたが、今日の試合でも勝てることはできず。
先制されるまではなかなか良かったとは思うんですけどね。でも一発のチャンスで決められてしまうとつらい……

ディフェンスラインを元に戻し、ボランチには前ちゃんを入れて変更したにも関わらず、またも複数失点。
もう後はキーパーを増田に代えてもダメだったらどうしようもないかもしれない……

プレゼントでTシャツをもらえたのはうれしいのですが、去年のときとおなじく素材がぺらぺらで部屋着として着るにもダサいのがちょっと残念。もっとユニフォーム風なデザインにするとか、ドライTシャツとかだったらもっとうれしいんですけどね。

連敗続きで試合後はため息ばっかりでしたが、まぁでもサトミキを見られたことだけでも満足です。ありがとうございます。

はじめてのアウェイ 2018 YBCルヴァンカップ 第5節サガン鳥栖戦を観戦してきました

2018年5月9日(水曜日)に行われた、JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第5節 サガン鳥栖対V・ファーレン長崎の試合を観戦してきました。

私にとってこれがはじめてのアウェイ観戦。サッカー専用スタジアムのベアスタ(ベストアメニティスタジアム)がどれくらいのものか楽しみだったのですが、実際に観戦してみると長崎のトラスタも案外悪くないということに気づいたので、挙げてみたいと思います。

ベアスタの良いところ

まずはベアスタの良いところから。

  • 駅からすぐ近くにある
  • ピッチとの距離が近いため、スマホカメラでも十分
  • スタッフのチェックがしっかりしている(入場時の手荷物検査など)
  • スタグルがバラエティ豊か
  • スタジアム内にスタグルが売ってる
  • DJ YUYAさんのアナウンスが面白くてテンションあがる
  • ゴール時のウィントスくんアニメーションがかわいい

スタグルで食べたお弁当は出来立てホカホカでおいしかったです。濱かつも長崎よりもメニューが充実していてうらやましかった……

ベアスタの気になったところ

つづいてベアスタで気になったところ。

  • スタジアム入場口の案内が少ない(歩いている長崎ユニを着た人に付いていったら何となくたどりついた)
  • 大型ビジョンがしょぼい
  • 設備がちょっと古い
  • 椅子に背もたれがない

とりあえず思いついたものを挙げてみましたが、はじめてのアウェイ観戦でやっぱりアウェイ感を感じてしまったというか、ちょっと怖さというか冷たさを感じました……(強風による寒さとともに)

そういう意味でも、長崎のおもてなしでアウェイサポを歓迎する取り組みはあらためて大事なことなんだなぁと感じさせられました。

トラスタの良さ

毎回行ってるホームだから感じるのかもしれませんが、トラスタにはフレンドリー感があるかなぁと思います。長崎の客層の中心がファミリー層だからというのもありますけど、トラスタの雰囲気のほうが私は好きかなぁ。案外、トラスタも観やすいスタジアムだということが分かりました。

それでも専用スタジアムは臨場感があって良いですね。近くだと芝のにおいまで感じられそうでした。
今度リーグ戦でベアスタを訪れたときにはまた違ったイメージを抱くかもしれないので、そのときを楽しみにしておきたいと思います。

長崎のPKのシーン

V・ファーレン長崎 2018 YBCルヴァンカップ 第4節ヴィッセル神戸戦を観戦してきました

2018年4月18日(水曜日)に行われた、JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第4節 V・ファーレン長崎対ヴィッセル神戸の試合を観戦してきました。

やっぱりこの平日開催のカップ戦はJ2感を感じられるので、心地よく観戦できます。

名倉選手は見ていてワクワクする選手のひとり。この先はリーグ戦が続くので、もしかしたら出番もあるのではないでしょうか。
あのするどいターンなどを見ると、香川選手を彷彿とさせる。なんとなく雰囲気も似ているし……
あとはシュートを枠に飛ばす精度だけ

グッズもいつのまにか新しい商品が追加されてました。
クルトガに加え、V・ファーレンモデルのデルガードまで登場。気になってはいるのですが、どちらもデザインに関しては微妙……

キューブ型クッションは単純にかわいいし、ティッシュカバーも部屋に飾りたいなぁと思いました。
グリップ付きフラッグとかもあったし、グッズはこれからも充実しそうです。

でもしかし、ホーム戦つめこみすぎじゃないですか。まぁうれしいことなのですが、2週間に一度くらいのペースが個人的にはベストなのです。5月に入ったら今度はアウェイ戦ばっかりになりますし、何事もバランス配分が大事ってことですね。

V・ファーレン長崎 2018 J1 第8節 ガンバ大阪戦を観戦してきました

2018年4月14日(土曜日)に行われた、J1リーグ第8節 V・ファーレン長崎対ガンバ大阪の試合を観戦してきました。

この日はあいにくの雨模様……
というか、土砂降りで劣悪なコンディションでした。

雨具を準備していましたが、足元はビショビショに。しかも風も強かったため、屋根付きのトラスタでも雨が横から流れ込んできて大変で、濡れたせいか寒さも感じました。
試合を見るよりも雨のほうが気になってしまうことが多かったですが、試合は3-0と快勝!
J1ホーム戦初勝利!しかも、相手はあのガンバですからね。2013年J2初年度以来の対戦ということもあって、何だか感慨深いものがあります。

ジャパネットの専用スタジアムの話題

ちまたでは長崎市に専用スタジアムができるという話題が広がっていますが、私個人としてはまぁ致し方ないという感じですかね……
トラスタは好きなスタジアムですが、長崎がこれから大きくなって世界へ向かっていくためには、長崎の中心部にあったほうが何かと事がうまく進むでしょう。
個人的には、年に一試合くらいトラスタでやってくれたりすればそれで十分です。

しかし、最近の長崎がどんどん右肩上がりのように進んで大きくなっているので、私たち一般ファンはいつのまにか置いていかれてしまいそうな感じも。
大きくなるのは結構。強くなるのはうれしいことですが、長崎が日本有数のビッグクラブになることを望んでいるかというと、それは微妙というかどちらともいえず……
これまでのような試合当日にでもフラっと足を運べるような気楽さというのも悪くなかったですし……(今は試合数時間前には行かないといろいろと面倒)

大きくなるということはそれだけ掛かる負担も増えていくわけでしょうし、付いていくのも大変になりそう。
ジャパネットのように地方から羽ばたいて活躍するのは夢があってすばらしいことですが、応援するのはあくまでも長崎に住んでいる人が中心になりますからね。
そこは何というか県としての労働環境や雇用問題など長崎自体がもっと活性化していかないと、クラブとファンの間にギャップのようなものが生じてしまうかもしれません。