2017 V・ファーレン長崎選手採点記録

昨年に引き続き、今年もV・ファーレン長崎のJ2リーグ全42試合分の選手採点を記録しました。
その選手採点の平均点と、私が選んだMVPをお届けします。

今季は2位でゼイワン昇格を達成したので、15位に沈んだ昨季よりは当然、全体的に平均点はあがっています。

GK

PosNo.選手名出場数平均点
GK1増田 卓也426.048

DF

PosNo.選手名出場数平均点
DF2田代 真一315.875
DF4髙杉 亮太286.036
DF5田上 大地246.043
DF13乾 大知406.000
DF23北谷 史孝145.875
DF27村上 佑介65.500
DF29福田 健介75.667
DF35香川 勇気16.500

MF

PosNo.選手名出場数平均点
MF3飯尾 竜太朗395.962
MF6前田 悠佑325.981
MF7幸野 志有人305.926
MF8木村 裕185.719
MF10養父 雄仁145.875
MF14田中 輝希1
MF15島田 譲376.054
MF16宮本 航汰115.625
MF17古部 健太105.889
MF18吉岡 雅和196.036
MF20中村 慶太376.032
MF26碓井 鉄平115.938
MF28翁長 聖385.855
MF30ミゲル パジャルド45.250
MF30丸岡 満55.750

FW

PosNo.選手名出場数平均点
FW9ファンマ326.016
FW11畑 潤基55.500
FW19澤田 崇405.963
FW37平松 宗126.167

MVP

私が選ぶ「2017 V・ファーレン長崎 MVP」は、MF 島田 譲選手。
私がつけた採点でも、レギュラーメンバーのなかではトップとなる6.054点を記録。

島田選手の左足は、今年の長崎の大きな武器となり、セットプレーからの攻撃や威力あるミドルシュートなど脅威となりました。
また、攻守両面においてアグレッシブなプレーをみせ、ボランチの核として活躍し、文句なしのMVPと言っても良いのではないでしょうか。

次点は、GK 増田 卓也選手。
安定感のあるセービングと、精度の高いフィードで長崎の守護神として君臨し、安心して見ることができました。

他にも、乾選手やファンマ選手など挙げ始めたらキリがないですが、それくらい今年は多くの選手が日替わりで活躍するシーズンとなりました。
新加入選手だけでなく、髙杉選手や前田選手などのベテラン、大卒2年目の田上選手や中村選手の活躍も光りました。

来季はゼイワンの舞台で

来季はついにゼイワン(J1)の舞台でV・ファーレン長崎が戦うことになります。
きっと長崎はいちばんの降格候補にされそうですが(笑)、終盤にみせたこのチーム力があれば、今年の札幌くらいやれるんじゃないかなぁと個人的には期待しています。

来季の長崎がどう変化するか、今から楽しみで夢が膨らみますね。