V・ファーレン長崎 2017年J2第14節大分トリニータ戦の感想・採点

2017年5月17日(水曜日)に行われた、J2リーグ第14節大分トリニータ戦の感想と選手採点です。

試合はすべてPKからによるゴールで逆転勝利。
それも逆転ゴールを決めるとともに試合終了ですからね。これはまぁ盛り上がりますよね。

正直、スタジアムで見ていてPK微妙なんじゃない?とも思える感じだったんですけど、一試合で2本もとってくれるとはこちら側としてはありがたい…
こういうときって、一本は見逃されそうなんですけどね。
しかも、試合の行方を左右する決定的な場面でしたし…

大分はこの順位にいるのが納得できるような、連動性のある攻撃で良いチームでした。
J2は長崎戦しか追っていないのですが、岸田も頑張ってるみたいですね。
去年までいた選手たちが移籍先でも試合に出ているのを見ると、結果こそ振るいませんでしたが去年のチームもポテンシャルはあったんだよなぁと感じるので、もう1年同じメンバーで戦うのを見たかったなという想いもあります。

試合結果

スコア
長崎vs大分
21
0前半0
2後半1
スタッツ
チームシュートFKCKPK
長崎141692
大分71440
試合環境
スタジアム入場者数天候気温湿度主審副審副審
トラスタ3,307人雨のち曇20.5度70%小屋 幸栄岡野 宇広熊谷 幸剛

選手採点

スタメン
PosNo.選手名備考採点
GK1増田 卓也6.5
DF23北谷 史孝6.5
DF4高杉 亮太6.0
DF13乾 大知 Yellow後半40分5.5
MF10養父 雄仁 Out後半22分6.0
MF15島田 譲6.0
MF3飯尾 竜太朗6.0
MF17古部 健太6.0
MF18吉岡 雅和 Out後半27分6.0
MF19澤田 崇 Out後半42分6.0
FW9ファンマ Yellow後半36分
Goal後半37分
6.0
サブメンバー
PosNo.選手名備考採点
GK21富澤 雅也
DF2田代 真一
MF6前田 悠佑 In後半42分
MF16宮本 航汰 In後半22分6.0
MF20中村 慶太 In後半27分
Goal後半51分
6.0
MF28翁長 聖
FW8木村 裕

フォーメーション

  • 9
  • 18
  • 19
  • 17
  • 15
  • 10
  • 3
  • 23
  • 4
  • 13
  • 1

試合後のファンマの表情が強烈に印象的

劇的な勝利で盛り上がってる選手やサポーターとは対照的に、不満が積もった様子のファンマの姿・表情が、私には強烈に印象に残っています。

試合は劇的な幕切れによる勝利でめちゃくちゃ盛り上がったんですけど、試合後のファンマの振る舞い、表情を見ていると、素直に喜べない自分もいました。いや、むしろつらいというか胸が痛くなる気持ちのほうが強かったかもしれませんね。

勝利したのにもかかわらず、試合後ずっと全く喜んだ様子はみられませんでしたし、相当うっぷんというか、もやもやがたまっているように窺えます。
何に対してかというと、それは審判の判定についてです。
あの表情にはPKを外して落ち込んでるのも含まれてるかもしれませんが、審判の判定だとか取り巻く環境などへの憤りのあらわれにも感じ取れます。

PKを蹴る前にボールを置く位置とかこまかくいろいろ言われていたら、精神状態保つことができずにうまくいかないでしょ!ってなりますもん。
試合を決めるかもしれないPKによる緊張感と、熱狂的な盛り上がり。あの一連の場面はどこか異様にも感じました。
見ていて、これ絶対外すだろうなと思ってましたからね、実際…
まぁ、なんとか中村が押し込んでくれたからよかったものの、決まってなかったら一体どうなってたでしょうかね。
PKの前にもイエロー取られてましたし…

DAZNで見返しましたが、あのカードは決して喜びすぎてとられたものではないですよね?
あれはファンマが早くボールを置いて試合を再開したくて、相手選手が持っていたボールを強引に奪ったようなかたちになっしまい、とられたものに見えました。
あのファンマの行為自体は不用意にも思えますが、イエローを取られるほどだったかというと疑問が残ります。

こんな表情をしているのを見てしまうと、どうしても心配で不安になってしまいます。
試合後の場内を一周しているときでは、この試合控えだった田代がサポート、宥めてくれていたようにもみえましたが…

ファンマのプレーが大好きでずっと見ていたいんで、こういうところから崩れてしまわないか気になってこわいんですよね…
これが杞憂に終わればいいんですが…

1点目のPKの場面

自己犠牲のできる吉岡の存在は必要ではないか

今日の試合見て感じたのは、やはりスタメンに吉岡は必要ではないだろうかということ。
この試合、決勝ゴールを決めて結果を残したのは中村なんですけど、自己犠牲のできる吉岡の存在はチームにとってありがたいでしょう。

攻撃力では中村よりは劣りますが、吉岡は誰よりも惜しまずに前への守備をやってくれている。
この試合、好調な大分相手にやれていたのは、積極果敢な前線からのプレスが効いていたからこそ。

今の長崎は流れからの得点、攻撃での崩しのかたちがつくれていません。
それも踏まえてやりたいのは前からプレスを仕掛けてハメて、相手がミスする or 奪ってカウンターからゴールが理想でしょう。
それなら、吉岡を起用するのがいちばん理にかなっているのではないでしょうか。

今日の試合でもあったように、先に相手に先制されてしまうと苦しくなってしまうんですけどね。
そんなときこそ、ドリブラーで相手の陣形を切り裂くことのできる中村の出番ですよ。

もちろん、吉岡の得点にも期待はしていますが…

感想

勝ったは勝ったでうれしいんですけど、どこか素直に喜べないところもあるんです…
どこか去年の長崎と重なってもみえますし、同じ壁に直面している気もして…
こんな考えでいるのは自分だけでしょうか。こんなときは素直に喜んでおけばいいんでしょうかね…