V・ファーレン長崎 2016年J2第42節京都サンガF.C.戦の採点

2016年11月20日(日曜日)に行われた、V・ファーレン長崎2016年J2第42節京都サンガF.C.戦の選手採点です。

今日でリーグは最後となりましたが、この日も今年の長崎を表してるかのような試合内容で、0-2と何も良いとこナシで完敗。
今年は上手くいかず、頭を抱えることが多かったシーズンだったように思えます。
それでもシーズンが終わるとなると寂しいものがありますし、試合後のセレモニーでの言葉を聞いたりすると、来年以降に向けての糧にきっとなると信じたいです。

試合結果

スコア
長崎vs京都
02
0前半1
0後半1
スタッツ
チームシュートFKCKPK
長崎102010
京都81840
試合環境
スタジアム入場者数天候気温湿度主審副審副審
トラスタ5,509人22.4度71%吉田 寿光佐藤 貴之西村 幹也

第42節京都戦のメンバーと採点

スタメン
PosNo.選手名備考採点
GK1大久保 択生5.5
DF7李 栄直Yellow前半37分5.0
DF27村上 佑介6.0
DF6前田 悠佑5.5
MF16田中 裕人6.0
MF22宮本 航汰6.0
MF11神崎 大輔5.0
MF15岸田 翔平Out後半6分5.5
MF23梶川 諒太Out後半17分5.5
MF8木村 裕Out後半35分5.5
FW9永井 龍6.0
サブメンバー
PosNo.選手名備考採点
GK31三浦 雄也
DF3趙 民宇
MF10養父 雄仁
MF14田中 輝希
MF20中村 慶太In後半6分
Yellow後半40分
6.5
MF33白 星東In後半17分6.0
FW32畑 潤基In後半35分6.0

フォーメーション

  • 9
  • 23
  • 8
  • 11
  • 22
  • 16
  • 15
  • 6
  • 27
  • 7
  • 1

試合の感想

この試合、長崎は何もさせてもらえませんでしたね…
終始、相手に攻められっぱなしで、サイドバックを使った攻撃に手を焼き、特に長崎の左サイドを石櫃、アンドレイらにケチョンケチョンにやられていました。京都のサイドバックも果敢に上がってくるので、そのマークの受け渡しに梶川などの攻撃陣も引っ張られるせいで、攻撃に移る際も前線が低いためロングボールを放り込んでも繋ぐことができないですし、高さのバトルでも競り勝てずセカンドボールを常に相手に拾われてしまっていたのが印象に残っています。
永井が前プレを仕掛けても相手にいなされて簡単に外されてしまいますし、2失点目をやられた原因にもなって、今年の長崎はことごとく上手くいかないなぁと感じましたね…

この試合スタメンで入ったヨンジは気持ちは入ってましたが空回り気味で、攻撃の際に梶川に入れた斜めのパスは効果的でしたが、全体を通してパスの質が悪かったですし、神崎も1対1の局面で負けることが多く、この試合やられた元凶に挙げられても仕方ないと言える出来でした。

今年は開幕前、期待度の高かった北九州が降格してしまい、その相手に対しても勝てなかった長崎(この前のホームでの試合)を見ていると、明日は我が身と心に留めておくべきかもしれません…
これから長いシーズンオフに入りますが、来年に向けての楽しみより選手の入れ代わりなど、チームがどのように変わるのか不安のほうが大きいですね…
J2参入してから6位→14位→6位→15位と来ているので、来年は上昇の年になると期待したいです。

試合後のセレモニー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です