「はてなブログ デザインテーマコンテスト」で銅賞を受賞しました!

はてなブログで行われていた「はてなブログ デザインテーマコンテスト」で、私のつくったテーマ「Ja」が銅賞に選ばれました!

銅賞の賞品だった「はてなノベルティグッズ」も先日届きました!

はてなノベルティグッズ

トートバッグ。マチ付きで肩掛け用の紐があるのも地味にうれしい
真っ黒の表紙のノート。中はいたって普通のノートです
ステッカー。「思いは言葉に。」という言葉が良い

ひそかに銅賞のノベルティグッズ狙いだったので、受賞できてうれしいです。(金賞のAmazonギフト券もほしかったけど……)
正直この私がつくったテーマはシンプルすぎるので金賞は無理だろうなぁと思っていたのですが、銅賞ならイケるんじゃないかとちょっぴり思ってました😋

受賞でもらえるノベルティグッズもうれしいですが、はてなブログスタッフの方による選評もあって、選考理由がわかるのもうれしいですね。

テーマについて

私が公開しているテーマはどれもシンプルなモノばかりなのですが、これには一応理由があります。
私が結構チェックしているせいもあるかもしれませんが、個性やクセの強いテーマだと他の人のブログを読むときに「あっ、このサイトのテーマは○○だ」となって、サイトや記事の文章よりデザインの主張のほうにかき消されてしまう気がするんですよね。

ブログなどは文章を読むことに集中できて、テーマはひっそりと目立たないくらいがちょうど良いのではと思うんです。
公開するような汎用的なテーマでなく、個人オリジナルのサイトとかなら良いんでしょうけど。

今回つくった「Ja」はシンプルですが私なりの仕掛けも置いてあったりするので、そこのところの紹介やサポートも機会があれば今後載せてみようかと思っています。

また、現在ははてなブログはやっていないのですが、これを機に始めてみるのも面白いかもしれないですね。(Pro代をもっと安くして……)

「ホワイトラビット」読了 ひさびさに伊坂幸太郎作品を読む

ここ数年、伊坂幸太郎作品から遠ざかっていた、すなわち小説を読んでいなかった私なのですが、伊坂さんの新作も溜まってきているし、そろそろ読もうかなぁなんて思っていて、手に取ったのが「ホワイトラビット」でした。

事前にAmazonでの評価が高かったのは知っていましたが、あらすじなどは全く知らず、図書館で借りてきました。

忘れかけていた懐かしい登場人物が出演

すっかり忘れかけていたのですが、黒澤という名前の人物が出てきて、しかも泥棒ということでどんな作品に出ていた人物だったっけなぁ~となっていたのですが、領収書の紙のくだりのところあたりでようやく思い出しました。

他にも今村とか大西とかも出てましたが、それもどの作品で登場したっけなぁ~と曖昧に……
若葉ちゃんにいたっては、どんなキャラだったかということすら忘れていました。
覚えていたのは映画版「ポテチ」で木村文乃さんが演じていたということくらい。

黒澤は好きなキャラだったのですが、大活躍している今作を見るとこんな性格だったっけ?となったりもしましたが……
黒澤が登場する「ラッシュライフ」は、私が伊坂作品のなかで最も好きな作品と言っていたのに、数年も読まないでいると記憶が薄れていくものですね……

伊坂作品らしいけどちょっとした工夫も

立てこもり籠城事件が設定となっていましたが、お話は伊坂作品らしく、楽しく読み進めることができます。
時系列のズラし方とか主観の目線が頻繁に入れ替わったりして、途中わからなくなる部分もあったりしましたが、案の定今回も気持ちよくダマされました。「えぇ!?こうなるの~」って感じ。

最近の伊坂作品はただ伊坂作品らしさがあるだけでなく、変化も加えられてあったりしますが、今作でもレ・ミゼラブルの話が用いられていたり、作者が話に加わっていたりといった工夫も見られます。

個人的には結末として、もっとしっかりとした勧善懲悪を求めていた部分もあったのですが、ちょっとした肩透かしをくらうのも最近の伊坂作品らしいとも言えます。
兎田がヒーローになって活躍するシーンを思い描いていたのですが、最後はあっさりとフェードバックしていくのにも、また裏切られた感じです。

ひさしぶりに作品を読んでみて「やっぱり面白いなぁ」という印象だったのですが、それでも初期のころの作品と比べてしまうと、物足りなさは感じるところがあるかもしれません。

ですけど、面白さは安定級ですし、過去の登場人物とかが出てくるのが同窓会的な感じで楽しみでもあったりするので、これからもいろんな作品を読み進めていこうかと思います。

INFOBAR xv のクレジットタイトルで自分の名前をチェックしてみた

隠しコマンドを入力すると表示されるINFOBAR xv のクレジットタイトル画面に、自分の名前が入っているかをチェックしてみました。

これはINFOBAR xvのクラウドファンディングで支援した方だけの特典のモノで、隠しコマンドを使って開発者クレジットと支援者の一覧を表示させることができます。

隠しコマンドをポチポチ入力してみると、クレジットが表示され確認することができました!

私の名前は意外と上のほうにあったので、すぐに見つけられることができました。

クレジットの支援者の数は1,000人以上とのことなので、下のほうだと探すのは大変そうですね。

私はニックネームで登録しましたが、隠しコマンドであんまり見る機会もないものだから実名で登録してもよかったかなぁと思ったり……

でも、こうやってクレジットに名前が刻まれるのはうれしいものですね。
よくドラマやゲームの画面などで流れるクレジットの画面を見たりすると、自分もいつか1回は載ってみたいなと思ってましたから。

ガラホでもスマホサイトが見られるということ

INFOBAR好きの私は、このたび新しく出たガラホのINFOBAR xvに機種変更したのですが、ガラホでもスマホと同じウェブサイトを見ることができます。

INFOBAR xvの画面サイズは3.1インチ。

小さい画面と言われるiPhone SEですら4インチなのですから、ガラホのINFOBAR xvはそれよりももっと小さいのです。
ということは、スマホサイトを制作するときに少しばかりはガラホのことも意識しなければいけないのではということ……

スマホは画面の大型化が進み、サイトを構成するときにiPhone SEに対応するか微妙になってきていますが、ガラホを意識する人なんてさらに少数でしょう……

ですが、いまだにフィーチャーフォンを使っている人は多いですし(それがガラホなのか見分けることは難しいですが)、ガラホでサイトを見ている人も少なからずいるはず。

普段スマホでサイトを見ている私も、機種変更してからガラホでちょっぴりネットを閲覧してみましたが、意外と見られるというか悪くないんですよね……

つらいのはページを素早くスクロールしたいときや、さらっと記事を流し読みしたいときなどですが、ヘビーな使い方を必要としなければガラホでも十分いけます。

ガラホだとAndroid標準ブラウザ。私のサイトはハンバーガーメニューの位置がズレてた
INFOBAR xvはタッチ操作できず、カーソルで操作。ハンバーガーメニューもカーソルを合わせて表示する(Yahoo!サイト)
全部上下のみでカーソル移動できれば楽だが、時には横へのカーソル移動も必要
INFOBAR xvでaDpサイトを見たとき。INFOBARの御本家とあって比較的見やすい
auのニュースサイト。ガラホだとカード形式よりも、リスト表示のほうが一目で分かって見やすく、操作もしやすい

サイトをガラホにも対応するかどうかは、サイトの種類によっても変わってくるかもしれませんが、少しは頭の片隅にでも意識しておいたほうが良いかもしれません。

ソフトバンクの通信障害からみる2台持ちのススメ

12月6日に起こったソフトバンクの通信障害。私はソフトバンクの回線を使っていなかったため問題ありませんでしたが、ソフトバンクユーザーやワイモバイルユーザーは電話やネットが使えなかったようです。

私は現在、ガラホとスマホの2台持ちで運用しているのですが、そうしてみると2台持ちもあながち悪くないのかなぁと思ってしまいますね。

私はガラホをau、スマホをドコモ系の格安SIMのデータ通信で契約しているのですが、こうした問題が起こったときにどちらかでも使えたとしたら大きいですよね。

INFOBARでガラホを使ってみて思ったのが、やはりケータイというだけあってバッテリーの消費が少なくて済むことです。まったく使わなければ、1日数パーセントしか消費していない気がします。

別にガラホじゃなくてもスマホ2台でも良いでしょうし、電話用とデータ用とか、通信用とゲーム用とかいう使い分け方をしても良さそうですね。格安SIMが安く契約できるので2台持ちでも使い方をやりくりさえできれば、案外使える運用法だと思います。