2016 V・ファーレン長崎ファン感謝DAYに行ってきました!

2016年11月23日に行われた、2016 V・ファーレン長崎ファン感謝DAYに参加してきましたので、その時の感想を書いておこうと思います。
ファン感謝DAYは初めての参加だったので、行く前は少しドキドキでしたが楽しくって参加してよかったです。まさに神イベントでした!

場所はV・ファーレン十八銀行フィールド

今回行われたファン感謝DAYの場所は、V・ファーレン十八銀行フィールド。V・ファーレンの選手が普段練習しているところですね。
私は駐車場だった結の浜も、この戸石の練習場に足を踏み入れたのもはじめてでしたが、海の近くで普通の住宅街のようなところにあるんですねぇ。
アクセスは車じゃないと行くのが大変なのが難点ですが、それでもまた行きたいと思えるところでしたね。
クラブハウスや練習場も周りの景色に溶け込んでいて、ピッチの上に立っていても落ち着いた雰囲気で練習できそうで、これはこれでいいなぁと感じました。芝も気持ちいいですし

選手と触れ合える最高のイベント

このファン感謝DAYでは、ピッチ内での競技やグッズ会場、軽食エリアなど各場所に選手がいたため、間近で触れ合える機会が盛りだくさんでした。
無料でふるまわれた豚汁も選手から直接受け取ることができたし、やさしいお味で美味しさもマシマシに感じました。軽食のお値段がリーズナブルだったのも好印象。
ピッチイベントに参加するもしないも自由でユルさもあるので、気負うことなく気楽に参加できた点もまた良かったですね。
個人的には玉入れがシンプルながら一番楽しめました。綱引きは強い力で引っ張られると体に負荷がかかるので、意外とダメージを受けます…

イベントが終わったあとはサイン会が行われたのですが、時間が短くて私は一巡しかできませんでした。後からどの列にも行けるとのことだったので並ぶ列を最初に適当に選んだのですが、待ち時間が長くて時間だけがあっという間に過ぎてしまいましたね…
事前にどこの列に選手が居るか知ることができたり、またはもっと選手のグループを分散させて列の数を多くしたほうがよかったと思います。
まぁ、イベント中の合間合間で選手に写真撮影やサインを求めることができたので、あまり不満にはならなかったですけど。

最後は選手や監督、スタッフの方がお見送りしてくれたのですが、そのときのヴィヴィくんが手をやさしく両手で包みこんでくれたのが温かくて、この気の使い方にホレてしまいます。ヴィヴィくんの手はモコモコしていて、気持ちよかったです。選手よりもヴィヴィくんに触れたのが一番印象に残り、感激しました。ヴィヴィくんこそ最高のエンターテイナーですよ。

選手はアイドル

この日は選手に触れ合うことができ、サイン会があったり、最後はハイタッチでお見送りと最後までファンを楽しませてくれる姿を見ると、選手はまるでアイドルのようです。もしかしたら、アイドルよりもサッカー選手のほうにハマる人は結構いるだろうなぁと今日のイベントを体験して感じましたね。実際、V・ファーレンの試合に来ているファンには若い女性の比率が高い気がしますし、試合後に出待ちしている人も多いですもんね。
これから推すならアイドルよりもサッカー選手がおすすめかもしれません。

角煮MAN総選挙の結果

VVN2016“角煮MAN”総選挙の結果が発表され、梶川選手が1位に輝き、見事2連覇を達成しました。さすがに強かったですねぇ。2位には修学旅行生の票を集めた択生選手(笑)
予想は見事に外れましたねぇ…もはや外れることが当たり前のように感じています。

角煮MAN総選挙の順位を予想した記事:VVN2016“角煮MAN”総選挙の順位予想

最後に

途中まで行こうかどうか迷っていたのですが、参加してほんとうに良かったです。こうやって選手と触れ合えることができるというのは、地元にクラブがあるからという、ありがたさを改めて知ることができた時間のように感じられました。来年もまた行きたくなるようなイベントで、今年は成績も悪くていろいろありましたけど、これが肥やしとなり、これからもV・ファーレン長崎を応援して、大輪の花が咲くのを見てみたくなりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です