今年の布陣が出揃ってきたので、ここで整理して想像してみる

今年も多くの選手の入れ替えがあって、いろいろな感情が交錯しているオフシーズン。V・ファーレンの2017年のトップチームが1月10日から動きだすということですし、今年の選手の陣容も大体見えてきたので、ここらで整理しておこうと思います。

2017年の布陣の予想

ゴールキーパー富澤、三浦、増田、奥田
センターバック髙杉、田上、村上、北谷、乾、田代
ボランチ前田、養父、宮本、碓井、林田、島田
ウイングバック中村、福田、飯尾、古部
アタッカー木村、田中、北川、幸野、翁長、吉岡
フォワード畑、澤田、ファンマ

新加入選手のポジションは正しいか分かりませんが、3-4-2-1をベースにして考えてみると各ポジションそれぞれ人数が揃ってますし、戦力も十分あるので去年と比べると期待できる布陣になっているのではないかと思っています。(去年も最高の布陣が揃ったと思って、このような結果になってしまいましたが…)

しかし、気になるのは核となりそうなボランチの不在と、ウイングバックの層の薄さが挙げられます。特にボランチは去年もベストな形を見出すのに時間を要していますし、新加入の島田の活躍や、宮本、養父などの躍進に期待すべき、というところでしょうか…
もしくはレノファでボランチをやっていた幸野を置くというプランも、もしかしたらあるのでしょうかね。

ウイングバックには戻ってきた古部に加えて、福田、飯尾と実力者が揃っているのでそこは問題ないのですが、その後に続く選手が見つかりません。中村は昨シーズンもサイドをやってはいましたが、彼の攻撃性を生かすなら2列目で使いたいですし、守備には不安もあります。センターバックはガッチリしてあるので、村上をサイドにもってくるとか碓井を使うという手もあるかもしれませんね。

前線は魅力ある選手がならんでいて、むしろアタッカーに関しては過多ではないのかという感じもあります。
そのなかでも特に期待したいのが、清水から移籍してきた澤田。熊本時代のプレーを動画で見た限りでは、永井のように爆発して活躍するのではないかという雰囲気があり、期待大。
ファンマは長崎のサッカーにフィットするのかという懸念はありますが、長身FWですし、この経歴、実績を見るとどうしても気になってしまう存在。
あとは大学生ルーキーが、即戦力として活躍なるかというところも見所のひとつ。

キーパーは増田、奥田が入って4人体制となりました。正GKは実力のあるだろう増田になると予想されますが、もし期待はずれだったらということを考えると、この4人体制も悪くはないかと思います。

去年よりも期待できるのでは!?という淡い期待

今年も主力選手がごっそりと抜けて、もはや別のチームとなってしまった感はありますが、このメンバーならやってくれるんじゃないかという淡い期待も抱いています。
広島から入ってきた増田など新加入の選手を見ると、テクニックある選手が多い印象なので、今年は後ろからのビルドアップをより意識したサッカーになるのではとも勝手に想像しています。J2初年度の長崎を知っている古部と幸野もいますし、ハマればJ1昇格だって狙えるメンバーが揃っているのではないでしょうか。でも、ハマらなかったときのことを考えると怖いですけどね…

移籍していった多くの選手は同じカテゴリーのクラブが多いので、対戦するときの楽しみもより増えますし、何だかんだ面白いワクワクするようなシーズンになりそうな気がして、今から楽しみです。