観戦してきました! V・ファーレン 2016 J2第17節セレッソ戦の採点

2016年6月8日(水曜日)に行われた、V・ファーレン長崎対セレッソ大阪の試合を観戦してきました。

試合結果

スコア
長崎VSC大阪
12
0前半1
1後半1
スタッツ
チームシュートFKCKPK
長崎6860
C大阪111140
試合環境
スタジアム入場者数天候気温湿度主審副審副審
県総陸上競技場6,342人25.0度77%荒木 友輔川崎 秋仁和角 敏之

第17節セレッソ大阪戦の選手採点

スタメン
PosNo.選手名備考採点
GK1大久保 択生5.5
DF3趙 民宇5.0
DF4髙杉 亮太5.0
DF7李 栄直Out後半33分5.0
MF6前田 悠佑Out後半41分5.0
MF16田中 裕人5.5
MF30松本 大輝Out後半0分5.0
MF15岸田 翔平5.0
MF23梶川 諒太5.5
FW9永井 龍Yellow後半6分
Goal後半47分
5.5
FW18佐藤 洸一Yellow後半32分5.5
サブメンバー
PosNo.選手名備考採点
GK31三浦 雄也
DF5田上 大地
MF8木村 裕
MF10養父 雄仁In後半41分
MF20中村 慶太In後半0分5.0
MF22宮本 航汰
MF25北川 滉平In後半33分5.5

試合を見ての感想

ないわぁ~。ありえないでしょ、こんな試合の幕切れなんて…
90分間延々とクソ試合を見せられて、アディショナルタイムに永井が古巣相手に劇的なゴールで同点に追いついて、盛り上げておきながらすぐさま失点して、奈落の底に突き落とすとか日本代表のボスニア戦よりもたちが悪いでしょ…

フォメを変えてから2勝2分と調子良く続いていただけに、この敗戦は再び流れが悪くなるおそれがありそう。

結果論になってしまいますが、この試合は選手をターンオーバーして起用すべきだったのではないでしょうか。
昨シーズンは、チームが好調なときでもあっさりとメンバーを変えてターンオーバーしていたのですが、今年は不調が続いていただけに、ここで選手を変えるのは難しかったのでしょうか。

永井は、前線からの守備以外では90分間何もできていませんでしたが、最後の一撃で決めてしまうところは、これぞストライカーといった感じ。
ゴールを決めたときは、めっちゃテンション上がりましたけどねぇ…
その直後に失点してしまい、一気にテンションがた落ちですよ…

今の長崎で頼りになるのが、梶川と永井だけというのがつらいですね。
中村・北川には期待していましたが、ことごとくセレッソの守備に防がれてましたし…

柿谷が開始早々に負傷で離脱したのは、残念でした。柿谷のプレーを見たかったのになぁ。
しかも、代わって入ったリカルド・サントスに決められるとか…

てか、なんでジンヒョンがもう戻ってきてるんだよ、ソウザがスタメンにいるんだよ、どうしてフルメンバーなんだよ。
ブルーノ・メネゲウには終始やられっぱなし…
セレッソの選手は、皆ガタイもしっかりとしていて、貫禄みたいなのがありますね。

この負けは、かなり痛いなぁ…
個人的にも、とても胸が痛む試合となりました。

https://youtu.be/xzxgfrW28rc


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です