V・ファーレン長崎 2016 J2第18節コンサドーレ札幌戦の採点

2016年6月13日(月曜日)に行われた、J2第18節北海道コンサドーレ札幌戦のV・ファーレン選手の採点です。

試合結果

スコア
札幌 VS 長崎
2 1
2 前半 1
0 後半 0
スタッツ
チーム シュート FK CK PK
札幌 9 10 6 0
長崎 6 18 1 0
試合環境
スタジアム 入場者数 天候 気温 湿度 主審 副審 副審
札幌ドーム 10,607人 屋内 23.7度 61% 野田 祐樹 大友 一平 田島 宏則

第18節北海道コンサドーレ札幌戦の選手採点

スタメン
Pos No. 選手名 備考 採点
GK 1 大久保 択生 5.5
DF 3 趙 民宇 5.5
DF 5 田上 大地 5.0
DF 7 李 栄直 5.5
MF 6 前田 悠佑 Out後半39分 5.5
MF 16 田中 裕人 5.5
MF 13 パク ヒョンジン Out後半30分 5.0
MF 20 中村 慶太 Out後半18分 5.5
MF 23 梶川 諒太 6.0
FW 9 永井 龍 Goal前半19分 6.0
FW 18 佐藤 洸一 5.5
サブメンバー
Pos No. 選手名 備考 採点
GK 31 三浦 雄也
DF 27 村上 佑介 In後半30分
Yellow後半31分
5.5
MF 8 木村 裕
MF 10 養父 雄仁 In後半39分
MF 15 岸田 翔平 In後半18分 5.5
MF 22 宮本 航汰
MF 25 北川 滉平

今節の感想

この試合は高杉が欠場ということもあり、田上が3バックの中央を務めたのですが、やはりまだ荷が重かったですね…
パスミスから失点につながるプレーをおかし、守備の対応も難しい場面ではありましたが、まずかったかな…

長崎が幸先よく先制したものも、決めたのはまたしても永井。
永井が脅威の決定力で、数少ないチャンスでもゴールを決めてくれるので助かってますが、得点源が永井のみなのが若干不安ですね。

先制したのに、またすぐ同点に追いつかれる…
って、また!?
もうそろそろ、昨季の失点数も超えちゃうんじゃないの…?

不用意なミスからの失点は痛いですね。しかし、そのチャンスを確実に決めてくる都倉をはじめとした札幌は、首位のチームだけありさすが。
長崎にも、相手の横パスのミスを永井が奪って、ゴールに迫りましたがシュートは枠外…
こういう部分を決めるかどうかで、チームの差がでるのでしょうか。

前にも書いたかもしれませんが、3CBの中央の選手が安定した働きができてないのが、今の長崎の失点が多い問題のひとつかなと思います。
最近、上本の出番が全然ありませんが、どうなのでしょうかね。
序盤で試合に出たときのパフォーマンスはいまいちではありましたが、もう一度見てみたいという気持ちもありますね。

あともうひとつ、今季はサイドの守備も弱いためサイドの裏をつかれてしまうことが多いので、いっそのこと4バックにしてしまったほうが安定しそうではありますが、むやみにフォーメーションを変えてチームが機能しなくなるのもこわいですし…

う~む、難しいですねぇ。

https://youtu.be/-NarUbh2-mI


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です