V・ファーレン長崎 2016J2第27節ロアッソ熊本戦の採点

2016年8月7日(日曜日)に行われた、J2第27節ロアッソ熊本戦の選手採点です。
試合は2-1で長崎の勝利。苦手としていた熊本相手に勝利したのは大きいですね。

試合結果

熊本VS長崎
12
0前半0
1後半2
スタッツ
チームシュートFKCKPK
熊本81030
長崎121330
試合環境
スタジアム入場者数天候気温湿度主審副審副審
うまかな・よかなスタジアム6,572人31.2度70%山本 雄大堀越 雅弘村田 裕介

第27節ロアッソ熊本戦の選手採点

スタメン
PosNo.選手名備考採点
GK1大久保 択生6.0
DF2坂井 達弥6.0
DF4髙杉 亮太6.5
DF27村上 佑介Out後半36分6.5
MF16田中 裕人6.5
MF10養父 雄仁Out後半21分6.5
MF13パク ヒョンジン6.5
MF15岸田 翔平Goal後半17分6.5
MF23梶川 諒太6.5
FW18佐藤 洸一Out後半0分5.5
FW9永井 龍Goal後半45分
Yellow後半49分
6.5
サブメンバー
PosNo.選手名交代採点
GK31三浦 雄也
DF3趙 民宇
MF6前田 悠佑
MF7李 栄直In後半36分5.5
MF20中村 慶太
MF22宮本 航汰In後半21分6.0
MF33白 星東In後半0分6.0

試合の感想

後半30分くらいまでは熊本相手に攻撃を何もさせず、今シーズンのベストゲームといっても良いくらいの出来ばえでした。
しかしその後は熊本に押され始め、長崎の選手も徐々にあたふたしだし、怪しい雰囲気に…
そこを終盤、永井が2点目となるダメ押しゴールを決め、これで試合は決まったかと思いましたが、終了間際に1点を返されたのはもったいなかったですね。

今日の試合はナイスゲームではあったのですが、最後の失点が腑に落ちず何だか微妙な感じになってしまいました…

佐藤を使うか、ソンドンを使うか…

今日の試合、前半は佐藤 洸一がスタメンでしたが、後半はソンドンと交代となりました。

佐藤 洸一は高さがあるのでロングボールの競り合いにも強いですし、ポストプレーやワンタッチでのパス、そして時々決めてくれるゴールとまずまずの活躍をしてくれるのですが、壊滅的なのが自分でボールを持ったときです。
佐藤にはスピードがありませんし自分で突破する力がないので、佐藤がボールを持ったときは攻撃が前に進みづらくなってしまうんですよね。

一方、後半から入ったソンドンは高さはありませんが、キレのあるドリブルで個人で突破する力を持っています。

ソンドンが交代で入ってから、長崎のサッカーにも変化がありました。
前半は、ロングボールを前線に放り込む回数が多かったのですが、後半になってからはグラウンダーのパスで崩すようになりました。
ロングボールが減った分、相手に不用意にボールを渡す機会が減ったように感じます。

長崎はボール回しの際、苦しくなったらとりあえず前に放り込んどけ、という傾向があるのですが、ソンドンが入ってからはしっかりとボールを繋いで運んでいこうという気配が見られましたし、梶川やソンドンが流動的に動いて、コンビネーションで崩すシーンが増えてきました。
これは長崎にとって良い傾向なのではないでしょうか。
これまでの長崎に主な攻撃は、サイドからの崩しが多かったので中央からも崩せるようになると、バリエーションも増えて攻撃の迫力がより増すはず。

この試合では、後半にソンドンが入って点が決まり試合が動いたのですが、決して佐藤の出来が悪かったという訳ではありません。
少なくとも佐藤のほうが高さもある分、守備での貢献度は高いと思います。

今後、高さを活かして佐藤を使うか、個人で突破できるソンドンを使うか、起用法が楽しみです。

https://youtu.be/iM25526CM9U


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です