V・ファーレン長崎 2016J2第29節ツエーゲン金沢戦の採点

2016年8月11日(木曜日)に行われた、2016年J2第29節V・ファーレン長崎対ツエーゲン金沢の試合を観戦してきました。
そのときのV・ファーレン長崎の選手採点です。
試合結果は0-0の引き分け。内容は一言で言うと塩試合でした。

試合結果

長崎 VS 金沢
0 0
0 前半 0
0 後半 0
スタッツ
チーム シュート FK CK PK
長崎 8 11 4 0
金沢 11 12 5 0
試合環境
スタジアム 入場者数 天候 気温 湿度 主審 副審 副審
トラスタ 4,315人 30.8度 69% 塚田 健太 竹田 明弘 鈴木 規志

第29節ツエーゲン金沢戦の選手採点

スタメン
Pos No. 選手名 備考 採点
GK 1 大久保 択生 6.0
DF 2 坂井 達弥 Out後半0分 6.0
DF 4 髙杉 亮太 Yellow後半45分 6.5
DF 3 趙 民宇 Out後半38分 5.5
MF 6 前田 悠佑 5.0
MF 10 養父 雄仁 Out後半25分 5.5
MF 7 李 栄直 5.5
MF 15 岸田 翔平 5.5
MF 22 宮本 航汰 Yellow後半12分 5.5
MF 33 白 星東 5.0
FW 9 永井 龍 5.5
サブメンバー
Pos No. 選手名 備考 採点
GK 31 三浦 雄也
DF 27 村上 佑介
MF 13 パク ヒョンジン In後半0分 6.0
MF 16 田中 裕人
MF 20 中村 慶太 In後半38分 5.5
MF 23 梶川 諒太 In後半25分 6.0
MF 26 碓井 鉄平

試合を見た感想

木曜から中2日の試合でしたので、選手を多少変えてくるとは思いましたが、意外だったのはヨンジを右のサイドで起用したこと。
元々攻撃にも魅力ある選手なので、攻撃時は問題ありませんでしたが、守備ではサイドの裏をつかれて何度も危ない場面を作られていました。
それを受けてか、後半からはいつものCBのポジションでプレーしてましたね。

90分通して退屈な試合

木曜も試合だったということで疲れもあったかと思いますが、この試合中全く良いところがありませんでしたね。
90分通して退屈でつまらない試合で、この夏の暑さ+オリンピック視聴での寝不足もあり、気分ダウン&観戦していても眠くなるような試合でした。

ゴール前でのアイデアの欠如

スポーツナビの戦評にも書いてありましたが、ゴール前での崩しのアイデアが欠如しており、点を取れる気が全くしません。

過密日程のため、前節からスターティングメンバーを大幅に入れ替えた長崎。…(省略)後半に入ると、相手の背後を突くシンプルな攻撃でチャンスを創出する。しかし、ゴール前でのアイデアが欠如し、最後まで得点を奪うことはできず。
Sportsnaviの試合結果より

ゴール前での崩しは、もう長崎の初年度からの課題であると思いますが、未だに改善の余地がなし…
結局の頼みどころはサイドからピンポイントでクロスをあわせるか、永井の得点力のみにかかっています。
もっと得点を奪えるパターンをつくらないと、この先も戦うのが難しいと思います。

金沢もあまり良かったとはいえない出来だったので、その相手にこの内容は厳しいですね…
こんな内容なら、選手を休ませるためにも全員ターンオーバーするくらい思い切ってもよかったですね。

次の試合に向けて

はっきりいって、この試合は見る価値なしと言っていいくらいの試合でした。お金を払ってみるのがもったいないくらい…
次の試合ではオリンピックの選手を見習う気持ちで、負けたら終わりくらいの気合・意気込みをみせてほしいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です