V・ファーレン長崎 2017年J2第15節FC岐阜戦の感想・採点

2017年5月21日(日曜日)に行われた、J2リーグ第15節FC岐阜戦の感想と選手採点です。

試合は4-4で引き分け。
取り消しとなった幻の5点目のシーンは、最初はどうして取り消されたんだ?と疑問に思ってましたが、確認してみるとキックオフ前から翁長が爆走していることが判明(笑)
これにより、バカ試合がさらに印象強いものに…
まあ、終了間際でもこんなに走れていますし、ゴールを狙おうという姿勢は評価できます。

相手のミスから先制し、カウンターから少ないチャンスで追加点を奪うことにも成功して理想的な展開のはずだったんですけどね。
さすがにこれだけ相手に攻め続けられては、守りきるのは苦しかった。

試合結果

スコア
岐阜vs長崎
44
1前半2
3後半2
スタッツ
チームシュートFKCKPK
岐阜161731
長崎71311
試合環境
スタジアム入場者数天候気温湿度主審副審副審
岐阜メモリアルセンター長良川競技場4,475人24.7度50%家本 政明作本 貴典櫻井 大輔

岐阜戦の選手採点

スタメン
PosNo.選手名備考採点
GK1増田 卓也5.5
DF23北谷 史孝 Out後半33分6.0
DF4高杉 亮太5.0
DF13乾 大知5.5
MF6前田 悠佑 Out後半0分5.5
MF15島田 譲6.0
MF16宮本 航汰5.5
MF3飯尾 竜太朗 Goal後半6分6.0
MF28翁長 聖 Goal後半41分6.0
FW8木村 裕 Goal前半24分,42分
Out後半23分
6.5
FW19澤田 崇5.5
サブメンバー
PosNo.選手名備考採点
GK21富澤 雅也
DF2田代 真一 In後半33分5.0
MF10養父 雄仁
MF17古部 健太 In後半0分5.5
MF18吉岡 雅和
MF20中村 慶太
FW9ファンマ In後半23分5.0

フォーメーション

  • 8
  • 19
  • 6
  • 16
  • 28
  • 15
  • 3
  • 23
  • 4
  • 13
  • 1

持たされるより 持たせたい

相手の岐阜はこまかくパスをつなぐポゼッションのチーム。
一方、長崎は高い位置からプレスでボールを奪ってショートカウンターが得意。
長崎は、こういうポゼッションしてくるチームのほうが相性的にも向いているだろうと試合前は思っていました。

「持たされるよりも~ 持たせたいマジで~」

ボールを持たされるくらいなら、相手に持たせておいたほうがやりやすいはず。
相手が食いついて攻め込んできたところを奪って、カウンターからゴールを狙う。
実際、相手のミスから先制にも成功し、カウンターから少ないチャンスでも追加点となるゴールも挙げました。
これはまさに長崎の理想の展開…

そうなるはずだったのに…

持たせたいとは言ったけど、こんなに持たされるとは思ってなかった(泣)
ず~っと岐阜がボールをしていて、長崎は耐え続ける…
これはもはやサンドバッグ状態

後半に入ってからはプレスもいけなくなり、ラインも低くなってドン引き守備がより顕著なものに。
ボールを奪ってもラインが低すぎて、すぐに相手にボールを奪われてしまう。
これではさすがに途中交代で入ったファンマも、岐阜の前では無となってしまった…

受けにまわりすぎて、最後の最後で長崎の守備の壁を打ち砕かれてしまい、同点の結果に終わったこの試合。
北谷が途中交代して枠を使い切ってしまったのが、悔やまれるポイントかもしれませんが、これはもうどうしようもないこと。
勝ち点1をとれたのはよかったけど、4-2の時点でこの試合はイケる!と思ってしまっただけに、この引き分けは残念にも感じます。