さくらインターネットからmixhostへサーバーを移転しました

最近になって、SSL化に対応したい&他にもサイトをつくりたいと思っていたので、SSL対応がしやすいエックスサーバーに移転しようかと考えていたのですが、mixhostという気になるレンタルサーバーを見つけたので試してみることにしました。

最初に知って興味が湧いたのは、この記事を見てからですかね…
ついにやってきた次世代環境のレンタルサーバ! – W3G

30日間無料で体験できる期間があったのですが、その期間が終わりに近づいてきたので、正式にさくらインターネットから乗り換えました。
無料期間が残り1週間を切ってくると、カウントダウンかの如く、無料期間があと何日ですよ~とメールでお知らせしてくれるので、期間を忘れそうになっても安心です。

ここでは、さくらインターネットからmixhostに乗り換えてみてどうだったかなどの感想を書いていこうと思います。
ちなみに言うと、さくらのレンタルサーバのスタンダードから乗り換えています。
これまでは毎月払いだったのですが、思い切って12ヶ月払いにしちゃいましたよ。

移転するのは思ったより難しくなかった

サーバーを変えようと思ったときに一番気になるのは、移転するのが面倒ではないか?
ということだと思うのですが、思ったよりも難しくなかったというか、意外と簡単に移転することができましたよ。

マニュアルが分かりやすくて使える

移転に関する操作法などは大抵マニュアルに載っていて、見れば分かったのでとっても頼りになりました。
初めてのご利用ガイド

私がよく見て参考にしていたのはこんなページ。

All-in-One WP Migrationというプラグインが有能すぎる

他サーバーからmixhostへの移転方法にプラグインを使って行う方法があったのですが、そこで紹介されている「All-in-One WP Migration」というプラグインが便利だったので、簡単に移転することができました。

容量が500MBを超えていると無料版は使えなくなるみたいなのですが、私の場合は500MB以下でしたので大丈夫でした。
このプラグインならFTPソフトを使わずに設定ファイルを書き換えたりする必要もなく、ファイルをインポートしたりするだけで移せたので、移転に関する負担は少なかったように感じます。

これまで移転したことがなかったので、移転がどのくらい大変なのか分からない部分もありますが…

使ってみた感想(良いところ)

移転して使ってみた感想なのですが、レンタルサーバーを借りてWordPressをこれから始めるなら、さくらインターネットよりもmixhostが間違いなく使いやすくてオススメだということです。

コントロールパネルが分かりやすい

レンタルサーバーを借りて始めるとなると、コントロールパネルを使う機会が多々あると思いますが、mixhostのコントロールパネルはどこに何があるか分かりやすくて、さくらインターネットのモノよりは使いやすいと感じます。

アイコンも大きく表示されていて直感的に見て分かりやすいですし、場所を入れ替えできるのも便利ですね。
もともと英語のモノを翻訳しているのか、ところどころ日本語表記が微妙なところがあるのは、ちょっと不安になるときもあるかもしれません…

WordPressのインストールが楽

さくらインターネットでも簡単にWordPressをインストールできる機能があるのですが、データベースを設定したりなど私には意外と簡単ではなかった…
でも、mixhostは本当にただインストールするだけでOKみたいな感じだったので、より簡単で楽になりました。

インストールした直後の状態だと、必須のプラグインだと言われているWP Multibyte Patchが入ってなかったり、タイムゾーンの設定などがされていないままなので、さくらと比べるとちょっと面食らうところもあるかも…?

SSL化も簡単

SSL化も簡単で、独自ドメインを設定してただ1日弱待っているだけでSSL対応できるというお手軽さ。
一晩寝かせることで、熟成されて美味しくなった2日目のカレーのようです。

サイトの表示が速くなった

実際のサイトの速度がどうなったかは調べてはいないので分かりませんが、体感で明らかにサイトが表示されるのが速くなったと実感することができます。やっぱり速くなるのってイイことですねぇ~

WordPressの管理画面がサクサク

サイトが速くなったことも嬉しかったのですが、もう一つ嬉しかったことが。
それはWordPressの管理画面がサクサクになったということ!
記事を書くときの文字の入力や、単にページを移動するとき、プラグインのインストールや削除など、全ての動作がサクサクで快適になったのです。
まるでこの管理画面内だけ、新しいパソコンに買い換えたときのような快適を味わえる…これがSSDの力というモノなのでしょうか。

実は、これが一番移転してみて良かったと思えることかもしれませんね。この快適さを知ってしまったら、もうさくらインターネットには戻れる気がしません。

使ってみた感想(良くないところ)

これまで良いところばっかり書いてきてアレなので、使ってみて良くないところ、というか気になるところも挙げてみたいと思います。

容量が少ない

これは始めに契約するときに誰しもが気になるところだと思うのですが、他のレンタルサーバーと比べて容量が少ないのは気になります。
エックスサーバーの200GBとかは多すぎて使い切る気はしませんし、10GBとかでもサイトの数が少なければ十分でしょうが、それでもこれだけで大丈夫かと途端に不安になる心理は何なんでしょうかねぇ…
余裕はたっぷりあったほうがいいよね的な。
私なんてこのmixhostの容量でも、まだ2%くらいしか使ってないんですけどね…(笑)

JCBカードが使えない

これは意外な盲点でした。JCBのカードを使おうと思っていたので、これが使えないというのが地味にどうしようか迷ったところでもあります。
まぁ、それでも他のカードや銀行振込もできるので大丈夫ではありますが、何とか対応してほしいところですね。

最後に

これからWordPressを始める予定で、500円/月程度のレンタルサーバーを検討しているという方には、さくらインターネットよりもmixhostをおすすめします。

さくらインターネットのほうが歴史も長いし、皆も使っているから安心というところはありますが、新しいモノが好き、性能が良いほうが好きという方に向いているかもしれませんね。

もしmixhostの容量がきつくなってくることがあったら、エックスサーバーも併用して試してみようかと思っています。

月額480円からの高性能クラウドレンタルサーバー