U-23日本代表 リオ五輪1次予選ナイジェリア戦採点

日本時間2016年8月5日午前10時より行われた、リオオリンピックサッカー日本代表1次予選グループB日本対ナイジェリア戦の選手採点です。

リオ五輪1次予選ナイジェリア戦の選手採点

スタメン
Pos No. 選手名 採点
GK 1 櫛引 政敏 5.0
DF 5 植田 直道 5.0
DF 6 塩谷 司 4.5
DF 4 藤春 廣輝 5.5
DF 2 室屋 成 5.0
MF 3 遠藤 航 5.0
MF 7 原川 力 4.5
MF 8 大島 僚太 6.0
MF 10 中島 翔哉 5.0
MF 18 南野 拓実 5.5
FW 13 興梠 慎三 6.0
途中交代
Pos No. 選手名 交代 採点
FW 16 浅野 拓磨 ⇔ 原川 後半7分 6.0
FW 11 鈴木武蔵 ⇔ 興梠 後半25分 6.0
MF 9 矢島 慎也 ⇔ 中島 後半31分 5.0

試合の感想

結果は1点差での敗戦でしたが、内容としては完敗というところ。
試合前は「耐えて勝つ」というはずだったのですが、ふたを開けてみればスコアは4-5と打ち合いの乱打戦に…

このナイジェリア戦でも相手の様子をうかがって試合に入ったのですが、早々に失点してしまったのが痛かったですね…
相手の予想以上の身体能力に対応することができませんでした。

日本はやはり守備よりも攻撃が特徴のチーム

手倉森監督のもと守備に重きを置き、メンバー選考にOA(オーバーエイジ)にDFを2人起用し、今日の初戦でもフォーメーションを変えてアンカーに遠藤を置いて臨んだのですが、見事に失敗しましたね…
OAの藤春と塩谷は共にDFながらも攻撃に魅力がある選手ですし、中盤の選手を見ても守備が売りの選手がいません。
守備重視でいくなら、もっと割り切った選手の選考やサッカーをすべきだと思います。

今日の試合でも失点しリードされてから、日本が攻撃に意識をシフトしたときが一番強さを感じるので、いっそ攻撃で相手を押し込むことが勝ちにつながると、考えを改めたほうが良いかも知れません。

初戦を落として苦しいところですが、得失点差も最小限に抑えましたし、残り2勝すればまだチャンスはあるので、がんばってもらいたいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です