今年を振り返る。私的V・ファーレン通信簿2016

昨年に引き続き、今年も選手一人ひとりに五段階評価で成績をつける私的な通信簿を作成してみます。
以前書いたときは年末でしたが、今回は移籍市場が活性化する前にやってしまおうと思って書くことにしました。

今年を振り返る。私的V・ファーレン通信簿 2015 J2

チーム評価

  • 攻撃 D
  • 守備 D
  • 采配 C

今年は15位で終わり、勝点も得点数も失点数もJ2参戦後最低という、不甲斐ない結果となりました。

この成績の原因は、間違いなく大幅な選手を入れ替えしたことによるものだと思います。
他のクラブを見ていても、J2降格した名古屋や千葉など選手を大幅に入れ替えたところは大抵、成績が振るわなかったですし…

これまでは主力選手が抜けても新戦力の活躍でカバーできていましたが、今年は抜けた選手の穴を埋められると目論んでいた新加入選手がことごとく不発だったため、シーズン中最後まで構成に苦労し、迷走していた感がありました…

やはりヨンジェ、黒木、刀根のセンターラインに加え、長崎の重要ポジションであるサイドの古部といった主力選手を失ったのが痛かったです。
中でも一番きつかったのがボランチです。黒木、井上、花井とボランチが皆いなくなってしまったので、前田がスタメンで起用されたり、フォーメーションを変えてアンカーを置いたりと試行錯誤の連続。

シーズン途中の夏の補強も、なんでソンドンを獲ったの?!というのが個人的には正直な感想ですし、坂井も期待はずれで今年はまったくといっていいほど補強が上手くいかなかったと思います。

その中でも唯一の希望は永井の存在。永井のスカっとするようなゴールがなければ、私の心の中はモヤモヤだらけで今ごろ闇にでも堕ちていたでしょう…
永井は17点とって大きく貢献しましたが、それでも昨年のエースだったヨンジェは潰れることができたり、ポストプレイやロングボールの競り合いなどと、ゴールよりもチームのためと自己犠牲できる選手で、数字に表れない部分で大きく貢献してくれるプレーヤーだったので、一概にどちらが優れているかとはいえないんですよねぇ…

永井よりヨンジェのほうが優れているとかそういうことではなく、何が言いたいかというと、チームの良さとかスタイルとかそういうものは簡単に新戦力を補強しただけで埋まるものではないということです。
今季は、これまでの伝統の味のスープに新たなエッセンスを注ぎ込みすぎて、元の味が分からなくなってしまったようなものであると思います。
来季は同じような過ちは犯してほしくない…何がいけなかったのかを冷静に分析、判断して補強、采配に活かしてほしいです。

今年の主なスタメン

Pos No. 選手名
GK 1 大久保 択生
DF 3 趙 民宇
DF 27 村上 佑介
DF 6 前田 悠佑
MF 16 田中 裕人
MF 13 パク ヒョンジン
MF 15 岸田 翔平
MF 23 梶川 諒太
MF 33 白 星東
MF 8 木村 裕
FW 9 永井 龍
  • 9
  • 8
  • 23
  • 33
  • 13
  • 16
  • 15
  • 6
  • 27
  • 3
  • 1

選手評価

ポジションごとの選手の評価とMVPです。選手へのコメントは採点記録のほうで書いているので、ここではカットしようと思います。
評価の基準は全体からみての判断ではなく、選手個人に対して、この選手の素質、能力からしてもっとやれたんじゃない?とか、思ったより良かったというような基準で行っています。
まぁ、あくまで私目線での評価なので、そこのところはノークレームでお願いします。
(評価は、A~Eの5段階評価となっています。)

GK

Pos No. 選手名 評価
GK 1 大久保 択生 C
GK 21 富澤 雅也 E
GK 31 三浦 雄也 D

DF

Pos No. 選手名 評価
DF 2 坂井 達弥 D
DF 3 趙 民宇 B
DF 4 髙杉 亮太 D
DF 5 田上 大地 C
DF 15 岸田 翔平 B
DF 27 村上 佑介 B
DF 29 上本 大海 D

MF

Pos No. 選手名 評価
MF 6 前田 悠佑 C
MF 7 李 栄直 D
MF 8 木村 裕 C
MF 10 養父 雄仁 D
MF 11 神崎 大輔 C
MF 13 パク ヒョンジン B
MF 14 田中 輝希 C
MF 16 田中 裕人 B
MF 20 中村 慶太 B
MF 22 宮本 航汰 C
MF 23 梶川 諒太 B
MF 24 小野寺 達也 D
MF 25 北川 滉平 D
MF 26 碓井 鉄平 D
MF 28 林 友哉 E
MF 33 白 星東 C

FW

Pos No. 選手名 評価
FW 9 永井 龍 A
FW 18 佐藤 洸一 C
FW 32 畑 潤基 B

MVP

今年のMVPはもちろんこの人でしょう。FW背番号9番 永井 龍選手です!
これだけのプレー、ポテンシャルがあるのであれば、上のカテゴリーでも充分通用するはず。個人的にはJ1クラブでの活躍も見てみたいという気もしますが、長崎のエースでいてほしいという希望もあって迷うところ…
まぁ、決めるのは永井選手なので、今後どこへ行ったとしても応援したいと思います。

次点には、一人でずっと奮闘していた梶川選手を挙げたいと思います。

私的感想

今季はホームは全試合観戦し、アウェイも全試合チェックしていたため、チームや選手への想いは一段強いものがありました。
成績がこんな結果なのであれでしたが、それでも見ているうちに次第に愛着がわいてきますし、チーム、選手との距離感も一歩近づいた気がします。そもそもこんなに選手と近づけるんだということすら知りませんでしたしね…

今年は相割でシーズンパスが半額だったので、ホームでこれだけ負け越していてもお得感があったのですが、来年もこの内容だったらどうしようという怖い思いがあり、まだシーズンパス購入までは踏み切れていません…(特典内容も正直微妙ですし…)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です