V・ファーレン 2016 J2第24節水戸ホーリーホック戦の採点

2016年7月20日(水曜日)に行われた、J2第24節水戸ホーリーホック対V・ファーレン長崎の試合の選手採点です。
試合は長崎が2-1で勝ち、これで3連勝。順位も10位としました。

試合結果

スコア
水戸VS長崎
02
0前半1
0後半1
スタッツ
チームシュートFKCKPK
水戸112050
長崎51500
試合環境
スタジアム入場者数天候気温湿度主審副審副審
ケーズデンキスタジアム水戸3,815人曇一時雨24.2度75%榎本 一慶佐藤 貴之藤沢 達也

第24節水戸ホーリーホック戦の選手採点

スタメン
PosNo.選手名備考採点
GK1大久保 択生6.0
DF3趙 民宇Yellow後半27分6.0
DF4髙杉 亮太6.0
DF27村上 佑介Yellow後半28分5.5
MF6前田 悠佑6.0
MF16田中 裕人6.0
MF13パク ヒョンジン5.5
MF15岸田 翔平Yellow前半44分
Goal後半30分
6.0
MF10養父 雄仁Out後半25分5.5
FW18佐藤 洸一Out後半36分6.0
FW9永井 龍Goal前半11分
Out後半44分
6.0
サブメンバー
PosNo.選手名備考採点
GK31三浦 雄也
MF7李 栄直In後半36分
MF8木村 裕In後半44分
MF20中村 慶太In後半25分6.0
MF22宮本 航汰
MF23梶川 諒太
MF25北川 滉平

試合をみての感想

録画したものを見ての採点だったので、見る前から勝敗の行方は知っていたのですが、長崎が勝ったゲームとは思えないくらい水戸ペースの試合でしたね。

長崎はシュート数5本でしたが、永井のワンチャンスを活かす決定力の高さ、カウンターからの岸田のゴールで、効率よく決めて勝利しました。
少ないシュート数でチャンスも多くはありませんでしたが、そのなかでも得点がとれたというのを考えると、やっぱり永井がいてくれることは大きいですね。

最近の長崎好調の理由を考えてみたのですが、そのひとつに田中 裕人の活躍にあると思います。
今年新加入し、序盤のころは昨年までいた黒木のようなプレーが求められていましたが、フォーメーションが変わり、求められる役割が変わったことで、彼の良さが活きるようになってきました。

アンカーのような位置で起用されるようになったことで、ある意味ボランチが3人いるような形になったことで、前からプレスにいけるようになりましたね。
この水戸戦でも彼の守備で、相手の攻撃の芽を摘んでいるシーンを多く見かけました。

長崎はこれで6試合負けなしで、4勝2分と好調で勝敗も五分に戻しました。
今の順位をキープするためには、連敗しないことが必要。
これからさらに上にあがり、プレーオフ争いに食いこむためには、さらに連勝が必要。
連敗をすると、順位は再び逆戻り。

この混戦のJ2では、連勝・連敗で順位が大きく入れ替わってしまいます。

次は2位の松本山雅FC戦ですが、まずは負けないことが大事となります。
しかし、この先J2で勝ち抜くためには、上位のチームを食うことが必要。
相手に負けないくらいのハードワークをみせれば、強敵相手にも十分勝つチャンスはあるはず!

https://youtu.be/3JFVlIfN4ks


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です