V・ファーレン長崎 2016年J2第40節モンテディオ山形戦の採点

2016年11月6日(日曜日)に行われた、V・ファーレン長崎2016年J2第40節モンテディオ山形戦の選手採点です。
この試合では、高木監督と山形の高木 利弥選手との親子対決が取り上げられて話題となっていました。

試合は終了間際に裏抜け一発ポンでやられて、0-1で敗戦。こんなパターンでやられること多くない!?と感じるのですが、印象が強すぎるのでしょうか…
これで今シーズンの負け越しが決まりましたね…(第40節終了時点で10勝13敗17分)

試合結果

山形vs長崎
10
0前半0
1後半0
スタッツ
チームシュートFKCKPK
山形91460
長崎81060
試合環境
スタジアム入場者数天候気温湿度主審副審副審
NDソフトスタジアム山形5,206人11.7度41%高山 啓義伊東 知哉福岡 靖人

第40節山形戦のメンバーと採点

スタメン
PosNo.選手名備考採点
GK1大久保 択生6.0
DF3趙 民宇6.0
DF27村上 佑介6.0
DF6前田 悠佑6.5
MF16田中 裕人6.0
MF13パク ヒョンジンOut後半33分6.5
MF15岸田 翔平5.5
MF22宮本 航汰6.0
MF33白 星東Out後半41分6.5
MF14田中 輝希Out後半23分6.0
FW9永井 龍6.0
サブメンバー
PosNo.選手名備考採点
GK31三浦 雄也
DF29上本 大海
MF7李 栄直
MF8木村 裕In後半41分
MF11神崎 大輔In後半33分6.0
MF23梶川 諒太In後半23分6.0
MF25北川 滉平

フォーメーション

  • 9
  • 14
  • 33
  • 13
  • 22
  • 16
  • 15
  • 6
  • 27
  • 3
  • 1

試合の感想

全体の展開としては長崎のほうが良いサッカーをしていただけに、終了間際の失点での負けは悔しいですね。
梶川が入ってから攻撃にも変化が出て、わくわくするような展開になったのですが、結局得点は奪えないまま…
ペナルティエリア内までどうボールを運んでいくか、シュートまで持っていける形をつくれるかが課題です。

久々に先発した田中輝希の下がってボールを受けにくる動きだったり、1トップ2シャドーにしたことで攻撃のリズムが生まれやすくなっている気がしたので、個人的には2トップのときよりも好きですね。
内容自体は悪くなかったので、次の試合に期待しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です