観戦してきました!2016 J2第5節V・ファーレン長崎vsロアッソ熊本

2016年3月26日(土曜)に行われた、V・ファーレン長崎対ロアッソ熊本の試合を観戦してきました。

今日は18時からのゲームということもあり、風も冷たくて非常に寒かったですね。
試合も、特に前半はお寒い内容だったため、途中で早く帰りたいという気持ちになりました…
早く帰りたいと思ったのは初めてかもしれません。

試合結果

スコア
長崎VS熊本
02
0前半2
0後半0
スタッツ
チームシュートFKCKPK
長崎151360
熊本101531
試合環境
スタジアム入場者数天候気温湿度主審副審副審
県総陸上競技場5,029人12.3度66%小屋 幸栄亀川 哲弘藤沢 達也

第5節ロアッソ熊本戦の選手採点

スタメン
PosNo.選手名備考採点
GK1大久保 択生5.5
DF4髙杉 亮太5.0
DF29上本 大海Out後半0分5.0
DF5田上 大地5.5
MF16田中 裕人5.0
MF24小野寺 達也Yellow前半40分
Out後半0分
5.5
MF13パク ヒョンジン5.5
MF15岸田 翔平Out後半19分5.5
MF23梶川 諒太6.0
MF18佐藤 洸一5.5
FW9永井 龍5.5
サブメンバー
PosNo.選手名備考採点
GK31三浦 雄也
DF27村上 佑介In後半0分5.5
MF6前田 悠佑
MF20中村 慶太In後半19分6.0
MF25北川 滉平
FW17ロドリゴIn後半0分6.0
FW30松本 大輝

感想

試合について

前半は本当にひどかったです。今季ワースト1の内容じゃないですか。

いきなり好調の清武にやられちゃいましたね。これで4試合連続ゴール。これは勢いにのってますねぇ。
何度もゴールを脅かすシーンを生み出し、ハットトリックしてもおかしくありませんでした。

ミスが多すぎますし、後ろからビルドアップができないのが痛いですね…
田中が下がって組み立てに参加はするのですが、繋ぐことができずにただ横にパスを回すか、裏抜けを狙ってロングボールを出すも、すぐに相手に取られて守備に回るという苦しい展開の繰り返しでした…

守備も、3バックの弱点であるサイドを何度も突かれていたのが気になります。

後半になって、梶川が一列下がったことでボールは回るようになりましたが、最後のフィニッシュの部分では相変わらずの停滞ぶり。
中村が入ってからは、4バックのような形になりましたが、最初から4バックにしたほうが良い形が作れるのではないでしょうか。

これならビルドアップに期待できない田中がわざわざ下がる必要もありませんし、WBの運動量の負担も減らすことができると思います。

メンバーについて

この試合で佐藤洸一、岸田が初スタメン。ここでこの二人を使った意図は何なのでしょうかね。
後半途中に入った中村は、スタートから使うべき選手ではないでしょうか。
この試合では、彼がボールを持つと何かやってくれそうな雰囲気を感じました。

ロドリゴも悪くなかったと思います。
選手交代の影響でFWの選手が多くいて、ごちゃごちゃしていたので役割が分かりづらかったですが、良いプレーはしていたので今後期待できそうではあります。

今後について

ホームで2連敗。得点0で失点5でこんな試合内容じゃ、V・ファーレンを応援している私でも見に行く気持ちが失せてしまいますね…
角煮まんのギネス挑戦も、参加人数が400人にも満たなくて挑戦失敗…
この人数を聞いたとき、あまりの少なさに思わず笑って吹いてしまいました。

こんなことを書いておきながら、私も参加していないんですけどね…
参加すると試合チケットがもらえるのですが、今年はシーズンパスを購入しているので、ありがたみがないんですよね…
こういうイベントに参加する人の多くはコアサポでしょうから、試合チケットのほかにも何かグッズのプレゼントを選べると良かったのではないでしょうか。

今年のメンバーも長崎の戦術を理解してやってはいますが、あくまで上辺だけであって長崎のサッカーをするうえで大事な、全員での運動量や一人ひとりの守備への意識の部分が欠けているのではないでしょうか。

このままだと今季は下位に沈んでしまいますよ…

https://youtu.be/rYBSjHleZuw


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です