V・ファーレン長崎 2017年J2第1節ザスパクサツ群馬戦の採点

2017年2月26日(日曜日)に行われた、J2リーグ第1節ザスパクサツ群馬戦の選手採点です。
試合は4-0とまさかの大勝。開幕からいきなりこんな展開になるとは、ファンの私でも想像つきませんでした。
長崎が強いのか、群馬が弱すぎるのか分かりませんが、間違いなく言えるのは去年よりも出来が良いということ!

メンバー

スタメン
PosNo.選手名備考採点
GK1増田 卓也6.5
DF5田上 大地6.0
DF2田代 真一7.0
DF13乾 大知Goal後半4分6.5
MF6前田 悠佑6.5
MF15島田 譲Goal前半29分
Yellow前半32分
6.5
MF3飯尾 竜太朗Out後半33分6.5
MF28翁長 聖Yellow前半39分6.0
MF18吉岡 雅和Out後半30分7.0
FW19澤田 崇Goal後半26分
Out後半46分
6.5
FW9ファンマGoal前半47分6.5
サブメンバー
PosNo.選手名備考採点
GK31三浦 雄也
DF27村上 佑介
DF29福田 健介
MF10養父 雄仁
MF17古部 健太In後半33分6.0
MF20中村 慶太In後半46分6.5
FW11畑 潤基In後半30分5.5

フォーメーション

  • 9
  • 19
  • 18
  • 28
  • 15
  • 6
  • 3
  • 5
  • 2
  • 13
  • 1

試合の感想

ニューイヤーカップを見た限りでは大丈夫かと心配でしたが、開幕戦を4-0と快勝し、その心配を結果で跳ね飛ばしてくれました。
まさか、あのV・ファーレンがいきなり4得点と大量点で、しかもシャットアウトで勝利するとは…

正直言うと、攻撃の組み立ての面をみるとそれほどでもないし、左サイドの守備の危うさ、裏を取られることへの不安などあるのですが、それでも昨シーズンより明らかによくなったのがハイプレス。
とにかくみんなよく走ってくれます。吉岡、澤田らのがんばりがすごい。
これなら梶川がいなくても大丈夫だと(この試合を見た限りでは)感じることができました。

何となくですが、吉岡はスタイル的にいうと奥埜っぽいですね。どこまでもボール保持者に対し追いかけていく姿には、ルーキーらしい清々しさも感じます。
点がとれそうな雰囲気はあまりなさそうですけど、これだけ走り回って体も張れるのなら、何故スタメンで出られたかというのも納得がいきます。

前線の3人がそれぞれ特徴が違っているのも面白くていいですね。高さのあるファンマ、ドリブルの澤田、テクニカルな吉岡と三者三様。
そこからどうコンビネーションが生まれていくか楽しみですね。

振り返って思うのは、結局長崎の武器はハイプレスと運動量ということですよねぇ。これだけ前からプレスを仕掛けてボールを奪うことができれば、わざわざ後ろから組み立てる必要ありませんし。そのハイプレスが対策されて外されるようになったときの対策は必要ですが…
今年の選手は前からガツガツいけることが強みですかねぇ。新選手ばかりでどうかとも思いましたが、やってやろうというギラギラ感が伝わってきていました。

田代の存在の大きさは絶大ですね。ニューイヤーカップからその片鱗を見せてはいましたが、後ろからのフィード、守備をまとめる統率力にさらに磨きがかかってました。フィードに自信があるのが見ていて感じますし、めっちゃ頼りになる。というか攻撃の起点は田代のフィード頼みになりそうな気がしないでもないですけど…

増田も安定感ばつぐん。ここの守備の補強は大きいですねぇ。安定感でいったらタクオ以上ですよね。キックも安心して任せられますし、ピンチもしっかりと防いでくれました。マスダコールにはまだ違和感みたいなのを感じて、慣れませんでしたが…

飯尾、翁長も走れますし、前ちゃんのボールを奪取するディフェンスもよかった。今年はセットプレーからも点がとれそうなことにも期待できます。去年はダメダメでしたからねぇ…

この戦いができていれば、去年よりは間違いなく上位にいけるでしょう。この試合で今年の期待度がぐーんと高まりましたわぁ。
あー、全試合観戦しに行きたくなってきた…