V・ファーレン 2017年ニューイヤーカップ アビスパ戦の感想

2017年2月4日(土)に行われた、JリーグDAZNニューイヤーカップのアビスパ福岡戦の簡単な感想です。

結果は0-4とボロ負け。メンバーが控え組主体ということもありましたが、チームの出来具合や状態に差があったので仕方ないかなぁという部分もあります。
まだ開幕3週間前なので、むしろこれくらい負けておいて課題を見出すのも良いのではないでしょうか、という開き直りの気持ちでいきましょう。

アビスパはこの時点ですでに仕上がってる感があり、選手の層も厚くなっているので、上位争いに絡んでくるであろうチームでしょうね。
このニューイヤーカップは、カップ戦という名目のトレーニングマッチみたいなものですから、わざわざチェックしてまで見る必要はないかもしれません。

試合結果

スコア
福岡vs長崎
40
3前半0
1後半0
スタメン
PosNo.選手名備考
GK22奥田 達朗
DF29福田 健介
DF6前田 悠佑
DF30江川 湧清
MF10養父 雄仁Out後半21分
MF26碓井 鉄平
MF20中村 慶太Out後半26分
MF28翁長 聖
MF7幸野 志有人
MF18吉岡 雅和Out後半0分
MF14田中 輝希
サブメンバー
PosNo.選手名備考
GK1増田 卓也
DF5田上 大地
DF13乾 大知In後半26分
MF8木村 裕
MF16宮本 航汰
MF24林田 隆介
MF25北川 滉平In後半21分
FW11畑 潤基In後半0分

フォーメーション

  • 14
  • 7
  • 18
  • 28
  • 26
  • 10
  • 20
  • 30
  • 6
  • 29
  • 22

ちょっとひとこと

この試合でよかったのは中村 慶太くらいですかね。翁長はドリブルでの突破力があり、左利きということで重宝しそうではあります。
左のセンターバックにはユースの選手が入っていましたね。高杉、村上が居らず、乾もサブからでしたから、この急造DFラインで評価するのも難しいところです。

幸野は2列目よりも、ボールに触れることが多くなるボランチのほうが良さげなのかもしれません。元々そんなに点を取れるタイプではないですしねぇ。